June 11, 2014

決意?!

何歳かは書かないですが、誕生日が来まして
1)無駄な時間をすごさない
2)仕事がんばる
3)新響もがんばる
4)ホルンが上手になる
5)ブログもちゃんとやる
6)運動する
7)笑顔を絶やさない
8)体によさそうな食生活を送る
などと、何とかに書いた餅のような決意をしたところであります。

ブログとか各種SNSとかほぼ放置状態であります。仕事(集患といってしまうとえげつないですが)にとってもブログは重要ですし、この歳になりますとお友達も大事にしていきたいし、毎日過ごしてきた日常を記録に残したいし・・・と思います。
このブログは当初、何食べたとかホルンの調子が悪いとかといったどうでもいい話を中心にしたブログでしたが、「管楽器奏者の歯のためのページ」のコンテンツに限定してからは記事が少なくなってしまい、どうでもいい話とか愚痴用、ダイエット用などに複数のブログを立ち上げてしまい、結果どれも中途半端になり情熱もなくなり、すべて放置状態に至ってしまいました。
そこで考えました。ブログを整理しよう!そして愛情込めて育てていこう!
ということで、他のブログに散乱しているどうでもいい話をこのブログに引っ越しして、あとは閉鎖。さすがに診療室用のいわゆる「院長ブログ」は別にする。Facebookはブログと連動し、あとは写真を載せるのに使う。mixiはとりあえず残してたまの愚痴日記にする。ツイッターは性格的に私には向きません。そんな感じでいってみます。
1年ぶりにこのブログ見てみたら、コメントがスパムだらけで、とりあえず消してみました。まちがってスパムでない物まで消していしまいました、ごめんなさい。あとはカテゴリーを見直してタグ付してみます。

ということで、「今日のたわごと」を今後ともよろしくお願いします。

追加)昔のブログを読んでみたら、まったく読み手のことを考えていない文章で恥ずかしいです。でも、一応そのまま残すことにします。散らばっているブログから取り込もうかとも思いましたが、とてもお見せするようなものではないので、そのままにします・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2007

近況報告

うわ、2ヶ月更新してませんでしたね。とりあえず近況報告をして、あとはボチボチ記事をまとめていこうと思います。
8月下旬にアレッシオ・アレグリーニのマスタークラスに志賀高原に行ってきました。午前中は皆で基礎練習をして、あとは個人レッスンを2回受けました。下山時には別人のようなホルンの音がしたのですが、その後十分な練習を続けているわけでないので、現在はそれなりになりました。それよりも当たり前のようで忘れていること:一番大切なのは楽器に真っ直ぐ息を入れること。ベルから出る音だけでなく楽器本体を振動させる(個人によって割合は違うけど僕は楽器の振動の割合が多い方が好きとのこと)。基礎練習であっても音楽的に、歌のない音楽はないということ。空間を鳴らすこと。etc...目から鱗の1週間でした。演奏上困っていたこともいろいろ解決しました。
1年前から新響の運営委員長をしています。もちろん多くの運営業務は多くの団員で分担してやっていますが、それでも委員長のやるべき事の他にこまごまとした雑用も抱え、ブログとかホームページどころではないのであります(ということでご勘弁を)。その新響ですが、このところ難曲大曲続きでして、こっちの方も頑張って吹いております。10/8にはマーラー9番ですので、興味のある方は聞きにきてくださるとうれしいです(左サイドに新響のサイトをリンクしてます)。
今いくつかネタのアイディアがあるので、書き始めればすぐ出来ると思うのですが、本番終ってからということでお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

March 02, 2007

マウスピースケース作ってみました

Pa0_0000マウスピース探し&いじりをするとドツボにはまるので、極力気にしない&変えないことにしているのだが、今いろいろ探していて(事情は長くなるので割愛)、昔買ったMPを出してみるが、私はMPをちゃんと整理して保存している訳でなく、自分で削ってしまった物はどうでもいいとしても、黒く変色したり先っちょが変形したり、中にはあったはずなのにどこに行ったかわからない物もあって、反省してる。
一方、普段使っているマウスピースは、皆さんどうしてます?ホルンの亀ケースはマウスピースをさす穴がないので、私は小物入れ部分にクロスをしいてそのまま突っ込んだり、オイル入れにそのまま入れたりしてるんですが。
マウスピースケースが市販されているけど、あれってマジックテープでビリッという音がするのがいやで、何かマウスピースに合う小物入れがないかと100均に行ってみたけど意外とないので、毛糸を買って来て作ってみました。いろいろ試作して2パターンに落着きました。105円の毛糸1玉で5つできたので、1つ21円也です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 11, 2006

住民税

ちょっと遅くなったけど8月末の住民税と消費税を納税した。既に事業税は自動引き落とし済み。残高が減るとヘコムな〜。
しかし税金払って思うのだが、文京区の無駄遣い加減は何とかして欲しい。文京区の職員はお金を使う事が仕事だと思っているのだろうか。それは何かというとコレ。この前、噂の東京マガジンの放送(TBSの番組)を見て呆れてしまった!!。簡単に説明すると、私の診療室の近くに2つの区立中学があるのだが、統合して新しい校舎を「新大塚公園」と「教育センター」をわざわざ取り壊して作ろうとしているという話。2つとも十分に使用に耐えられる施設で活用されているものである。教育センターはオケや吹奏楽で使用している団体も多いからご存知の方もいると思う。
そもそもこの辺は私立か国立の中学生が多い。逆に言えば私立や国立の中学に子供を行かせるために文京区に住んでいる家庭も多いはず。それを区立中学を立派にして生徒が増えるとも思えないし、歩いて何分もかからないような近くの中学を合併するのはいいとしても、既存の建物を活用するという発想はないのだろうか。
やはり住民税を自動引き落としにするのはやめておこう。こうして現金で払いに行く事で意識出来る事もある。

新大塚公園を守る会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2006

タイトル変更

本名しかもフルネームを出してブログなぞやっていることへの限界を感じ、気配を消してみました。知っている人は知っていればいいし、知らない人にわざわざお知らせすることもないということです。少々過去のコメント中に名字が残っていたりしますが、話の流れ上そのままにします。いいハンドルネームが思いつかなかったのですが、とりあえずkyu-koにしてみました。今後はネット上のkyu-koさんとしてよろしくお願いします。本体「管楽器奏者の歯のためのページ」も、実名を名乗って堂々とやる!という方針で10年近くやってましたが、こっちの方もどうにかしようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

芥川作曲賞

日曜日にサントリーホールの「芥川作曲賞選考演奏会」に行ってきました。面白かったです。

最初に2年前の受賞者の委嘱作品が演奏され、その後候補曲が3曲演奏されました。普通作曲コンクールだと新曲のスコアが審査されるのだと思うのですが、ノミネートは1年間で実際に初演された作品、つまり音源の有る物でそれなりの実績がある作曲家の作品の中から選ばれ再演されます。演奏後、審査員がステージ上で討論をして選考されるのですが、その話が結構面白く観客の多くは審査も聞いていくようです。
作曲についてド素人の私が演奏を聴いてなんとなく感じたことが、その審査員の話でなるほどそれでそう感じたのかなど納得したりして、あながち私の感覚もおかしくはないなと思ったり。予想は当たりました。
この内容で2千円は安すぎなのに、残念なことにお客が少ない。昔聴きに行ったことはあったのですが、新響の室内楽演奏会とぶつかって長いこと行けなかったのですが、今年は出演の予定がなかったので。新響も邦人作品にこだわって活動を続けて行くならそんなぶつけることなどせず、特にこの何年かは小松先生と演奏会をやっているのだから皆で聞きに行くべきです。それから、新日フィルの演奏は素晴らしかった。こういった現代曲にありがちなお仕事的な演奏でなく気持ちの入ったイイ演奏でした。いや新響はプロより時間をかけて愛情を持って演奏するからよいのだなどと言ってはいられないと思う。

この演奏会は「サントリー音楽財団サマーフェスティバル」の一つでしたが、フェスティバルは明日まで続きます。今日と明日の演奏会では、飲み仲間のオーボエの柴山先生がソロで出演されます。何でもむちゃくちゃ難しいそうで今までで一番さらっている曲だとのこと(これは明日の曲みたい)、聴きに行く予定であります。招待券用意すると言われたのですが、やはりこういうのは自分でお金を払って行かないと日本の文化は育ちません(大げさ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

夏休みモード終了

この1ヶ月は気分は夏休みモードであった、診療室の休診は1週間だけど。
新響のサントリーでの定期が終わって翌週は練習休みなので、つい2週間は自主的オフシーズンでホルンの練習もせず、ホームページ作りにハマり、長岡に帰って船で花火を見たり、大学オケのホルン合宿(OB&現役)に行き若い人といっしょに吹いて日頃の練習不足を解消し、実家に帰って墓参りして親戚集まっての宴会ではいとこの旦那の外人の格闘家に会い、ゴルフして馬刺を食べに行って、この日曜には国立成育医療センターでの病院コンサートに参加して夏休みモード完全終了となりました。今週からは真面目に働きダイエット(!)もせねばと思っております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2006

声明

今日は護国寺へ声明(しょうみょう)を聞きに行ってきた。護国寺は診療室から徒歩1分程なのだけど、境内に入ったのも数回だし、本堂の中に入るのは初めてだった。
先シーズンは「涅槃」だったので、声明のCDを聞いた。「涅槃」は仏教の理念を音楽として表現したのではなく、梵鐘や声明の音自体をテーマとしているようである。宗派によって全然違うのはもちろん、同じ宗派でも寺によってもまた違う。私は仏教に詳しくないので語れないが(あまりの知らなさ加減に仏教の基礎知識本を買ってきて読んでしまった)、法相宗のような日本に仏教が入ってきた頃の宗派は、声の出し方とかハモらせ方、ポルタメントがインドの山奥っぽい感じだが、禅宗の声明は、集約されたわびさびっぽい雰囲気がある(と私が感じただけです・・・)。

今回は「チベット仏教」の声明で、これまたよくわからないまま聞きに行った。
http://www.tibethouse.jp/event/2006/sandmandala/
チベット(今回は北インドの寺院)の声明に先立ち、護国寺の僧侶による声明が披露された。護国寺は真言宗だから後者ですね。チベット仏教は前者の感じなのかと想像していたが、それ以前に「ホーミー」(喉歌)だったのであります。チベット声明のホーミーの低音は響き、慈悲深いものでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2006

ヨーロッパ矯正歯科学会に行ってきました

以前神楽坂に住んでいた酒飲み友達のM先生に誘われホイホイ行ってきました、先週ウィーンへ1週間。学会場はホーフブルグ(王宮)内のコングレスセンターであります。

この期間中は残念ながらオペラもオペレッタもオフシーズンに入ったばかりで何もやってなく、唯一ウィーンシンフォニカのコンサートが一つあるだけ。ホテルに着いたらぴあみたいな雑誌があったので見て音楽三昧計画を立てました。
1日目)クアサロンでモーツアルト・シュトラウス・オーケストラ
2日目)シェーンブルク宮殿でマリオネット劇場(魔笛)
3日目)ホイリゲでシュランメル音楽を聞く
4日目)ムジークフェラインでモーツアルト・オーケストラ(コスチュームもの)
5日目)アンデアウィーン劇場でウィーンシンフォニカのコンサート
クアサロンのコンサートは、旅行案内本に「シュトラウス〜」と載っている物で、今年はモーツアルトイヤーということで演目の半分モーツアルト。ヴァイオリン4、ヴィオラ・チェロ・コントラバス各1、フルート、クラリネット、ホルン、トランペット各1、打楽器1、ピアノ1に男女の歌手と男女のダンサー各1という編成。観光客相手のコンサートで演奏中にパシャパシャ写真撮ってるし、モーツアルトはどうしても音が貧相で半分寝てしまったのだけど、最後の青きドナウとラデツキーは妙に感動してしまい、CDを買って帰る。
マリオネットは文楽みたいなものかと思ったけど音は録音で(当然ですね)でも結構面白かったです。
ホイリゲというのはワイン農家が新酒を出す居酒屋のことで郊外に出かけたのだけど、思いのほか料理がおいしくワインをかぱかぱ飲み、音楽はアコーディオンとヴァイオリンなんだけど、ほとんど歌声喫茶状態でした。
4日目は学会のレセプションがあって、これは出た方がいいというので最初だけと足を運んだら結局長居をしてコンサートには行かなかった、ちょっと後悔。レセプションは立派なホールで金管トリオの演奏付き。広場ではフイルムコンサートをやっていて屋台がでてにぎわってました。スクリーンを見るとたぶんラトル&ベルリンフィルのピクニックコンサートの模様(なぜ?)。
最後の晩はアンデアウィーン劇場へ。オールモーツアルトプログラム。古く雰囲気のある劇場で、音響板もなく音が上に抜けちゃうんだろうけどなかなかイイ感じの響きで、オケも若くて上手く、満足でした。

昼間はちゃんと学会場にいましたから、私。誤解のないように。
来年はベルリンのフィルハーモニーホールで学会があるんだそうで、今から楽しみであります(ホントに行くの?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2006

嫌煙家

先週のある日、私の好きなフレッシュネスバーガーで食事をしていたとき、隣のテーブルのお客さんが灰皿を準備したので、これはもろに煙草の煙が私の所に来るなと思い、さっと荷物をまとめて座席を移動した。そうしたら、そのオジサンコーヒーを残したままいなくなってしまった。私の行動が気にくわなくて出て行ったかどうかの真偽はわからないが、私はしばらく気になってしまい、あまり煙草を嫌がる行動にでるのもよくないものかなあと反省をした。

しかし、とうとう持病の咳喘息の症状が出てしまった。いろいろな要因がある(寝不足だったり忙しかったり酒飲み過ぎだったり)が、私もここ数ヶ月体調も良かったので油断していたのであった。もっと自分を守れば良かった。
はっきりこれがアレルゲンというのがわからないのだけど、私の場合経験上、煙草、防虫剤、化粧品等の香料で症状がでる。よくバケツがいっぱいになると・・・という言い方をするが、いい時は多少のことでも症状が出ないのだけど、今いっぱいになったところなんだろうなあ。症状が一度出てしまうと、わずかな煙にも反応する。咳が出ると思って横を見ると歩き煙草の人がいたりとか。
今薬で多少は押さまっているが、しばらくはまともに息を吸えないつらい日々となりそうである。

煙草を避けるのは単なる煙草が嫌いなのではないのであって、好きで吸っている人は構わないけど、周りは何らかの影響を受けているはずである。早く煙草のない社会が実現してほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧