« 親知らず用アダプター 続き | Main | 前歯を再現する »

March 27, 2016

トランペット奏者が側切歯を抜いたら(4)

さらにその後のお話です。

右上側切歯抜歯後、人工歯を片側だけスーパーボンドで接着し、特に問題なくしばらく楽器を吹いていた当団首席トランペット氏。シュミット4番の次のシーズンは若い者にトップを任せ自分は2ndを吹き、その次のシーズンの「復活」で復活するかどうかというところでした。

復活のシーズンが始まって少しして「ハイトーンが思うように出ない」というのです。歯の長さを調整してみますかということで来院いただきましたが、口を見て気が付きました。
抜いた側切歯の歯肉部分が凹んでいました。歯を抜いて歯根があった部分が骨吸収を起こすから当然のことです。おそらくこれが原因なのではないかと思い、試しにシリコン印象材を使って薄くその凹みを埋めて吹いてもらいました。

高音域でぶら下がってしまう音程が直りました!
ずっとシリコン印象材というわけにもいかないからレジンでアタッチメントを作る予定でいました。

でも使ってくれないんです。キヨハラみたいにクスリに頼りたくないのだそうです。人工的な補助はクスリのような物ということでしょう。ここまで来ると精神論だからしかたありません。骨が凹んだのを戻すのだから良いと思うんですけど・・・

おそらく抜歯後の歯槽骨吸収は半年~1年くらいで収まるので、もうそろそろ落ち着くとは思います。


※抜歯後の歯槽骨の凹み具合は16.8.22の「折れた歯を戻す」でご覧いただけます。


補足(9/3) :やっぱり使っていたんだそうです、あるとないとで高音域の出が全然違うそうです。さすがにシリコン印象材はちぎれてしまったそうで。半年たちますから。作り直します。

|

« 親知らず用アダプター 続き | Main | 前歯を再現する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トランペット奏者が側切歯を抜いたら(4):

« 親知らず用アダプター 続き | Main | 前歯を再現する »