« 重たい音 | Main | トランペットのための矯正治療 »

February 03, 2015

リッププロテクター

この前、大学の同期の同業者(つまり矯正歯科専門医)から電話があり、トランペットを吹いている患者さんについて聞かれました。リッププロテクターはどこのを使っているのかというお尋ねでした。

「リッププロテクター、私は使ってないよ。○○社が出しているから一応在庫はあるけどね。さらに厚くなってしまうので吹きにくくなるから薦めていない。痛くて吹けないって言っているのなら、痛みに関しては効果があると思うので、試してもらえばいいと思う。でも、たぶん吹きにくいよ。
それよりも、ブラケット(歯につぶつぶ付ける矯正器具のこと)を小さくて薄いのにして、リガチャワイヤーの代わりにモジュールリングにすると、ずいぶん楽になるよ。全く同じには吹けないけどね。」

と説明したところ、彼はそれらの情報から判断し、一度治療は中断し、高校生になってトランペットをやめたら矯正を始めることにする・・・だそうです。

患者さん本人が納得なら、それが一番良いかもです。
矯正歯科医はいろいろなこだわりを持って治療をしていますから、自分の使っている矯正器具やリガチャ―のやり方を、患者さんの都合で変えたりはしないんです。

リッププロテクターの写真を撮ろうと探してみたら、見つからなかった。3年前に診療室の移転をしたときに行方不明か・・・。注文することにしました。スポーツ用マウスガードの代わりにはいいと思うので、やっぱり在庫は必要かな。管楽器やっている患者さんで試したい方もどうぞ。

リッププロテクターは、こんな感じ。メーカーさん的には、管楽器を吹いている患者さん向けにすすめております。

1423039038526.jpg

最近出た新製品で、薄いシート状のカバーがあるので、リッププロテクターよりも吹きにくくなりにくいかと思います。また、シリンジからシリコンを出すタイプのプロテクターも最近の新製品であります。
でも、当院ではブラケットやリガチャーの工夫で、痛くて吹けないという人はほとんどいないですし、血だらけになるということは絶対ありません。シリンジから出すタイプのシリコンは思うように薄くすることが難しいので、当院では、必要な方にはヘビータイプのシリコン印象材をお渡しし、自分で練って使っていただいております。

|

« 重たい音 | Main | トランペットのための矯正治療 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リッププロテクター:

« 重たい音 | Main | トランペットのための矯正治療 »