« 管楽器奏者の筋機能療法(MFT)(3) | Main | 上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管) その2 »

April 09, 2018

上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管)

どうも上顎前突の金管楽器には2種類のアンブシュアが存在しているようである。

一つは上の前歯の唇側面にリムが乗るアンブシュア(水平タイプ)で、もう一つは上の前歯の切縁にリムが乗るアンブシュア(下向きタイプ)である。乗る乗らないといっても口唇が介在するわけで、リムの支点とでもいえばよいだろうか。
一般的に上顎前突とは、臼歯で噛んだとき上の前歯と下の前歯の前後的な位置の差が大きい状態(正常は2~3mm)をいうが、多くの場合は上顎前歯が前に傾斜しており、さらに下の前歯も傾斜している(上下顎前突)ことも多い。日本人によくあるパターンの咬合である。

顎を楽に開けた状態で上下の前歯が一つの平面になるのが、ある意味金管楽器を吹くのに理想的と言ってもいいんじゃないかと思う。この場合は普通に上の前歯の唇側面にリムを乗せることが可能である。

1804091

しかし上顎前突ではそうもいかない。下顎を無理に前方に出して上の前歯の唇側面に乗せるか、下顎は楽な位置で上の前歯の切縁に乗せるかどちらかになるのだと思う。
ちなみにトロンボーンなどではリムが大きいので下顎を出さなくても唇側面に乗るためか、トロンボーンで後者のタイプの人にはあまり会ったことがありません。

1804092 1804093

(上記の図は同じ歯の傾きにしてあり、水平タイプは下顎を前方に出し、下向きはあまり出さずにアンブシュアを作ったときを想定して書いています。下向きタイプの図の点線は側切歯で、側切歯の切縁辺りに乗ることになるかと思いますが、リムの大きさや当て方によってはその限りではありません。)

上顎前突の2つのアンブシュアパターンにはそれぞれ利点欠点があるのだが、レッスンについたり専門的に学ぶ過程で、唇側面に乗る水平タイプに直されて、かえって元々の奏者の良さが消えてしまうことも多々あるのではないかと思う。
矯正治療をする上での注意する点としては、元々下向きタイプの人が上顎前突を改善すると思うように吹けなくなってしまうことがあるので、是非矯正治療中もコンスタントに楽器の演奏を続けてもらいたいし、矯正治療の時期も考慮した方がよいこともあると考えている。

注:便宜的に水平タイプ、下向きタイプとしたが、全くの水平とは限らないし極端に下向きでもないです。

つづく

|

« 管楽器奏者の筋機能療法(MFT)(3) | Main | 上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管) その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/66592529

Listed below are links to weblogs that reference 上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管):

« 管楽器奏者の筋機能療法(MFT)(3) | Main | 上顎前突のアンブシュアのタイプ(金管) その2 »