« マウスピースと右手とアンブシュア(3) | Main | 矯正治療後の安定について »

January 12, 2016

薄いリップガード

少し前に、3mm厚のシートで作製したリップガードが有効だったクラリネット奏者の話を書きました。

今回は、このところ1mm厚のシートで作製した物が有効だった人が続いたので、紹介したいと思います。1mm厚のシートで作製すると出来上がりは0.5mmくらいになります。

アマチュアのクラリネット奏者の方で、マウスピースが不安定なため調整が難しい。マウスピースのパッチの左側だけ穴が開くので前歯の不揃いのためではないかということでした。楽器はほぼまっすぐです。
まず、咬合紙(咬んだ所に印がつく)を使って当る箇所を確認しながら左上の中切歯を削って調整し、安定するようになり音も変わったのが確認できたのですが、せっかくなので私の方から、マウスガードを試してみませんかとご提案しました。普段は紙を畳んで使用している方ですし、レントゲン↓でわかるように元々下顎をかなり開いて吹いているので、レジンで作製するタイプのアダプターでは厚すぎるのではないかと思ったからです。

少し前にプロのクラリネット奏者の方に、当院で通常作っているタイプのアダプターを作り、限界まで薄く削って調整して一応満足していただいたのですが、念のために複製が欲しいということで作製しお送りする際に(遠方にお住まいの方のため)、もしかしたら薄いほど良いかもしれないと、一緒に1mm厚のシートで作製したリップガードをお送りしたところ、好評だったのあります。顎位をあまり変えない方がよい人には極薄のリップガードは良いのかも、と考えるようになったわけです。

それで試したところ、明らかに音が良くなりました。音の響きが豊かになる感じ。紙との違いは歯との密着具合ではないかと思っております。

1 2


※患者さんご本人の許可を得て掲載しています。


|

« マウスピースと右手とアンブシュア(3) | Main | 矯正治療後の安定について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薄いリップガード:

« マウスピースと右手とアンブシュア(3) | Main | 矯正治療後の安定について »