« 反対咬合とトランペット演奏 その2 | Main | 反対咬合とトランペット演奏 その4 »

September 08, 2016

反対咬合とトランペット演奏 その3

前回の「反対咬合とトランペット演奏 その2」で紹介したプロ奏者のレントゲン写真を分析重ね合わせした。
高音域では関節頭が後方に行っているが、関節窩の形態から、どうしても下方に行く必要があり、結果下顎が回転して前歯が開いているのがわかる。
下唇を巻き込まないと吹けないということであったが、レントゲンでも巻き込まれているのがわかる。演奏時に歯を開いていることが原因と思われる。

1609081

さて、反対咬合・受け口といってもいろいろなパターンがある。骨格的なバランス、前歯の傾斜、下顎骨の形態などなど。骨格的に上下顎のアンバランスの程度が大きいほど下顎前歯の舌側傾斜の程度が大きくなることが多いし、骨格のバランスは良いけど前歯が唇側傾斜してるために反対咬合になることもある。反対咬合でも演奏時の顎位はそれぞれであるはずである。
根本先生の説では、反対咬合では演奏時の前歯の関係は上よりも下の前歯が前に来るということであったが、私はなかなかそういうケースに会ったことはない。一人だけちょっと下の歯が前に出ているかなというレントゲンがあったのでよく見ていると、ほぼちょうどと言ってよいようである。この人の場合は、下唇の唇側傾斜が大きく、どうしても下顎前歯の切端が前に出やすくなる。

1609083

つづく

|

« 反対咬合とトランペット演奏 その2 | Main | 反対咬合とトランペット演奏 その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反対咬合とトランペット演奏 その3:

« 反対咬合とトランペット演奏 その2 | Main | 反対咬合とトランペット演奏 その4 »