« 管楽器奏者のジストニア(4) | Main | 管楽器奏者とマウスピース矯正(1) »

March 03, 2017

エナメル質形成不全

エナメル質形成不全というのは、歯が萌える前から歯の表面のエナメル質が一部なかったり薄かったりすることである。一部が凹んでいたり茶色かったりする。臼歯に多いような気がするが、前歯でも起こる。
管楽器演奏にどう影響があるかであるが、管楽器を始めた時からその形をしていて奏法が確立するのだから、まあ困ることはないと思う。しかしながら、見た目が悪いので治療して歯の形が変わったり、エナメル質が薄いので経年的に歯が欠けたりすることで影響が出ることはあるだろう。

この方はホルンを吹いているのだが、上の前歯2本がエナメル質形成不全で、唇側面に凹凸があり(ご本人によれば洗濯板の様であった)切端部も欠けている状態である。6年くらい前から見た目が気になり、他の歯科医院にてレジンによる治療を受けているが、半年に1度くらい外れて、その度にやり直してもらっているのだそう。
そのレジンが上唇にひっかかってスラーがうまくできない、高音域で上唇が痛いといった不具合があるということであった。
最初の日は時間がなかったので、とりあえず充填されている盛り上がったレジンを平らに整えたのだけど、それだけでもすごく吹きやすくなったとのこと。切端が短くガタガタになっているので、調整するともっと吹きやすくなりますよと提案し、後日形態の調整を行った。
歯の長さについては、切端位(下顎を少し前に出した位置)をとると犬歯が当たって中切歯は隙間がある状態だったので、少し長くしアンテリアガイダンスがバランスよくできるくらいに整えた。
それで随分良くなって吹きやすくなった様子。最初の印象では低音域が得意で高音域は苦手かと思ったら、元々上吹きということで、歯の長さが戻って息が絞れるようになり高音域が吹きやすくなったのだろう。
でももっとよくなると思い、厚さを調整した。中切歯2本の唇側エナメル質が薄いために、切端位で少々下の前歯が前に出るので、特に中切歯の近心部分を厚くして、切端位で上下のバランスが良くなるようにした。
そうしたら、予想通りではあるのだけど、予想以上に音色が良くなり(こう言っては何だが最初は間の抜けた音色だった)、何というか艶が出て、元々ポテンシャルのある人だったのだなと感心した。ご本人も一吹きしただけで吹きやすさを実感したようでした。

1703031  1703032
初診時    →    歯の形態調整後(ともに咬合位)


|

« 管楽器奏者のジストニア(4) | Main | 管楽器奏者とマウスピース矯正(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エナメル質形成不全:

« 管楽器奏者のジストニア(4) | Main | 管楽器奏者とマウスピース矯正(1) »