« 歯を失う原因 | Main | 緊張した時に唾液腺マッサージ »

November 28, 2018

管楽器演奏と嘔吐反射

もう1か月たちますが、毎年開催される日本矯正歯科学会学術大会に行ってきました。学術展示の中に管楽器に関係する発表がありましたので紹介します。

「水泳・管楽器経験者における印象採得時に伴う嘔吐反射の発生率調査」

印象採得というのは歯科治療でのいわゆる型取りのことで、矯正治療をする場合必ず模型を作成するので印象採得をするのですが、これでオエッとなることが予測できないかということで、生活習慣として水泳と管楽器演奏に目を付けて調べてみたということ。
結果は(管楽器についてのみ書きます)管楽器経験あり9名中嘔吐反射あり0名、管楽器経験なし91名中嘔吐反射あり25名。管楽器経験なしで優位に嘔吐反射を誘発した。管楽器演奏が鼻呼吸を促すこと、異物が口腔内に入ることに慣れているためではと考えたということであった。

・まず、嘔吐反射の起きる率が高すぎなのではないかと思った。当院ではせいぜい年に数回である(当院の衛生士さんの自己申告)。嘔吐反射が起きるかどうかは術者の力量によるところが大きい。

・対象者の年齢を聞いたところ、管楽器経験者はほぼ中高生ということ。調査全体の対象者は4~52歳ということなので、10歳代と幼児や中高年を比べるのは変だと思った。普通に考えてちびっこや中高年の方が嘔吐反射出やすいだろう。比較するなら管楽器経験なしのうち中高生だけに絞って比較すべきではないか。

・管楽器奏者で嘔吐反射が出ないのは、低位舌でないからと考えたとのこと。いや、管楽器演奏は口呼吸を誘発することがあるし、特に成人してからの管楽器奏者には低位舌は多いと感じている。当院でも管楽器吹いていて型取り嫌いな人はいます。(気持ち悪いから嫌いと言いますが、嘔吐反射が出るわけではないです。)

目の付け所は面白いと思うけど、嘔吐反射を起こす人にどう対応するかではなくて、嘔吐反射を起こさないようにどう印象採るか考えればよいのにと思ったのでした。そこの医院では約半数に嘔吐反射が起こるそうで、たぶん使っている印象材が軟らかいタイプであることも一因ではないかと。(余計なお世話ですみません。)

|

« 歯を失う原因 | Main | 緊張した時に唾液腺マッサージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 管楽器演奏と嘔吐反射:

« 歯を失う原因 | Main | 緊張した時に唾液腺マッサージ »