« トランペット奏者が側切歯を抜いたら | Main | リップガード »

July 07, 2015

トランペット奏者が側切歯を抜いたら(2)

このお話は続きがあるのですが、その前に「差し歯」について少々ご説明したいと思います。

「差し歯」というと前歯の補綴物全般の一般名称のように使われたりもしますが、専門用語で「歯冠継続歯(ポストクラウン)」のことをいいます。歯冠をスパッと削り取って歯根のみ残し、歯根の中に柱(ポスト)を入れるための穴をあけて、柱と歯冠が一体となった補綴物を差し込むわけです。
この治療方法は、私が学生だった約30年前には既に推奨される治療ではなく、やり方を教わることもありませんでした。しかし当時は保険点数が認められていました。前歯の治療は、レジン充填もしくは前装冠あるいはジャケット冠ということになりますが、当時やっと光重合のレジン充填剤が出始めたばかりだし、前装冠・ジャケット冠は保険適応ではなかったので、「差し歯」が一般的な治療だったのだと思います。(現在は前歯のレジン前装冠・ジャケット冠は保険適応になっています。)
歯質が十分に残っていてもそれをすべて削ってしまうわけですし、構造上適合が悪くことが多く、外れたり歯根が2次齲蝕になりやすい。また、歯根に楔状に力がかかるので歯根破折を起こしやすいのです。つまり抜歯になってしまうリスクが高いということになります。

現在は保険から外れているのでこの方法は行われていませんし、若い世代の口にはあまりないのではないかと思います。しかし、熟年層の管楽器奏者がトラブルを起こしやすいのが、昔治療した「差し歯」ということになります。

当団首席トランペットのおじさんは、差し歯が壊れて直したときに、以前よりも前に出たと言っていました。彼は同級生のやはり現役アマオケトランペット奏者を連れてきたのですが、同じように上顎側切歯の差し歯が一度外れて、付け直したら楽器が鳴らなくなったというのです。よく話を聞くと、以前よりも前に出ているようだということで、本来の位置と思われるところで付け直したところ、無事音が出るようになったのです。
差し歯が外れて再接着をする場合、歯科医師は差し歯を少し前方にずらして付けてしまうのではないかと思うのです。それは単に差し歯が緩いため接着剤の硬化待ちの間に綿を噛んでもらう時にずれたのかもしれないし、差し歯に咬合力がかからぬようわざとずらして付けたのかもしれない。それはわかりません。
金管楽器にとっては前にずれるというのは口唇の痛みにつながるし、それを避けるためにアンブシュアが崩れてしまうことにもなります。
また、お二人とも歯根の前側部分が破折していました。これは、差し歯がずれたことで楔状の力の方向が変わって破折につながったと想像できます。

|

« トランペット奏者が側切歯を抜いたら | Main | リップガード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トランペット奏者が側切歯を抜いたら(2):

« トランペット奏者が側切歯を抜いたら | Main | リップガード »