« 2つのアダプター | Main | 備忘録2016 »

December 05, 2016

結局は歯並びは大事

思い立って前歯3本を長くしてみた。
左上3番と左下2番3番を試しに1mmくらいレジンで長くした。とにかくびっくりするくらい吹きやすかった。調子が出るまで苦戦するアルペジオの練習も楽に出来るし、高音域も無理なく出るような気がするし、見た目も何か昔こんなアンブシュアだったよなという感じ。当然レジンは噛んでしまうし、酸処理や接着剤を使っていないので取れてしまったが、もう長くしないで吹くことができない。
そこで、思い切ってきちんと酸処理をしボンディング剤も使ってレジンを盛った。今までの咬頭嵌合位で咬合調整すれば盛ったレジンは無くなってしまうので、咬合位を変えて(直して)、当然臼歯はちゃんと噛んでいないがガイダンスを調整し、当初より短くはなったが、思惑通りのアンブシュアに近づいたと思う。

そもそも何で長くしようと思ったかである。
そもそもは「金管楽器のドッペルトーンはなぜ起こるか」を、とあるSNSでの意見交換で書き込みをきっかけに考えているうち、そうだ私も改善しようと思ったからである。
ドッペルトーンは簡単に言ってしまうと、演奏時の上唇と下唇の被りが均一でないからで、原因としては、歯並び(特に下の犬歯が出ている時に起こりやすい)、あるいは何らかの影響で演奏時に下顎が横にずれてしまっているからではないかと考えている。そのためにドッペルトーンあるいは息漏れが起こり、起こらなくても無理な力がかかってアンブシュアや音質に影響が出るのではないかと思う。

昔それについてはこのような記事を書いている。
金管演奏時の上下口唇の関係(1)

私はというと左側の下唇がやや出気味なので、意識的に下顎を右にずらし(左にずれているのを修正し)左側も上唇が下唇に被るようにして練習してみた。中低音は良く鳴るようになったが、高音域がキツくなってしまった。
私は以前自分で歯の調整やアダプターの試作を含めアンブシュアをいじりすぎて自滅したので、長いこと形にこだわらず鏡も見ず口唇を意識せずに吹くようにしていた。あらためて自分のアンブシュアを観察してみると、下顎を左にずらして吹いており、必要があってずらしていることがわかる。私は少々歯並びが左右非対称で、そのために歯の咬耗も左右非対称に起きて左側の歯が磨り減っているのである。だからまっすぐ歯を開くと歯の開きが左の方が開き過ぎる。下顎を左にずらしてアンブシュアを作ると歯の開きが左右対称になるのである。

歯の開きが左右対称だと良いことについてはこちらの記事。
歯の開きのバランス

つい2年前に同じようなことを書いているのに忘れてた。
やっぱり歯の開きは左右対称がよい


歯を3本長くして、下顎をまっすぐにしてアンブシュアを作った時の歯の開きがほぼ左右対称になるようにはしたが、臼歯が噛んでいない状況なので、思い切って歯並びを直すことにした。いろいろ考えてマウスピース矯正(クリアアライナー)。アンブシュア目的だと吹きながら歯の動かし方を調整しやすいからである。半年くらいはかかるかな。結局は歯並びって今更ながら思うのでした。

1612051 1612052
元は左図。左側(向かって右)の方が歯の開きが大きい。右図はレジンで仮に長くしたところ。


|

« 2つのアダプター | Main | 備忘録2016 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 結局は歯並びは大事:

« 2つのアダプター | Main | 備忘録2016 »