« 7番用アダプター | Main | 金メッキのホルン »

November 15, 2018

歯を失う原因

管楽器奏者にとって歯を失う事は演奏家生命を脅かすことであり、少し前まで歯を失う原因の多くは歯周病だったのではないかと思う。しかし、当院に来院される方は皆さん歯をきれいにしている人がほとんどで、虫歯や歯周病で楽器が吹けなくなる人はもうあまりおらず、歯の咬耗や破折などの問題で吹けなくなる人が多いのではと考えていた。

80歳で20本以上の歯を有する割合は、25年前は約10%だったが、現在は50%を超えた。歯周病で多くの歯を失う人は減り、義歯なしで過ごしているお年寄りが増えたと言ってよいのではないかと思う。しかし、厚労省の調査結果によれば「日本人の30歳以上の8割は歯周病」だそうだ。何をもって歯周病とするかであるが、調査では歯肉のポケットに探針をいれて血がにじむと歯肉炎で、ポケットが深いと歯周炎ということなのだろう。結果を見ると歯周病の半分くらいはごく軽いものも含めて歯肉炎で、もう半分はなりかけも含めて歯周炎という感じだ。

少し前だが、アマチュアのトランペット奏者で重度の歯周病の方が来院された。前歯が抜けてしまったので、楽器を吹くためによい方法を相談したいということであった。年齢はまだ50代。口の中には何本かの歯が存在していたが、動揺が大きく歯垢と歯石が多量についている状況であった。レントゲンを撮るまでもなく抜歯が必要と思われた。話を伺うともう5年以上も前から歯周病を自覚していて、その頃から他の歯科医院ですべて抜歯して総入れ歯が必要と言われていたとのこと。でも、まったく歯周病の治療は受けていなかった。この状態になってもなお、管楽器をわかる歯科医院での治療を希望されたが、その方の近所で知人の歯科医院を紹介した。まずはきちんと治療に通うことが必要と思ったから。
歯周病は歯が抜けるだけではなく、全身の疾患に関連があることがわかっている。歯周病菌により血管を詰まらせ心筋梗塞や脳梗塞のリスクを上げる、糖尿病を悪化させるなどなど。管楽器演奏以前に、そのような口では自分の寿命も危なくなるのだ。

気持ちはわかる。昔歯医者で痛い思いをしたとか、歯の治療をして吹きにくくなったとかがきっかけで、歯科医院に行きたくないし行くにしても管楽器を理解している歯科医師でなければ治療を受けたくないという人は、今までに何人か来院されたことがある。
今は歯科医院は多く患者側にも選択肢がある。優しく痛くないことを心掛けている歯科医院はいっぱいある。通いやすいことは大切と思うので、まずは自分に合うところを見つけて通ってほしい。

|

« 7番用アダプター | Main | 金メッキのホルン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯を失う原因:

« 7番用アダプター | Main | 金メッキのホルン »