« 管楽器奏者のジストニア | Main | 管楽器奏者のジストニア(3) »

January 20, 2017

管楽器奏者のジストニア(2)

数年前になるが、歯並びを直したいというクラリネット専攻の音大生が来院した。楽器を吹けなくなってしまい、その原因が歯並びにあると考えたからという。吹けないというのはどういう状態かというと、楽器をくわえて音を出そうとすると、顎がガクガクしてしまう。実際の歯並びとしては、左下の犬歯が唇側に出て左右非対称になっている。右側から息が漏れる状態で、上顎前歯も両方で咬むことができず、片側にパッチを何枚も貼って少しは良くなったということ。
あまりのガクガク具合で、歯並び直してどうなるかはわからなかったけど、奥が鋏状咬合になっていたり、少なくとも矯正治療をした方がよい歯並びであったので、治療を始めることになった。

出ている左下の犬歯を後ろに下げていくと、1日5分とか吹けるようになってきた。吹いている様子は見なかったが、治療に伴いだんだん吹ける時間も増え、大学も無事卒業することができた。矯正治療も終わり音楽関係の仕事をしながら楽器も細々と続けているということで安心していた。

先日の来院時、クラの方はどうですか?と聞いたところ、吹奏楽などのtuttiでは吹けるのだが、ソロとなるとまだ難しいということ。専門のところでジストニアの診断がついたそうで、投薬治療を受けたり(副作用が演奏の妨げになりやめた)、今は運動療法(吹くときの姿勢の改善)を行っているのだという。そして、彼はまだクラリネット奏者となることを諦めていないと感じた。

前から気になっていたのが、とにかく前歯部の咬耗が激しいこと。初診時から磨り減ってはいたが、矯正治療中も明らかに磨り減った。今は歯を被うタイプの保定装置を使っているので保護はされていると思う。それもあって下の前歯のアダプターを試してみないかと提案をした。吹いているところを見てみないとどのようなデザインにするかは決められないけど、演奏時の顎位を変えることでアンブシュアのバランスが変わって好転するかもしれないから。

それで、演奏時のレントゲンを撮ってみた。下唇を大きく巻き込み、マウスピースをとても深くくわえている。初診時のレントゲンと比べると下顎の開きが約1cmも違う。いろいろ試行錯誤の結果なのだと思う。こうすれば少なくともtuttiで吹けるくらいには音が出せる。おそらくこのくわえ方にしたときの筋肉バランスが良かったのだろう。
だったらこの顎の開きで下唇を巻き込み過ぎず、マウスピースも普通にくわえられるようにすればよい。この日はいろいろ吹きながら調整して、結果下顎前歯部分で約6mmの高さのアダプターを使ってみることになった。これを入れてすぐには理想的なくわえ方にならなかったが、少しはくわえ方を改善できたようで、暗く太い音から明るくクラリネットらしい音色に近づいた。

演奏時のレントゲン 初診時   →   現在(アダプター無)
1701201 1701202

これでもうしばらく練習してくわえ方が安定したら、またアダプターを調整しようと思います。

つづく。

|

« 管楽器奏者のジストニア | Main | 管楽器奏者のジストニア(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 管楽器奏者のジストニア(2):

« 管楽器奏者のジストニア | Main | 管楽器奏者のジストニア(3) »