« 親知らず用アダプター | Main | フルート演奏で下顎左側前歯は前に出る? »

February 05, 2016

表情筋・咀嚼筋モデル

160205

表情筋・咀嚼筋モデルが届きました!筋肉が一つずつ外せて磁石で戻ります。解剖学の教授をしている同級生が開発にたずさわっていて新潟の会社が作っています。
当院では筋機能療法やオーラルリフレクソロジーに取組む歯科衛生士さんたちの勉強用にと購入しましたが、管楽器の奏法を教える人にもとても役立つんではないかと思います。

もう10年以上前だと思うのですが、某管楽器専門誌で、金管楽器演奏のアンブシュアで「笑筋」がとても重要で、笑筋は咬筋に付着しているから、正しい奏法だと咬筋が疲労する・・・といった内容のインタビュー記事がありました。ええっ!であります。笑筋というのはエクボを作る筋肉で、世の中にはエクボを作れない(つまり笑筋が欠損している)人もいるくらい小さい筋肉で、咬筋に付着なんかしていないわけですよ。疲れた筋肉というのは咬筋ではなく頬筋の後方ではないかと予想しました(本当かどうかは確かめようがありませんが。)
解剖用語を使うのであれば正確であるべきで、良くわからないのなら、もっと漠然とした言葉で説明をすればよいのにと思いました。医学的な知識があれば、各筋肉の起始部・付着部がわかるので機能もわかるのですが、おそらく二次元の筋肉図をみて位置だけで判断されたのだと思います。
もしかしたら誤植という可能性もあると思い出版社に問い合わせました。いろいろな考え・主張があって当然でクレームするつもりはなく、誤植かどうかだけ知りたかったのに、出版社が勝手に問合せメールをその方に転送し、その結果、その方ご自身のHPに転載され悪口書かれてしまい、いやな思い出となりました。

こんな三次元モデルがあれば、管楽器奏法の理解も深まるのではないかと思います。購入ご希望の方は、こちらからお問い合わせください。医学用機材としては格安と思います。
http://www.mmi-co.jp/hyoujyoukin7.1.pdf

|

« 親知らず用アダプター | Main | フルート演奏で下顎左側前歯は前に出る? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 表情筋・咀嚼筋モデル:

« 親知らず用アダプター | Main | フルート演奏で下顎左側前歯は前に出る? »