April 12, 2017

管楽器奏者とマウスピース矯正(2)

マウスピース矯正にはいろいろな物があるが、ここでは「アソアライナー」と「インビザライン」について書いていきたい。オリジナリティ、現在の普及状態から、この2つの代表格と言ってよいかと思う。
一般的に、部分矯正をアソアライナー、全体的な矯正をインビザラインで治療することが多いのではないかと思うが、複雑な治療もアソアライナーでやろうと思えばできるし、インビザラインでも簡単な治療向けの製品も用意されている。

装置の大きさ:
アソアライナーは歯肉部分も被っている(通常歯頸部から2~5mm、上顎口蓋側は10~20mm程度か)が、インビザラインは歯のみを被う。なので、インビザラインの方が違和感は小さい。演奏している時に外す分には関係ないが、演奏中も装着するならインビザラインの方がよいだろう。最初からピッタリだし。
アソアライナーは最初は浮いた状態で使用するので、装置が長い分、唇・頬や舌に傷が付きやすいかもしれない。また、ステップにより厚さや浮き加減が変わるので、付けたままの演奏は適応しにくいのではないかと思う。

装置の使用時間:
アソアライナーは1日17時間以上、インビザラインは1日20時間以上の使用が義務付けられている。(ごめんなさい、当院ではアソアライナーは15時間以上と説明しています。特に支障はないです。)
問題は、通常は演奏時に装置を外すので、練習時間が稼げるかどうかである。専門学生は1日3時間は練習するとして、インビザライン20時間の装置使用のためには合計1時間で食事と歯磨きをすませる必要があり、ちょっと難しいかもしれない。実際、当院の患者さんの例だと、プロオケ団員で1日15時間前後、フリーランス奏者で1日18時間前後といったところ。その場合当院では1ステップの使用期間(通常2週間)を長くすることで対応しているが、それでも治療が進むと合わないところが出てきて、印象取って軌道修正(追加アライナー・リファイメント)が必要になりやすいように思う。
その点アソアライナーは、1日15時間だとハードルが低く達成しやすい。

アタッチメント:
インビザラインではアタッチメントといって歯面にレジンの突起を接着する。歯を捻転させたり圧下・提出させたり歯体移動(傾斜を抑えた移動)するためには必要となるが、歯しか被っていない装置の保持のためにも必要なので、アタッチメントなしというわけにはいかない。私は管楽器奏者にはなるべく前歯部のアタッチメントは付けない治療計画にしているが、歯の移動方向によってはどうしても必要となり、演奏時に痛みや傷の原因となることがある。その場合は角を丸めて対応している。アタッチメントは残念ながら歯の裏側にはオーダーできない。
アソアライナーは基本アタッチメントは付けない。挺出などの時はアタッチメントが推奨されていたが、アタッチメントの必要な治療はトレーもデザインも用意されているインビザラインの方が楽である。最近は捻転などアソアライナーだけでは治りにくいケースでは2Dリンガルブラケットの併用が推奨されている。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2017

管楽器奏者とマウスピース矯正(1)

マウスピース矯正とは、薄く透明なマウスピースで歯を動かし、マウスピースを交換して少しずつ動かしていく矯正治療の方法である。アライナー矯正ともいう。15年前くらいから普及し始め、現在は一般的な治療法になりつつある。
取外しできるという点で、管楽器奏者にとっては福音的な治療法であるといえる。
しかしながら、すべての歯並びにマウスピース矯正が望ましいわけではない。ちょっとした叢生の改善やスペースの閉鎖などにはとてもよいと思うが、複雑な治療が必要な場合、治療期間がとても長くなったり、本当に直したいところが終盤にならないと直らないなど、あまり向かないケースもあると思う。もちろん固定式のワイヤーじゃないとちょっと直せないという歯並びもある。なるべく早く直したいという人には、固定式装置とマウスピース矯正を併用して治療期間を短くする工夫を私はしている。

マウスピース矯正には多くの会社が参入し、いろいろな製品が存在する。大きく分けて「アソアライナー」タイプと「インビザライン」タイプの2つがあると言ってよいかと思う。
アソアライナーは、模型上で直接歯を動かしたセットアップを作製し、それにシートを圧接する。1つのセットアップで強さ(厚さ)の違う2~3つの装置を用意して弱い方から使用する。最後の装置になったら再度印象を取り新たにセットアップして次の装置を作る。1回ごとの装置代は比較的安価であるので、歯の移動が少ないケースに向いている。一般的に前歯の部分矯正が主な対象となる。
インビザラインは、精密な印象を取り、それをコンピューターに取り込んで最終の歯並びまで計画し、最初から最後までの装置をコンピューター上で設計して作製する。様々な工夫で歯の3次元的な移動が可能となっているが、印象採得にコストがかかり装置作製費も高額なため、全体的に動かしたいケースに向いている。
どちらも1つの装置を10日~2週間使用して、次の装置に取換えてちょっとずつ歯を動かしていく。

アソアライナー
http://www.aso-inter.co.jp/aligner.html

インビザライン
http://www.hanarabi-smile.jp/mouthpiece/

次回はアソアライナーとインビザラインの違いについて、管楽器奏者目線でまとめてみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2017

エナメル質形成不全

エナメル質形成不全というのは、歯が萌える前から歯の表面のエナメル質が一部なかったり薄かったりすることである。一部が凹んでいたり茶色かったりする。臼歯に多いような気がするが、前歯でも起こる。
管楽器演奏にどう影響があるかであるが、管楽器を始めた時からその形をしていて奏法が確立するのだから、まあ困ることはないと思う。しかしながら、見た目が悪いので治療して歯の形が変わったり、エナメル質が薄いので経年的に歯が欠けたりすることで影響が出ることはあるだろう。

この方はホルンを吹いているのだが、上の前歯2本がエナメル質形成不全で、唇側面に凹凸があり(ご本人によれば洗濯板の様であった)切端部も欠けている状態である。6年くらい前から見た目が気になり、他の歯科医院にてレジンによる治療を受けているが、半年に1度くらい外れて、その度にやり直してもらっているのだそう。
そのレジンが上唇にひっかかってスラーがうまくできない、高音域で上唇が痛いといった不具合があるということであった。
最初の日は時間がなかったので、とりあえず充填されている盛り上がったレジンを平らに整えたのだけど、それだけでもすごく吹きやすくなったとのこと。切端が短くガタガタになっているので、調整するともっと吹きやすくなりますよと提案し、後日形態の調整を行った。
歯の長さについては、切端位(下顎を少し前に出した位置)をとると犬歯が当たって中切歯は隙間がある状態だったので、少し長くしアンテリアガイダンスがバランスよくできるくらいに整えた。
それで随分良くなって吹きやすくなった様子。最初の印象では低音域が得意で高音域は苦手かと思ったら、元々上吹きということで、歯の長さが戻って息が絞れるようになり高音域が吹きやすくなったのだろう。
でももっとよくなると思い、厚さを調整した。中切歯2本の唇側エナメル質が薄いために、切端位で少々下の前歯が前に出るので、特に中切歯の近心部分を厚くして、切端位で上下のバランスが良くなるようにした。
そうしたら、予想通りではあるのだけど、予想以上に音色が良くなり(こう言っては何だが最初は間の抜けた音色だった)、何というか艶が出て、元々ポテンシャルのある人だったのだなと感心した。ご本人も一吹きしただけで吹きやすさを実感したようでした。

1703031  1703032
初診時    →    歯の形態調整後(ともに咬合位)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2017

管楽器奏者のジストニア(4)

管楽器奏者のジストニアとして一般的なのは、木管楽器のフィンガリングに関わるものと、金管楽器の口唇に関わるものではないかと思う。

少し前になるが、プロのクラリネット奏者が来院された。右手の薬指・小指の動きが悪くジストニアと診断されたが、ジストニアになったのは他の歯科医院で作製したアダプターが原因と考えているので、当院にてアダプターを新調したいということであった。
だったらアダプターの使用を中止すればよいのにと思ったが、それでは口唇が痛くて吹けないらしい。アダプターによって楽器の向きがずれてしまったために、姿勢や指に負担がかかったのが原因と思っているとのこと。私はどっちかというと、楽器の向きを直すためにアダプターを作ったりするから、そういうのは得意である。
木管楽器の人にとって指が思うように動かないというのは深刻なのだと思う。私などは小指を動かそうとすれば薬指が勝手に一緒に動いてしまうが、特に日常生活にもホルンの演奏にも支障がない。腱が元々癒着しているためと思う。私の友人でもフルートを吹くのに指が思うように動かなくなり、何軒もの整形外科を巡ってようやく腱の問題を指摘され手術をして改善した。たぶん、その辺の鑑別診断はきちんとすべきことなのだと思うが、現実として原因が不明なものがジストニアということなのだろう。


金管楽器について、楽器を吹いているときに口唇がブルブルしたり意思に反して余計な動きをすることは、よくあることで、これを「スランプ」と認識している人は多いのではないだろうか。もしかしたら、この中にもジストニアがあるのかもしれない。口唇を引く筋肉とすぼめる筋肉が同時に収縮するということか。そういう私も過去に大スランプになった。本当にブルブルした、吹けなくなった。
当院に来るスランプな人には特徴があるように思う。大体年齢は40歳前後。中音域が鳴らないが、本人は高音域が出ない方が気になる。多くは横に引きすぎや顎を出し過ぎなどアンブシュアが良くない。
私のスランプも同様で、最初はちょっと調子悪いくらいで自覚がなかった。無理をして吹いてアンブシュアを壊したのだと思った。常に頬が痛かった。おそらく無理のかかる吹き方から身を守るためにブルブルしたのだろう。ジストニアというのは、結局身を守るための防御反応なのだと思う。
私はアンブシュアを一から作り直した。それなりに苦労をし時間もかかったが、良かったと思う。その時ご指導いただいた先生の所には、吹けなくなってしまったプロ奏者が多く駆け込んでいるということだった。結局は奏法を見直すことが根本的な解決法なのだと思う。

つづく・・・かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

管楽器奏者のジストニア(3)

では、ジストニアとはどのようにして起きるかである。人間の動作は筋肉の収縮によってされるが、例えばある指を動かすとして、その指を曲げる筋肉と伸ばす筋肉があるように、動作には相反する動作があって、それぞれに働く筋肉が違う。その相反する筋肉が意思に反して同時に収縮してしまうと、硬直して動かなくなるか、痙攣をおこすというわけである。

前回の記事で紹介したクラリネットの人の場合、数年前の吹けない様子を見せてもらった記憶から想像すると、おそらく顎を閉じる筋肉と開ける筋肉が同時に収縮している状態だったのではないかと思う。
下顎の動きを行う筋肉は咀嚼筋と呼ばれ、開口筋と閉口筋からなる。それらのコンビネーションにより下顎は複雑な動きをするわけである。下顎運動は自分の意思で行う随意運動であるが、物を食べる際に口に食べ物が入ってから嚥下までの動作は意識せずに行われる不随意運動(反射)である。主な反射としては、下顎張反射(閉口反射)と開口反射がある。閉口反射は、閉口筋の急激かつ一過性の伸展により生じる閉口の反射。開口反射は、口腔粘膜や口腔周辺の皮膚、歯根膜に刺激が加わることで生じる開口の反射。
私の想像では、クラリネットをくわえる力が侵襲刺激と認識されて開口反射が起き、でもクラリネットを吹こうとする意志はあるので閉口しようとする。つまり、開口筋と閉口筋の収縮が同時に起こってガクガクし吹けなかったのではないかと思うのである。ちなみに開口反射は、閉口筋の抑制と開口筋の促進の両方で起こると考えられているらしい。それまで普通に吹けていたものが吹けなくなったのは、開口反射の原因となる刺激自体が強くなったのか、もしくは閾値が下がったのではないかと思う。

この人の場合、歯の摩耗具合から強いブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)が想像され、一つには前歯が短くなったことで、より演奏時に下顎を閉じる必要が出てきて閉口筋の収縮が過剰になったこと。もう一つは歯の摩耗により歯の刺激に対する閾値が下がったことも原因かもしれない。
話は変わるが、ブラキシズムが起きるのは、この開口反射が睡眠中は抑制されるためらしい。昼間口を開けている人には歯ぎしりをする人が多いというのはそういうことなのであろう。

今回、アダプターでジストニアに対する効果があったとすれば、演奏時の顎位を開いて閉口筋の収縮を抑えられることと、前歯の歯根膜への刺激が軽減されたためではないかと思う。

・参考文献
顔面・口腔領域に誘発される反射の変調について(新潟歯学会誌より)
http://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/journal/302/t302_yamamura.pdf

・口腔領域のジストニアに専門に取り組んでいる先生
京都医療センター歯科口腔外科
https://sites.google.com/site/oromadibulardystonia/

つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2017

管楽器奏者のジストニア(2)

数年前になるが、歯並びを直したいというクラリネット専攻の音大生が来院した。楽器を吹けなくなってしまい、その原因が歯並びにあると考えたからという。吹けないというのはどういう状態かというと、楽器をくわえて音を出そうとすると、顎がガクガクしてしまう。実際の歯並びとしては、左下の犬歯が唇側に出て左右非対称になっている。右側から息が漏れる状態で、上顎前歯も両方で咬むことができず、片側にパッチを何枚も貼って少しは良くなったということ。
あまりのガクガク具合で、歯並び直してどうなるかはわからなかったけど、奥が鋏状咬合になっていたり、少なくとも矯正治療をした方がよい歯並びであったので、治療を始めることになった。

出ている左下の犬歯を後ろに下げていくと、1日5分とか吹けるようになってきた。吹いている様子は見なかったが、治療に伴いだんだん吹ける時間も増え、大学も無事卒業することができた。矯正治療も終わり音楽関係の仕事をしながら楽器も細々と続けているということで安心していた。

先日の来院時、クラの方はどうですか?と聞いたところ、吹奏楽などのtuttiでは吹けるのだが、ソロとなるとまだ難しいということ。専門のところでジストニアの診断がついたそうで、投薬治療を受けたり(副作用が演奏の妨げになりやめた)、今は運動療法(吹くときの姿勢の改善)を行っているのだという。そして、彼はまだクラリネット奏者となることを諦めていないと感じた。

前から気になっていたのが、とにかく前歯部の咬耗が激しいこと。初診時から磨り減ってはいたが、矯正治療中も明らかに磨り減った。今は歯を被うタイプの保定装置を使っているので保護はされていると思う。それもあって下の前歯のアダプターを試してみないかと提案をした。吹いているところを見てみないとどのようなデザインにするかは決められないけど、演奏時の顎位を変えることでアンブシュアのバランスが変わって好転するかもしれないから。

それで、演奏時のレントゲンを撮ってみた。下唇を大きく巻き込み、マウスピースをとても深くくわえている。初診時のレントゲンと比べると下顎の開きが約1cmも違う。いろいろ試行錯誤の結果なのだと思う。こうすれば少なくともtuttiで吹けるくらいには音が出せる。おそらくこのくわえ方にしたときの筋肉バランスが良かったのだろう。
だったらこの顎の開きで下唇を巻き込み過ぎず、マウスピースも普通にくわえられるようにすればよい。この日はいろいろ吹きながら調整して、結果下顎前歯部分で約6mmの高さのアダプターを使ってみることになった。これを入れてすぐには理想的なくわえ方にならなかったが、少しはくわえ方を改善できたようで、暗く太い音から明るくクラリネットらしい音色に近づいた。

演奏時のレントゲン 初診時   →   現在(アダプター無)
1701201 1701202

これでもうしばらく練習してくわえ方が安定したら、またアダプターを調整しようと思います。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2017

管楽器奏者のジストニア

音楽家のジストニアが注目されるようになって10年くらいだろうか。

ジストニアというのは、「筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動や肢位、姿勢の異常が生じる状態」(日本脳神経外科学会のサイトより)をいう。管楽器奏者では、演奏時に限定して起こるアンブシュアや指の不随意運動(意思と関係なく震えたり動かなかったり)がそれにあたる。
全身性のジストニアと局所性のジストニアがあり、音楽家のジストニアはごく一部の症状なのでフォーカル(焦点)ジストニアとも言われている。脳性まひのように脳の病気で二次的に起こるものもあるが、それ以外は原因のよくわからない本態性ジストニアである。
治療方法としては、異常な動きをする筋肉にボツリヌスを注射して麻痺させる、あるいはその筋肉の運動神経を遮断する。全身性のジストニアには脳深部刺激療法といった治療法がある。

10年前は、半年といった長期間「まずは演奏を休む」ことが推奨されているようであった。ジストニアは反射であるから、その反射を中枢が忘れることが必要なのかと思った。
私の診療室にも、1~2年に1人くらいの割で、ジストニアかな?と思うような患者さんが相談に来院されることがある。多くは、普通は起こらないくらいの不安定なアンブシュア。細かく口唇が震える程度から、顎がガクガク動く重症な人まで。もちろん、奏法の問題や練習不足、いわゆるスランプなのかもしれないし、ジストニアかもしれませんねと言ったとしても、それは演奏を休むくらいしか対応策がないし、適切な紹介先を知っているわけではなかったので、自分からジストニアというワードを出すことはあまりしていなかったと思う。
私ができる範囲のこと~例えばアダプターとか歯の治療で、楽に演奏できるようになる可能性があれば試してみた。ご本人の希望で矯正治療を行うこともあった。

現在は、音楽家のジストニアの専門家と称する人も増えており、管楽器奏者のジストニアへの取組としては、楽に楽器を演奏できる姿勢とか運動療法的なものが中心のように思う。そういう意味では、歯科的なアプローチで楽に演奏できるアンブシュアを試みることはそう悪いことではなかったのではないかと思う。
そもそも一般的な治療方法である筋肉や運動神経を麻痺させることは、口唇周囲のような複雑で繊細な組織にはリスキーすぎる。抗精神薬などを処方されることもあるらしいが、副作用や依存性を考えるとそう飲みたくないものである。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2017

アダプターは何年もつのか

当院では木管楽器用のアダプター(ミュージックスプリントと呼ぶ人もいる)を樹脂で作っています。商品名「ユニファスト」という即時重合レジンで作製することが多いのですが、一般的に時間がたつと臭いや色が着くため、数年くらいはもつけど、汚くなったら作り直しましょう、とご説明しています。
しかし、数年たって新しい物を作りに来る人はそう多くはなく、やっぱり使っていない人も多いのかなと思っていたのですが、このところ10年近く経って再作製に来られる人もあり、大抵ギョッとするほど汚くてびっくりしていました。

先日来院した人も11年前にクラリネットのアダプターを作製した人でした。それが、とてもきれいに使っていて、少々の変色はしていますがとてもきれいでした。プロ奏者でアダプターなしでは演奏できない状況ということで、長年にわたり毎日長時間使用していたと思われます。
ということで、今度から「まめにきれいに洗えば10年くらいは使える」とご説明することにします。

さてこの方の来院理由ですが、新しいアダプターを試したいということでした。薄くしたいのと、下顎を少々右にずらして「アジャストさせている」(本人談)ので、ずらさなくても吹けるようにしたいということ。上顎前歯の正中が顔面に対し右にずれているため、マウスピースを右にずらしてくわえているので、下顎前歯の中央でくわえるために下顎をずらす必要があったのです。
当時は私も木管楽器のアダプターの作製を始めてまだ少ししか経っていない頃で、下顎歯列とのバランス・対称性を重視して作っていました。(ご本人の希望もあり、ふくらみの無い平らな仕上がりとなっていました。)その後、多くのアダプターの経験をし、金管と同様に上下のバランスが大事だということがわかってきました。ですので、今回は左右非対称の上顎歯列に合わせて、下顎の膨らみの中央をずらし、噛んだ時に均一になるように作りました。予想通り下顎をずらさずに吹けるようになりました。長年慣れ親しんだアダプターの方が慣れた感じの音がしましたが、本人は新しいアダプターに満足ということで、以前の愛用品も新しいアダプターに近づくように削って修正しました。おそらくしばらく練習すればポイントが見つかってより音となるでしょう。

約10年前のアダプター
1701131 1701132

今回作ったアダプター
1701133 1701134

10年も使えてこれ無しでは吹けない存在になるのに、1つ8千円で作っております。レッスンに何度も行くより効果が大きいこともあるんじゃないかと思いますし、価値を感じてくださる方もいますので、そろそろ値上げしたいと考えております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2016

結局は歯並びは大事

思い立って前歯3本を長くしてみた。
左上3番と左下2番3番を試しに1mmくらいレジンで長くした。とにかくびっくりするくらい吹きやすかった。調子が出るまで苦戦するアルペジオの練習も楽に出来るし、高音域も無理なく出るような気がするし、見た目も何か昔こんなアンブシュアだったよなという感じ。当然レジンは噛んでしまうし、酸処理や接着剤を使っていないので取れてしまったが、もう長くしないで吹くことができない。
そこで、思い切ってきちんと酸処理をしボンディング剤も使ってレジンを盛った。今までの咬頭嵌合位で咬合調整すれば盛ったレジンは無くなってしまうので、咬合位を変えて(直して)、当然臼歯はちゃんと噛んでいないがガイダンスを調整し、当初より短くはなったが、思惑通りのアンブシュアに近づいたと思う。

そもそも何で長くしようと思ったかである。
そもそもは「金管楽器のドッペルトーンはなぜ起こるか」を、とあるSNSでの意見交換で書き込みをきっかけに考えているうち、そうだ私も改善しようと思ったからである。
ドッペルトーンは簡単に言ってしまうと、演奏時の上唇と下唇の被りが均一でないからで、原因としては、歯並び(特に下の犬歯が出ている時に起こりやすい)、あるいは何らかの影響で演奏時に下顎が横にずれてしまっているからではないかと考えている。そのためにドッペルトーンあるいは息漏れが起こり、起こらなくても無理な力がかかってアンブシュアや音質に影響が出るのではないかと思う。

昔それについてはこのような記事を書いている。
金管演奏時の上下口唇の関係(1)

私はというと左側の下唇がやや出気味なので、意識的に下顎を右にずらし(左にずれているのを修正し)左側も上唇が下唇に被るようにして練習してみた。中低音は良く鳴るようになったが、高音域がキツくなってしまった。
私は以前自分で歯の調整やアダプターの試作を含めアンブシュアをいじりすぎて自滅したので、長いこと形にこだわらず鏡も見ず口唇を意識せずに吹くようにしていた。あらためて自分のアンブシュアを観察してみると、下顎を左にずらして吹いており、必要があってずらしていることがわかる。私は少々歯並びが左右非対称で、そのために歯の咬耗も左右非対称に起きて左側の歯が磨り減っているのである。だからまっすぐ歯を開くと歯の開きが左の方が開き過ぎる。下顎を左にずらしてアンブシュアを作ると歯の開きが左右対称になるのである。

歯の開きが左右対称だと良いことについてはこちらの記事。
歯の開きのバランス

つい2年前に同じようなことを書いているのに忘れてた。
やっぱり歯の開きは左右対称がよい


歯を3本長くして、下顎をまっすぐにしてアンブシュアを作った時の歯の開きがほぼ左右対称になるようにはしたが、臼歯が噛んでいない状況なので、思い切って歯並びを直すことにした。いろいろ考えてマウスピース矯正(クリアアライナー)。アンブシュア目的だと吹きながら歯の動かし方を調整しやすいからである。半年くらいはかかるかな。結局は歯並びって今更ながら思うのでした。

1612051 1612052
元は左図。左側(向かって右)の方が歯の開きが大きい。右図はレジンで仮に長くしたところ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2016

2つのアダプター

以前から当院で作製したアダプターを使用しているクラリネット奏者が、アダプターを無くしてしまったので再作製したいということで来院しました。

最初に作ったのが10年前(=A)で、6年前(=B)にスペアを作りました。スペアを作る際に、私の方から敢えて形状の変更を提案し、最初の物よりも幅を狭く、咬合時の上顎とのスペースを狭くしました。
多くの方のアダプターを作製していくうちに、私なりに「よいデザイン」の要件ができてきて、幅はあまり広くせず、下顎犬歯間の幅を変えない。そうすることで下唇を下顎歯列に密着しやすくなり下唇が安定すると考えたのです。また不思議なことに咬合調整をきちんとすると良い結果となり、それは上下のバランスを取ることと、下顎のセッティングの安定につながるのではないかと想像をしていました。
私としてはAを見て過去の自分を反省し、私なりの良いデザインであるBを作ったわけです。

以前のブログ記事はこちら

A 1611201
B 1611202

ところが、無くしてしまったのはAの方で、メインでこちらを使っていたのだそうです。Bでも使えなくはないのだけれとAの方が音色が好きだそうで、個性的な音色が武器となっていたということです。AとBの違いは

1)Aは作製時に模型のアンダーカットを埋めて作製したので歯との間にわずかに隙間があるが、Bは内面を一層削って軟らかいレジンで直接口腔内で硬化させたため、歯に密着していたのです。Bではリードの振動が直接歯に伝わるために痛みを感じ、しっかり噛みこむことができないということです。
2)幅が違う。前述のような理由で幅を狭くしましたが、広い方がマウスピースが安定してよいということでした。
3)Aは真っ平でしたが、Bはなるべく咬合するようにしました。平らな方がよいのではということでした。

Bを作製したときのベースはAのコピーでしたので、今回はBのコピーを作製して写真を参考に幅を変え、あとは吹きながら以前の感覚を思い出していただき調整していきました。

できあがりはこちら(=A’)

1611203 1611204

本人の吹奏感を元に高さを調整しましたが、正面の写真で見ると左右傾いて見えるのですが、下から見るとバランスが取れているかな。

語弊があるかもですが、私の感想としてはA’はフランス的なふわっと柔らさを纏った音、Bはドイツ的なしっかりした境界明瞭な音。ご本人によれば、しっかりマウスピースを噛むことが出来るので、口唇に力を入れずに吹くことができるからではないかということでした。

私も今後は思い込みをせずに、本人の目指す音色やアンブシュアを理解して、いろいろ試して形態を作っていきたいと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧