« 機内持ち込みホルンケース(2) | Main

January 24, 2018

機内持ち込みホルンケース(3)

それで私はMB3をあと1クリックで購入というところまで行く。実際、アメリカの通販サイトから早くコンプリートしろというメールまで来た。なんで思いとどまったかというと、送料が高すぎだから。ケースの料金は495ドルなのに送料が一番安い手段でも156ドル。MB5-Babyを買ったときは70ドルだったのに、何てこと!と思ったから。送料や関税を入れると8万円くらいになる。旅行のときのみ使うにはさすがに高いかなと。サイズがわからないし、おそらく普通のMB(MB1)と同じ感じなので38×47㎝、航空会社によってはアウト。

もう一度サイトを見回すと、ソフトケースでベルと本体に分かれるものがあるではないか(MB Detachable Soft Case)。このケース持っている人がいて貸してもよいよと言ってもらっていたが、奥行きが26㎝とあるので考えていなかった。日本のカタログを見る分にはベルが外せるとはわからなかった。ベルだけスーツケースに入れて本体だけ機内持込みにするか。
それなら何かバックの中に入れた方が良いか。だったらいっそ別れないソフトケースにすれば、ケースに身の回り品をつっこめるな。国内で買えそうだから高い送料もかからない。

機内持込み荷物の標準サイズは小さくなる傾向があって、国際航空運送協会(IATA)が規格を統一しようとする動きがあり、2年前に提唱されてたのは55x 35x 20cm。将来的にはこの辺になるかも。

ということで、ソフトケース(MB Soft case 2)を買う気になっている私でした。持ち歩きには気を付けないとだけど。サイズは日本のカタログによれば51.5×36×18㎝。

画像はネットショップからお借りしました。普通のバックみたい。
Apollon_1205mbmb01hrs2

おしまい。

|

« 機内持ち込みホルンケース(2) | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/66315274

Listed below are links to weblogs that reference 機内持ち込みホルンケース(3):

« 機内持ち込みホルンケース(2) | Main