« 管楽器奏者の理想の歯並び | Main | 早期教育と早期治療 »

April 14, 2019

中学生の相談

先日中学生が相談に来院した。当院の近所にお住まいで、当院の近くの一般歯科医院で矯正治療を始めたが、トランペットが吹けなくなったというご相談であった。話を聞くと、小学生の時に側方拡大をして様子を見ていたが、仕上げとして上下の前歯にブラケット装置を付けたということであった。担当医にはトランペットを吹いていることは話をしたのに、よくわからないけどとりあえず付けてみましょうと言われて治療を始めたということであった。私からは以下のような話をした。

矯正治療の方針について。正直今の状況で治療を進めても、よく噛まないし前歯が前に出て増々口唇が閉じにくくなるし、トランペットは更に吹きにくなる。検査をした上の話であるが、何本か歯を抜いて(元々1本足りない)きちんと直した方がよいし、トランペットも吹きやすくなる。

治療開始時について。吹奏楽部の中学3年生(装置を付けたのは中学2年の2月)は、これから自分がメインで活躍していくという時期。ブラケット装置をつけるのであれば、少なくとも今の時期ではない方がよい。トランペットが好きでずっと吹いていきたいのであれば、中学3年のコンクールが終わってから、あるいは高校に入ってから始めた方がよいのではないか。高校によっては矯正装置が付いていると希望パートにならない可能性もあるので、それも考慮した方がよい。

矯正器具について。付いている装置は透明の比較的大きいブラケット装置。当院であれば、二回りくらい小さくて薄くて角の丸い物を使うなどをするので、今よりずっと吹きやすいし、前歯にブラケットを付けずに治療する方法もあるので、トランペットを続けながら治療ができる。

よくある一般歯科医院の矯正治療のように、矯正歯科医は月に1回しか来ないということで、すぐに対応してもらえないならその医院の院長に話して今すぐ装置を外しましょうかと話したら、とても律儀な方で今の矯正の先生には親切にしてもらったので、次回受診時に相談しますとのことであった。
こうして好きな楽器が吹けなくなってしまう中学生が、世の中にたくさんいるのかなと思ったとともに、こんな近所の人にも(患者さんも歯科医師も)情報が伝わっていないのかと反省をした。

|

« 管楽器奏者の理想の歯並び | Main | 早期教育と早期治療 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 管楽器奏者の理想の歯並び | Main | 早期教育と早期治療 »