« 矯正治療後の安定について | Main | 親知らず用アダプター »

January 29, 2016

演奏会で履く靴

皆さんは演奏会本番の靴はどうしていますか?(女性限定。男性はあまり演奏には影響ないよね。)

少し前に、ホルンの持ち方を変えた、つまりベルを膝(正確には右腿)に置いていたのをやめ、右手で持つことにした話を書きました。
今まで右腿にベルを置くために、右脚を後方に開き、普段は右のかかとを浮かせて高さを調整しており、そのため演奏会本番では浮かせずに済むようヒールの高い銀座かねまつの靴を履いて吹いていました。
ベルを持つことで、腿の高さの影響がなくなったのですが、ある日のこと、両足ともちゃんと床に着けると吹きやすいことを発見しました。両足を左右対称にし、骨盤も左右均等に体重が乗るようにし足も体も顔も正面を向くようにすると調子がよいようなのです。ロングトーンもいつもより続くし音も外れない。

この半年ほど、テレビショッピングで購入したウォーキングシューズがとっても楽で、色違いで2足購入し、普段も診療中も履いておりまして、オケの練習もいつもこの靴でした。1足定価3万円超という有り得ない値段(実売半額以下)ですが、この靴だと足裏全体に荷重がかかるので、それがまたよいのでしょう。

さすがに健康サンダル的なこの靴(そもそも黒くない)で演奏会本番というわけにもいかず、考えました。足裏全体に荷重がかかるよう、全体に靴底があり、そこそこのヒールの高さで土踏まずもカバーされているパンプスをネットで見つけ、演奏会はこれで臨みました。歩くのは楽ちんなのですが、軽すぎて足の安定感が今一でした。やはりいつもの健康サンダルの黒いのを調達すべきでした!少々重さも必要だったのでしょう。

それでも本番が終わった翌日、いつもと違い全くノーダメージだったのです。全曲乗り番で高い音も低い音もそれなりに大きい音でたくさん吹いたはずなのに、です。元々唇にはダメージがない方なのですが、吹きすぎた後は頬に疲労感が残ったり、首や背中の筋肉痛が出たりしていましたが、今回それがなかったのであります。
やはり体をひねることなくまっすぐに構えて、それに合わせて楽器をもってくるというのがいかに大事かわかりました。そして、足の姿勢も重要だということです。おそらく体幹が安定するのだと思います。

(肩幅程度に足を広げて吹きましたが、足を揃えて吹くと体幹の筋肉が緊張して良い音がするような気もします。でも疲れる・・・後日要検証。)

|

« 矯正治療後の安定について | Main | 親知らず用アダプター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 演奏会で履く靴:

« 矯正治療後の安定について | Main | 親知らず用アダプター »