« マウスピースと右手とアンブシュア(1) | Main | マウスピースと右手とアンブシュア(3) »

December 18, 2015

マウスピースと右手とアンブシュア(2)

この103GPにはボアが4.2mmのマウスピースを合わせると良く鳴ると思っているので、手持ちの4.2mmのマウスピースを数多く吹き比べた中でアンブシュアが良い物を選び、最終的にブレゼルマイヤー2F4Sとアトリエモモ33CXの2つを最終的に残し、両方とも吹いているところのビデオをスマホで撮影して、アンブシュアがより無駄のない動きをする方として2F4Sが勝者となり、2回ほどオケの練習に使いました。さすがに楽器はよく鳴るのですが、治ったと思った左の五十肩は痛いし、翌日背中が痛い。2F4Sはリム幅が大きく平たいため安定はするのですが、もしかしたらリムのために楽器の向きが限定されて体痛いのかなとも思いました。

肩も体も痛いので103GPは諦めデュルクにし、マウスピースは同じJKでも今シーズンは低音パートのため2EMでなく2DKを使ってみました。

丁度その頃、パイパースのホルンの右手に関する記事を読んだのです。

何せ私のデュルクは音程が信用できない。もしかしたら右手のせいなのではないか、確かに私は被せ過ぎの傾向があるし・・・。まず、ベルと手のひらの間を開けることにしました(4~5cm)。丁度JK2DKに変えたばかりということもあり、自分の耳に聞こえる音が違い過ぎて凄い違和感なのです。いつもはその違和感に我慢できず右手を被せてしまっていたのですが、3日間我慢して吹き続け、慣れることができました。
私は長年ベルを膝に置く派だったのですが、ベルを持って吹くのにも違和感がなくなりました。そうか右肩の位置の問題だと気が付き(つまり右肩を後ろにする)、正しいとされる右手のフォームに近づけることができました。ベルを持つと首の向きは自然だし、肩が内向きに入らず楽な姿勢です。各音にマウスピースが対応できるのでアンブシュアも良くなる。ああ、なんで今まで膝に置いていたんだろう・・・(後悔)。

デュルク+JK2DKでベルを持つようになっても、相変わらず音程は変で、特に実音FとGが異様に高く困っていました。ある時新しいJK2DKのリムが、前に使っていた2EMのリムと全然違うことに気が付きました。JKは数年前にモデルチェンジをし「A-1」というモデルになり改良されたことは知っていました(それで最近買ってみた)。リムがかなり幅広になり、バックボアも変更されているようです。このリムの違いに吹いていて気が付かない私もどうかと思いますが。旧モデルの薄いリムの2DK(ASだけど)を持ってることを思い出し吹いてみたら、素晴らしく吹きやすい!今まで体験したことがないくらい吹きやすい。音程も気にならない。

実は4年前に「ホルンの右手」の研究で有名なシティリバーさんに楽器の調整に出したとき、私の右手に合うマウスピースは「JK2DKのアレキサンダーシャンク」と言われたのです。シティリバーさんの所には私の右手の模型があり、楽器の修理・調整にはその右手を使うのですが、シティリバーさんがおっしゃるには、私の右手にはそれが合うというのです。ここでいうところの「ホルンの右手」とは、右手の位置やフォームではなく、その人の右手自体(大きさや厚さ)のことです。言われて一応JK2DK-ASを入手しましたが、その頃はUカップが好きで薄いリムも嫌いだったので使わず終いでした。

正直その時は「右手でマウスピースを選ぶなんて」と思っていましたが、びっくりです。もちろんたまたまかもしれません。2DKは中庸で一定の評価のあるマウスピースですから。
でも、アンブシュアで選んだけど、結果的には「自分の右手に合う」と言われた物と一致したわけです。右手に合うというのは、どういうことかというと(違っているかもしれませんが私の理解では)「音程が良い」ということです。音のツボが各音正確なので、アンブシュアや手の操作をしなくても吹ける。つまりどの音も良いアンブシュアで吹けていい音がして外れないということになるのです。いわゆる「インチューン」ということでしょうか。

続く


※シティリバーさんでは、楽器と右手に合うマウスピース探しもしてくださるそうなので、興味のある人は相談してみてください。ドンピシャなのが見つかると飛躍的に上達するらしいです。

|

« マウスピースと右手とアンブシュア(1) | Main | マウスピースと右手とアンブシュア(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マウスピースと右手とアンブシュア(2):

« マウスピースと右手とアンブシュア(1) | Main | マウスピースと右手とアンブシュア(3) »