September 29, 2006

亀萬のおでん

大学医局時代にお世話になった先生が教授として母校に戻られることとなり、最後のセミナーを聞きに新潟に行ってきました。久しぶりです、歯学部の構内に入るのは何年ぶりか・・・。
新潟には12年程いましたが、やっぱり好きな街です。
着いて時間があったので、昔よくランチに行った喫茶店に入りました。洋服屋さんの奥さんがやっているのだけど、お店とぶち抜きになってハンドクラフトと美術のサロンのようになっていて、出てくるケーキも以前と同じようにセンスがよく、変わってなくて嬉しかった。新潟にいる頃室内オケの雑用(会計とライブラリー以外)のほとんどをやっていたのだけど(人に振り分ける余裕がなかったので)、そのお店にポスター貼ってもらってチケットを置いてもらっていた。きっと私のことは覚えていないだろうけど、なんだかやたら話しかけてくれてゴマのお菓子も御馳走になった。もう一軒チケットを置いてもらってた喫茶店があって、凝ったオーディオでクラシックのLPレコードが流れている雰囲気のよい素敵なお店で、先代から引き継いだというやはり素敵なお姉さんがやっていたのだけど、私の歯学部の同級生と結婚して他県に行ったらしい。
セミナーの後送別会まで時間があったので、昔行っていた居酒屋に出かけた。週に2回のオケの練習の後は必ずそこで飲んでいたので推定500回(?)はその店で飲んでいる勘定。おからとおでんと焼き鳥(といっても豚レバー)の昔と変わらない味を楽しみつつ、おじちゃんおばちゃんと話をした。最近は大学オケの学生が飲みに来なくなったとのこと、学校町に人があまり歩いてないのよ、と嘆いてました。
新潟は空気の感じとかもイイなあ、できればずっと住みたかった。今度行くときは金衛町で餃子を食べよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2006

スープカレー

今週は日本矯正歯科学会で札幌に行ってきました!!

私はこの数ヶ月カレー中毒で、ほぼ1日1食の勢いでカレーを食べていて、タイカレーから喫茶店系まで、最近気に入っているのはさらさら系インドカレーとレトルトのスープカレーなのだけど、マジックスパイスや木多郎といったレトルトは食べたことがあっても、お店のスープカレーを食べたことがない!!だから今回の札幌は、本場のスープカレーを楽しみにしていたのであります。2泊3日だから最大5回食べられるなと思ったけどそうはいかず。
0609151最初の晩は、たまたま前を通りかかったおしゃれなバーが牡蠣を出すお店(オイスターダイニングぎゃんと)で、牡蠣のメニューが20以上あって、その中からレモンかけただけ、ポン酢、辛味噌、焼き牡蠣、ワイン蒸し+ガーリックオイルと醤油、パン粉焼き・・・といただきました。自家製のベーコンとピクルスも抜群でした。牡蠣は厚岸のものだそうで、夏の牡蠣はクリーミーでとってもおいしかったです。2人でワイン2本空けて山ほど牡蠣を食べて1万円ちょっと。さすが札幌と思いました、また行きたい。



060915206091532日目は念願のスープカレー食べました。ガイドに載ってるスープカレー屋さんはどこもホテルから便が悪かったので、取りあえずホテルの隣の駅を降りて歩いてみたら途中にありました!サボイカレーの支店が。ビールとピクルスも頼んだのだけど、ここのピクルスも前日のと同じような感じで美味しかった!普通のピクルスは甘くてよく浸かってる感じなのだけど、札幌の(?)ピクルスは野菜がしゃきっとしてすっきりしてます。
さて肝心のカレーですが、辛さ5段階、ご飯の量3段階から選べるのですが、(うちのは辛いぞ!)的な注釈が付いていたので普通にし、辛いとなるととてもご飯が小(お茶碗1杯)では足りなかろうと中にしたところ、すごいご飯の量で、カレーは大して辛くなくてあっさり(まあスープですから)。最近近所の辛〜いインドカレーに慣されているからでしょう。美味しくいただき満足でした。

学会で聞いてきたこと、考えたことはいずれ記事に・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2006

BBQ研究会

急な話で新響の人と5/3にウチで宴会をすることになり、どうせだからバーベキューをすることにした。ベランダが少々広めなので、一度バーベキューをやってみたいと思っていたのである。
私はほとんど経験がないのであるが、とりあえずコンロその他を用意し、セッティングや火起こしなど、来てくれた人にお任せしつつも、試行錯誤でのバーベキューであった。
・コンロ:LOGOSのコンロを用意。ああいうのはホームセンターにあると思いハンズに行ったらコールマンの高そうな物しかなく、西友で見つけた。1種類しか置いてなかったが1970円也(鉄板と焼網付き)。2〜5人用とあったが、5人超でも十分である。今回は着火剤を用意したが最初しか役に立たなかった。今度はトーチ(診療でつかっているヤツ)を使ってみよう。
・炭:今回はバーベキュー用木炭3キロ297円を2箱用意。1箱では足りなかった。炭を底上げして置く仕切りを使うと火は近くて良く焼けるが、網の中央しか使えない。仕切りを外して炭を多めに入れると網全面が使え、炭の状態が良くなるまで時間はかかったが、遠火の強火で焼け具合もいいようである。随分臭いが付いたが炭が安物だったせいだろうか?
・肉:スーパーの焼き肉用のパックを買って来たが結構いける、味付いてるし。でも、厚めに切った牛肉がうまいな、やっぱり。生のウインナーを焼いたのもいける。
・野菜:新ジャガを直に焼いた物が抜群に美味しい。キノコはしめじより椎茸がうまい。キャベツはこげるのでアルミ箔に包むといい。アスパラはホイル焼きにしたが、きっと直火で焼くといいと思う。
・魚:なんてことないさんまでも炭で焼くととっても美味しい。いかもいける。タラのホイル焼きもよかった。
・炭水化物系:今回は白いおにぎりを用意。焼いて醤油塗るだけで十分うまい。
・炭がいい感じになるには時間がかかる。空気を送り込む小道具が必要。百均の小型扇風機がいいらしい。
・ということでスタートから食べ物にありつけるまでに時間がかかるため、すぐに食べられる物を多少は用意しておいた方がいい。今回は餃子の差し入れがあってよかった。
・ベランダに出るのに各自靴を履いてもらえばいいと思っていたが、皆靴下のままベランダに出るため部屋が汚れる。床は後で拭けば良いがカーペットが黒くなった。今度は百均でサンダルをたくさん買っておこう。
・ガラス類は割れるので安いコップや皿を使った方が身のためである。

バーベキューのいい所は、食べ物がちょっとずつ完成するので飲み過ぎ食べ過ぎにならずにすむことかもしれない。結構楽しいもんである。料理の準備がほとんどいらないし。何でも炭で焼くとおいしいし。コンロは最初ガスの物にしようかとも思ったが、炭でよかったんでしょう。
今回はとりあえず試しにやってみた感じだが、少々のコツもわかったし(私でなくて火の相手をしてくれた客が)、テーマを決めていろいろな楽しみ方がありそうである。
次回は梅雨になる前にやろうっと。いずれ備長炭のような白炭(普通の木炭よりも火おこしが難しいらしい)を扱えたらいいな、その方が部屋も臭くならないだろうし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

上海蟹

昨日は診療室のスタッフと忘年会。約1年前前後はスタッフ状況に恵まれずつらかったが、この春から来てもらっている皆には本当に感謝している。今年もやろうと思って実現出来なかったことが多々あり、反省。こういう仕事をしている以上、もう少しアグレッシブに過ごさないといけない。
隣の中華料理屋で、コースではなく好きな物をどんどん頼むことにした。以前にも紹介したのだが、昼は当たりハズレがあるけど夜は美味しい。上海蟹も食べて満足したところで最後の〆で頼んだチャーハンがハズレで他はよかったのに残念。店の名誉のために書いておくが、この前のチャーハンは絶品だったので、たまたまだろう。いずれにしても2時間食べっぱなしでこんな腹一杯な感じも久々だった。
上海蟹なんて長いこと生きてきてあまり食べる機会もなかったが、新響に中国人の団員がいて彼の主催で年に1回上海蟹を食べる会があり、それに何度か参加して食べたくらいである。今年もあったのだが、案内が来た日に隣で上海蟹を食べてしまったのでパスしてしまった。日本で食べるカニと違ってあまり食べる所がないような気がするが、ある意味数少ない季節を感じる食べ物かも・・・。隣の中華料理屋では中の卵をフカヒレスープに入れて出してくれる。面倒くさくなくていい。

で、今日は一日休みなので昨日の食べ過ぎた分を出すこともさることながら、毒出し生活を満喫した(?)。まずは遅めの朝食に、有名な断食方法であるニンジンジュースを試す。ニンジン2本とリンゴ1個をジューサーにかけるという物だが、ウチにはミキサーとブレンダーしかないのでそれで作ってみるとジュースというよりスムージーが出来上がる。ニンジンは1本に減らしたのもあるけど意外と美味しい。あ、でも私、これだけで1週間過ごすなんてとても出来ません。昼は具沢山のみそ汁。みそのような発酵食品をとることは腸内の環境を整えるのでいいのだそう。夜は玄米ご飯に胡麻と目玉焼き。それから朝昼晩と長風呂3回。汗で毒を出すだけでなく、体温を上げることが免疫力をよくするのだそうだ。ついでに薬も抜いてみようかと思ったが、夕方に薬が切れて咳が出始めあきらめる。地道に健康的な生活を身につけろってことかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 02, 2005

豆腐はよいのだ

051102日曜は歯科医師会の懇親会ということで、上野公園内の「韻松亭」(いんしょうてい)で昼間っから酒を飲む。豆料理がメインというお店ということで、湯葉や豆腐をアレンジした物が中心で、なかなか美味しく窓からの眺めも最高で、楽しく過ごしました。歯科医師会に入ってもう7年目なのにいまだ名前と顔が一致しない先生が多く(というか初めて見る顔も・・・)参加された先生は何とか大体わかるようにはなったけど、酒入ったから覚えているかどうか・・・。その後5時前でもやっているイタリアンのテラスでまたまたワインを飲む(ドンキホーテの8階)。残念ながら雨の予報だったのでビニールシートに被われていたが感じの良いお店。いいな、上野で昼間に酒を飲むところに困ったら利用しよう。
何が良かったかって、豆料理を食べた翌日のお通じというかお腹のすっきり加減が気持ち良く、豆は良い!!と思ったのでした。
せっかくすっきり出たというのに月曜はまたいつもの加賀屋でホッピーと煮込みと焼きトンを食らい、何を血迷ったのか帰りにラーメン屋に寄ってしまい1杯完食。またまたお腹は重たく(実際に体重も重たく)なってしまう。火曜はウチで結局は飲み、冷蔵庫にあったいつ買ったかわからない赤ワインがかなり美味しく、そのうち同じ物を買いに行くこととしよう。
で、さすがに現在反省中で、いつもならシュークリームやプリンを食べるところをこの豆腐デザートで(これなら114カロリー)すませました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 27, 2005

クリームチーズ

今日はチーズケーキを焼いた。冷蔵庫のクリームチーズが賞味期限を過ぎているのが気になっていて、かといって生で食べるのも怖いので、ベイクドチーズケーキにしたのだ。
小学生〜中学生の時、お菓子を作るのが趣味で結構作っていたのだが、スポンジケーキやシュークリームはレシピに忠実に作らないと膨らまなかったりするが、チーズケーキはどうやってもそれなりになるだろうということで、ものすごいテキトーに作る。万一クリームチーズが食用に適さないことを考慮し、そのために生クリームやサワークリームを購入することはせず、あり物のみで作製。普通クラッカーやビスケットを砕いて敷くレシピが多いがそんなこともせず、型にバターを塗るもしくは紙を敷くこともせず、思いっきり手抜きで作る。
・クリームチーズ200gを室温に戻して練る。
・そこに卵2個を直接割り入れて練る。
・砂糖を大さじ4杯くらい(ヨーグルトに付いていた砂糖も使用)を入れて練る。
・薄力粉大さじ3杯くらいをふるって入れ混ぜる。
・プレーンヨーグルト250gくらいをザルに入れて少々水気を抜いた物を入れて混ぜる。
・ケーキ型に流し180度のオーブンで40分。
めでたくそれなりに美味しく出来上がったのだが、型にこびりついてしまい美しくないのでとてもヒトに贈呈出来ない、というかその前に、賞味期限を半年も過ぎたクリームチーズを使用しているというだけでとてもヒトに食べさせられないが。
今は、物はそう簡単に腐らないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

フランジア

最近やっている某ビールメーカーの安そうな箱入りワインのCMで、なぜかホルンを持っている女性がワインを受け取っているのである。私は酒を飲むときは楽器はしまうが、大体にして酔っぱらいが楽器を持っていたら危険であろう。
そういえば、1ヶ月ほど前に新響のオーボエのトップとコンサートミストレスという大物カップルの結婚式があり、2次会で演奏付きパーティー(というか飲み食い付きコンサートだね)があった。何でだろうね、団内結婚だと必ずそういうのやるんだよねえ・・・というのは置いておいて。私の出番は終わりの方で曲はモーツァルトのセレナーデの12番だかの木管八重奏でとっても気楽だったので、かまわずがんがん飲んでいたわけだけど。後日、楽器を出してびっくり!ベルに覚えのない凹みがベコっとついてたんですぅ。深めのささったような凹みだったので綺麗に直してはもらったけどラッカーに傷は残りました(涙)。いやあ、飲んでいるときは楽器は持つべきでないとつくづく思ったばっかりなのでした。
いいのかなあ、あんなCM流して。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

とても辛いですがいいですか?

10月12〜14日の三日間、横浜で学会があった。日本矯正歯科学会というものだけど、矯正歯科医としては(認定医のポイントも稼がないといけないし)必ず出席するようにしている。地方であるときは一人で行くことが多いが、今回は首都圏なので友人も一緒で、自分のペースで回れず聞きたかった講演を聞き逃したりもしたけど、まあ楽しく過ごせたかなあ。1日目は学会場隣のホテルに一休.comでお安く泊まり、翌朝はルームサービスで優雅に朝食を食べそれでも楽勝で9時の講演に間に合う。2日目はホルンの練習をしたかったのと友人がウチに泊まりたいと言うのでホテルは取らなかったが(といってもウチから1時間で行けるのだが)。
友人と一緒に食事を供にしてどうも穏やかな食生活を送ってしまったのだけど、最終日友人が疲れたと先に帰ってしまったので、その反動か「陳麻婆豆腐」を食べてしまった。私は辛いものは得意ではないが胡椒や山椒系の香辛料が好きで、麻婆豆腐が特別好きというわけではないが、以前あったセブンイレブンの花山椒の小袋のついた麻婆豆腐がお気に入りで、本格的な花山椒の効いた麻婆豆腐が食べてみたいと常々思っていたのであった。
学会初日から目をつけていたクィーンズスクエア内の「陳麻婆豆腐」は、私はてっきり陳建一の店かと思っていたが、中国四川の成都市に本店のある麻婆豆腐の店の支店で、中国と同じ物を提供しているようであった。まだランチの時間帯なので、麻婆豆腐のセットを注文したところ「とても辛いですがいいですか?」と聞かれ「はい、いいです」と答えた。
東池袋にある南インド料理屋のカレーをたまに食べに行くのだが、ここでも必ず「とても辛いですがいいですか?」と聞かれる。私はサラサラ系スパイシーなカレーが好物でいつもチキンカレーを頼むのであるが、確かに食後大変なことになる(汚い話で恐縮だが痰が止まらなくなる、耳が痛くなる等)が美味しくいただけるので、そんなことを言われてもへこたれないのである。
さて、やって来た麻婆豆腐は濃ーい色をして真っ赤な油が浮き量もたっぷり。お変わり自由ですとご飯はおひつで置かれた。辛かったよ〜、というか味が濃い感じ。1週間くらいご飯粒止めてたのであるが(もちろんダイエットで)たっぷりの白米とお水とともに完食しました。食べていた時は、頭皮から汗吹き出るし痰は出るし演奏会直前だというのに口は腫れるし、もう二度と食べるまいと思っていたが、今は・・・また機会があったら食べよっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2005

焼きとんは火力

050828前日は先週に引き続き千駄木のソロリティ鷹羽での練習(金管分奏)であった。管楽器が練習するには響きすぎて、先週のように調子の悪いときはむしろいいのだが、いつもあそこで吹いていたらきっとわけわからなくなるヨ。千駄木は音羽からバス1本20分で行けるので便利であるが、帰りは飲んでいるとバスが無くなる。
練習後の飲み会は先週に引き続き、西日暮里の喜多八という焼きとん屋である。先週は狭い個室に押し込められ(写真は先週のもの)エアコンは効かないはトイレの近くで芳香剤臭いはで、こりゃどうなるのか!と初め思ったのだが、出てきた焼きトンはすばらしく美味しく、鼻は慣れるものらしく臭いのも気にならなくなり、酔っぱらえば多少暑くても平気になるもののようだ。皆で気に入り今週もここで飲むことになったわけである。最後にオジサンが焼酎ボトル(ホッピーの中用)をサービスしてくれて無理矢理飲んだので、また少々飲み過ぎるはめになったが。やはり焼きトンは火力が重要なのであろう、ここの焼き物は焼きとん以外もグッド。先週ホルンの皆さんをお連れした私の行きつけの焼きとん屋はいい店なのであるが、炭の火力が弱いので焼き物が今一なのが難点である。

で、問題は翌朝であった。いつもの飲過ぎた日のように4時半に目が覚め腹痛で鎮痛剤を飲んだら、次に目覚めたのが10時すぎ!!大急ぎで診療室に向かう。これ以上書くと差障りがあるのでやめるがこんな寝坊は開業以来初めてである、大ショック。鎮痛剤は眠り薬であることを再認識、実は大昔同じように寝る前に鎮痛剤飲んで寝坊して飛行機乗れなかったことがあるのだ。
午後は新響の室内楽で、ホルンアンサンブルの練習。4人で4重奏の方は何とかなるが、全員でやる方は大丈夫かいな?って感じで結構すごい出来だったが、夜の本番は意外と好評でやはり教会でいいように響くのと音量でごまかせたためであろうか。新響の室内楽は年に2回やっていて最近は割とレベルも高くコンサートとしても良い出来のことが多いが、今回はダフクロ疲れかエントリー団体も少なくどうなるかと思ったが、なかなか楽しめた。
で、打上げはウチの診療室の隣の中華料理屋で行った。ここのランチをたまに食べに行くと以前は当たり外れが大きくてちょっと心配していたのだが、この日の料理はなかなかおいしく結構いいみたい。お酒は何と580円で飲み放題(紹興酒もあり)で安く上がり、皆さんに喜んでいただけました。フウ。

後日追加)で、9/10の練習も同じ場所だったので、また喜多八で飲んだのであるが、コンロが炭でなく、おそらく電気であった。電熱線の太いのがくねくねしているタイプであった。電気でもしっかりしたコンロだと美味しく焼けるんだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

花の金曜日なのだ

050821新響の人とは委員会を除いては平日に集まるなんてことは滅多にないのだが、今日はドイツで仕事をしている元団員のH君を囲んで飲み会ということで金曜日だというのに飲み会を決行。なんとホルンメンバー全員集合、ゲストのH君が翌日から◯響のビータに同行するそうで◯響のホルンの方もいっしょ。さすが花の金曜日である、明日仕事がないとなると皆よく飲む(あっても飲む)。この店私が普段週に1〜2回飲みに行くところで料理が200〜300円台ばかりというとっても安い店なのに、一人当たり4千円以上かかった、飲み過ぎだって。
で、朝、私は4時半に目が覚め、飲み過ぎを痛感する。何とか9時には酒も抜け(焼酎しか飲まなかったのがよかった)仕事はちゃんとやったけど、いやあ新響の人はよく飲むよなあ〜〜もう同じペースで飲むのはやめようと思った。でも今日練習行ったら、皆飲み過ぎを反省しているようで・・・。

H君といっしょに、新響の室内楽演奏会でホルンアンサンブルやります。
8月28日(日)午後6時から目白台(最寄り駅は護国寺)の同仁キリスト教会にて。詳細は新響HP見てください。終わったら宴会もあるので暇な人は遊びに来てください。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧