« マウスピース変えた、というか戻した | Main | クラリネットの上顎用小さなアダプター »

April 03, 2019

マウスピース変えた、というか戻した(2)

さて前回マウスピースを戻したと書いたが、昔使っていたものではなく、新調はした。

シュミット8番はスロート径が4.0mmだったのが、何年か前に4.1mmになったはず。自分は長いこと4.2mmのマウスピースを使っていたから、とりあえず大きくなったものを試そうと思ったのと、以前はマウスピースはスペックと思っていたので、データを元にネットで買っていたがそれもよくなかったかと考えたから。
シュミットには「ティルツシュミットモデル」と「オリジナルシュミット」がある。スペックは全く同じ。どう違うか。聞いたところ、ティルツシュミットモデルの方は作りがいい加減で個体差が大きいので(現在どうかは不明)、オリジナルの方が良いと言われたのだけど、最初に行った楽器屋には試奏できるものがティルツシュミットモデル2個しかなく、2個から選んで使っていた。

先日、時間が出来たので他の楽器屋に行き、オリジナルシュミット4個から選ぶことが出来た。今更だが個体差は大きいものだ。
1か月間使っていたティルツシュミットモデルとは見た目は全くいっしょなのに、当てた感覚も吹き心地もかなり違っておどろいた。慣れてきたら、どうにも高音域の音程が低いと思っていた私の古い103が、普通に音が出る。音の鳴りも違う。もしかしたら金属の組成が違うんじゃないかなと思うくらい。マウスピースの差は偉大だと思った。
アンブシュアが変わってくるとまた適するマウスピースも変わるかもしれないが、シュミット8番に合うアンブシュアにするというのも良いかもと思った。ちょっと前まで私はリムの大きいマウスピースを好む傾向があったが、今はシュミット8番が大きく感じるのは、口を広げて吹けるようになってきたからかもしれない。

さて、前回の記事で書いた「良いアンブシュア・良い音とは何か」「音の高さによってアンブシュアをどう変えるか」「アタックとは何か」などなど、何を教わったかを当ブログで書く予定はない。ご迷惑かけるかもしれないから。それらのサジェスチョンは教育の場で使われる言葉であり、実際はどういった事象か~○○筋がどう活動するとか○○骨がどう移動するとか~ということを、私は考えていきたい。

|

« マウスピース変えた、というか戻した | Main | クラリネットの上顎用小さなアダプター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マウスピース変えた、というか戻した | Main | クラリネットの上顎用小さなアダプター »