« April 2018 | Main

August 2018

August 12, 2018

上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管) その2

さて「上顎前突の人には二種類のアンブシュアがある」(マウスピースの小さい金管楽器)という話を書いたが、それぞれにどういう特徴があるのか考えてみたい。

<上顎前歯の唇側面にリムが乗るタイプ>
・上顎前歯が唇側傾斜しているので、マウスパイプは水平に近くなる。
・顎の開きに伴いリムが上下すると、マウスパイプの角度がそれに応じて変化せざるを得ない。
・上下にリムからの圧力がかかるようにするためには、下顎をかなり前方に出すか、下唇をすぼめて厚みを増す必要がある。
・高音域は比較的楽に大きく出せるが、音は硬くなる。
・下唇を張れない人(シワができる=下唇の厚みを大きく増す)は、中音域は柔らかく響くが、大きな音や高音・低音を出すのは難しい。

<上顎前歯の切縁にリムが乗るタイプ>
・下顎前歯の唇側面に垂直にリムが乗り、顎の開きに伴い下顎前歯に沿ってリムが上下するようである。
・下唇前歯の唇側面の角度によるので、マウスパイプは下向きになる。
・顎の開きに伴いリムが上下しても、マウスパイプの角度はほぼ一定である。
・高音域を出すときに力が入ってしまいやすく、大きい音が難しい。
・顎の開きに限界があるので、低音域は難しい。

では、どっちがよいのか。以下は個人的な感想である。

結局私は後者のタイプで吹いている。普通に吹いては高音域も低音域も大きい音も難しいとは思うが、鍛錬をして音の高さをコントロールするのは顎の開き(歯の開き)だけではないことを体現できれば、少々上顎前突でも、広いダイナミックレンジと音域を得ることができるのだと思う。

私は昔はマウスパイプをかなり下向きで吹いていた。それなりに上手かったのだが、低音が苦手、高音は得意だが張った音になりがち(リップトリルができない)、音量は今に比べると小さかったと思う。たぶんこれらが下向きタイプにありがちな特徴なのだと思う。
その後水平へ変わっていったのにはいくつかきっかけがあり、ワグナーチューバを吹いてどう持っても水平になってしまう、オケのメンバーに爆音系の人がいた、トップが変りセクションの音が明るめになり皆が水平に近くなってきた等々。
最近まで水平近くで吹いていたのだが、どうしても高音域で無駄な力が入ってしまうこと、低音域がつらいことが悩みであった。試行錯誤をしているうち、高音域ほどカップの中に上唇を入れるようにしてマウスパイプを上向き、低音では下向きにし、リムを意識的に上下させると楽に吹けるようになった。しかし、音色は悪くなる一方。
で半年ほど前に、それらをやめアンブシュアの考えを改め、今に至るわけである。自分で書くのもなんだが、最近ちょっと上手になってホルンを吹くのが楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2018 | Main