« 折れた歯を戻す | Main | 反対咬合とトランペット演奏 »

August 23, 2016

折れた歯を戻す その2

当団首席トランペット氏の折れた歯を戻した翌日、電話がかかってきました。トランペットを吹いている方で、旅行先で転んで前歯が折れてしまい、当院は初めてだけど診てもらいたいが、東京に戻るのが少し先なので、現地で応急処置を受けた方がよいかというご相談でした。おそらくどこの歯科医院を受診しても、折れた歯を戻すことはせず、仮の差し歯を作って入れるのではないかと思います。そうなると、もし戻せるような状態だったとしても、もう戻すことが出来なくなります。しかし楽しい旅行で前歯の無い状態というのは気の毒なので、ダメ元でアロンアルファで付けてみることを提案しました。

旅行後に来院されましたが、結局アロンアルファは試さなかったとのこと。歯が粉々になって戻せないと思ったのだそうです。見ると、粉々の破片は隣の歯(左上側切歯)のレジン充填が外れた物のようで、折れた左上中切歯は歯を戻すことができるようです。しかしながら、折れた歯はレジン充填によるツギハギ状態で、少々の2次カリエスがあります。普通ならクラウンにすべきとは思います。しかし2か月後にコンサート本番があるということもあり、とりあえず戻してみましょうということになりました。
破折面のカリエスを削り、そこに接着剤が入る隙間ができました。そこで、今回はスーパーボンドではなく、レジン充填剤(フロアブルレジンといって、強度はあるが流れがよく薄くできる)を使うことにしました。隣の歯は普通にレジン充填しました。
咬合調整も必要なく、ほぼ元通りに戻せたと思います。楽器持参ではなかったので試奏していませんが、多分大丈夫でしょう。

16082311608232


|

« 折れた歯を戻す | Main | 反対咬合とトランペット演奏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 折れた歯を戻す その2:

« 折れた歯を戻す | Main | 反対咬合とトランペット演奏 »