« ジストニアの予防 | Main | クラリネットのアダプターをつけて吹いてみると(動画) »

November 26, 2020

スランプとジストニア

タンギングが出来ないというプロトロンボーン奏者が来院された。タンギングをすると息が漏れるということ。演奏時のレントゲンを見ると、舌や顎の位置に大きな問題はなく、アンブシュア自体の問題(口唇周囲の筋肉のゆるみ)であると思いました。
ご本人はジストニアを疑っているということで、専門病院への受診を考えているということでしたが、おそらく違うでしょう。こういった金管楽器奏者の不調は40歳前後に出ることが多くスランプとして受け止められていましたが、最近は「アンブシュアジストニア」と解釈されてしまうのかもしれません。

基本練習不足と身も蓋もないことを言ってしまいましたが、口呼吸と歯の楔状欠損と歯周病がきっかけになっている可能性があると思いました。まずは歯のクリーニングとMFT(口腔周囲筋のトレーニング)を行うことになりました。
その後ジストニアの相談で受診した病院で副甲状腺機能亢進症であることがわかり、病的に歯槽骨が吸収したのはそれも原因であった可能性が考えられる。それは治療を行って完治し、歯肉の状態もよくなったところで、臼歯部の頬側歯槽骨がなくなり歯根が露出して摩耗している部分を補ってみることにした。
効果があるかどうか試すために、シリコーンで臼歯部の頬側を被った。それまでたどたどしい演奏だったのが、どんどん水を得た魚のように吹けるようになった。頬筋の支えとなっていた臼歯部の歯槽骨と歯が減ってしまった分を補うことで、以前の筋肉バランスに近づいたのだと考えている。

しばらく練習をした後、レジンで最終的な臼歯部用アダプターを作り現在も使用中、演奏活動に復帰することができた。MFTとクリーニングで定期的に通院していただいており、だんだん調子が上がっているようである。
ジストニアと判断した演奏の不調も、歯や歯並び、歯槽部の変化によってアンブシュアが変わってしまったことが原因(あるいはきっかけ)であることは多いのではないかと思う。

2011261

臼歯の歯肉が下がり歯がすり減っている。青いのはシリコン。(その後レジンで作製しなおした)

 追記:金管楽器でジストニア風な不安定なアンブシュア・音の揺れについては、「アパチュアの大きさが適切でない」ことが原因なことが多いではないかと思っている。その楽器に合ったアパチュアではないと、音が安定しない。つまり楽器を変えた、あるいは歯や演奏時の顎位が変わってしまったのが原因になるのではないかということ。加齢により顎は開きにくくなる。多くは歯の開きが狭いことで音が不安定になるので、しっかりロングトーンなど基本練習をして音が安定するアパチュアを探し身につけることが根本解決策だと思う。

|

« ジストニアの予防 | Main | クラリネットのアダプターをつけて吹いてみると(動画) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジストニアの予防 | Main | クラリネットのアダプターをつけて吹いてみると(動画) »