« マウスピースと右手とアンブシュア(2) | Main | 薄いリップガード »

December 18, 2015

マウスピースと右手とアンブシュア(3)

さて、こうしてマウスピースのモデルは決まりましたが、あとはシャンクです。
とても良かったJK2DKはアレキサンダーシャンク(AS)なので、4年前は103だったので入り方がちょうどよかったけど、デュルクには入りすぎる。ASだから吹きやすいのか、それともシャンクを変えた方がより良いのかがわからない。とりあえずJK2DKの旧モデルのノーマルシャンクを入手しました。

同じマウスピースでも楽器にどのくらい入れるかの量によって音も違ってくるらしいです。
一般的にシャンクの2/3くらいが入るとよいと聞いたことがあり、それだとJKの場合11~12mm程度出ているのが丁度よいということになります。デュルクに付けた時、手持ちのASでは9mm、ノーマルでは13mm出ます。
ノーマルの方が重厚感のあるしっかりとした音色のように思うが、ASの方が吹きやすく良く鳴る。シャンク以外は同じはずなのになぜだろうと観察した結果、この4mmの差は構えた時の楽器の位置に大きく影響するようで、ノーマルの方が少々マウスパイプが下向きになり下唇へのプレスが強くなるようだ。つまりマウスピースが長くなった分左の前腕(肘から先)が下がるためだ。意識的に上腕を動かして楽器を上げて角度を変えるか、顔の向きを下に向ければマウスパイプの向きを調整できるようにも思うが、ASの方が楽は楽。

シャンクの入り具合は、音色だけでなく楽器を持つ姿勢やアンブシュアにも影響があるのだなということです。それも含めてこの2DKASがとてもよかったということなのでしょう。


とりあえず終わり

自分で読み返してみても、わかりにくい文章ですね。すみません。

後日談(2016.2.15)
今シーズンは上吹きパートなのでJK2DKだと高音域の音色がイマイチできつく感じるため、JK2EMにしてみたら、以前はデュルクに合わせた時音程が壊滅的だったのに、普通でした。多分右手の構え方を変えたためと思います。やっぱりダメ、相性の悪い物は悪いようです。

|

« マウスピースと右手とアンブシュア(2) | Main | 薄いリップガード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マウスピースと右手とアンブシュア(3):

« マウスピースと右手とアンブシュア(2) | Main | 薄いリップガード »