« トランペットのための矯正治療 | Main | マウスパイプとセーム革 »

February 15, 2015

金管楽器は文化に合わない??

2年以上前の雑誌なのですが、きっと自宅で読もうと持ち帰ってそのままになっていたのが掃除で出てきたので読んでみたら、こんな記事がありました。アポロニアという歯科医院経営情報誌です。


小児歯列不正を起こす要因 ブラスバンドも影響?

近年、小児の歯列不正が頻繁に見られるようになった要因として、軟食傾向が挙げられる。軟食による歯列の舌側傾斜は確かに大きな要因であろう。これに加え、最近、少し気になっているのは、ブラスバンドの練習に熱心な子どもに歯列不正が多い傾向があること。金管楽器を演奏するには、吸い口を密着させて頬筋を大きく狭める必要があるため、習慣化すると舌側唇側への歯列傾斜リスクになると考えられる。その結果、舌が沈下して口呼吸となり、SAS気味の子どもが多い。
これに対して、東洋の伝統的な管楽器は吸い口を密着させず、頬筋にも負担が少ない。軟食傾向も金管楽器も異文化受容といえるが、「文化に合わないことをすると生体に影響する」のかもしれない。
(アポロニア21/2012年10月号より)


「金管楽器を吹くことで、頬筋をすぼめて歯列に圧力がかかる習慣がついて、歯列が傾斜してしまう」ということをおっしゃっているのだと思います。
まず、金管楽器を吹くときの頬筋の使い方と、口腔周囲の習癖で頬筋をすぼめるときの使い方は全く違う。もし同じだとしても、よほど悪い吹き方であり長時間の演奏に耐えられないだろう。金管楽器を吹いている私の経験として、吹かない時は口の周囲はリラックスさせるので、習慣化する子供が多いとはとても思えない。
私の想像では、まったく別の原因(=鼻炎や狭い気道など)で習癖がある子供がたまたま金管楽器を吹いていたという事例を見て、その歯科医師はそう感じているのではないかと思います。

百歩譲って実際にそういう印象が正しいとして、不正咬合を引き起こす口腔周囲の機能異常を元々持っている割合が高いということはあるかもしれません。
もっともスポーツも楽器演奏と同様に口呼吸を引き起こす誘因になる可能性があります。

最近、トランペットを始めたのが原因で歯並びが悪くなったと一般歯科の先生から紹介があった。元々鼻炎があり口呼吸をしているために前歯の唇側傾斜と開咬が起きている可能性がとても高い。開咬のためトランペットの影響を受けやすくて少々の叢生になった可能性はゼロでないにしても、必ず別に原因があるはずである。
以前のブログに書いたように、口呼吸の誘因の一つになる可能性はあるとは思う。しかし、アメリカのメジャーな歯科矯正学の学会誌では、管楽器が成長期の子供の口腔機能の発達に役立つという論文がある。


ということで、歯科医師(私の印象では特に小児歯科)が歯並びや咬み合わせが悪いことを、楽器演奏のせいにすることが増えてきたように思いますが、私の意見としては、多くの場合他に主たる原因があるということであります。


そもそも、「金管楽器のような文化に合わないことをすると生体に影響する」って???
日本にも「ほら貝」という伝統的な金管楽器と同じ発音方法の楽器があるし、調べてみたら、東洋の各国に伝統的なラッパが存在する(ネパールの「ドゥンチェン」、チベットの「ラグドゥン」など)みたいですよ。

|

« トランペットのための矯正治療 | Main | マウスパイプとセーム革 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/61115478

Listed below are links to weblogs that reference 金管楽器は文化に合わない??:

« トランペットのための矯正治療 | Main | マウスパイプとセーム革 »