« 機内持ち込みホルンケース(1) | Main | 機内持ち込みホルンケース(3) »

January 23, 2018

機内持ち込みホルンケース(2)

注文から3か月、MB5-Babyが届いた。

私はアメリカのホルン専門通販サイトで購入した。日本で販売されているのは色以外のバリエーションはないが、実際は表生地がナイロンか皮革、フレームがファイバーグラスかカーボンファイバーの選択肢がある。せっかくなので皮革にし、カーボンファイバーの方が300gも軽くなるのでそうした。少々高くついたけど、可愛いし軽くて背負った時がとても快適で満足。
でも、やっぱり奥行きが22㎝はある!!

再度エミレーツ航空のサイトを確認する。たしか3か月前は、55 x 38 x 20cm未満の荷物1個の他に身の回り品を入れたバック1個が持込めるとあったはずなのに、55 x 38 x 20cm未満の荷物1個のみになっていた!となると、たとえMB5Babyが許してもらえたとしても、このケースは何にも余裕がないので、まったく物を持込めないことになる。ビジネスクラスであれば2ついけるようで、つくづくマイレージ優待でビジネスが取れなかったのが残念。(私は普通にビジネスを購入するようなお金持ちではない。)

そこで考えました。預けるスーツケースの中にベルだけ入れた楽器ケースを入れ、楽器本体だけを機内持込み可のスーツケースに入れてしまおう。試しに、愛用のちびスーツケース(40×34×20cmくらい)にベルとマウスパイプ(着脱可の楽器)を外して入れてみると入るではないですか。上手く緩衝材を入れれば何とかなるのでは?と思ったが、欲が出てしまった。できればメインで使っている103を持っていきたい(当然マウスパイプは外れない)、強度も心配があるのでケースを分解して構造物ごとスーツケースにいれたい。
そこで55 x 38 x 20cmのスーツケースを探しました。55 x 40 x 20cmというのはある。55 x 35 x 23前後cmというものある。しかしエミレーツのサイズちょうどというのはない。20㎝厚で小さいものはコインロッカーサイズとして売られていて、私の愛用ちびスーツケースと同じくらい。

しかし、スーツケースを新規購入してケース壊したり詰め物作ったり(発砲ウレタンとかを注入すればよいかなと)手間と時間を考えると、ベルと本体がセパレートするケースを新たに買った方が良いような気がしてきた。あるんですよ、日本のMBのカタログには載っていないけど、MB3というモデルが2つに分かれるんです。

さあMB3を買うかどうか迷うところ・・・どうする?
http://www.mbcases.com.br/en/products/mb3/

やっぱりMB5-Babyのサイズは46×35×22.5cmらしい。
1516719287197.jpg  

|

« 機内持ち込みホルンケース(1) | Main | 機内持ち込みホルンケース(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/66313430

Listed below are links to weblogs that reference 機内持ち込みホルンケース(2):

« 機内持ち込みホルンケース(1) | Main | 機内持ち込みホルンケース(3) »