« October 2014 | Main | February 2015 »

November 2014

November 19, 2014

重たい音

金管楽器において、上の前歯の形と音色については、私の中で法則があります。


歯を長くする・歯の隅角を開ける=音が軽く・明るくなる、吹奏感が軽い
歯を短くする・歯の隅角を閉じる=音が重く・ダークになる、吹奏感がきつい


歯を長くするのと歯の角を開けるのはほぼ同じ効果がありますが、咬合やアンブシュアを見て、どちらで調整をするかは状況によって選びます。

先日来院したトランペッターの話を書きたいと思います。かなり昔に当院で矯正治療をしたのですが、少し前に上の前歯の中央の隙間を埋めに来院し(自分で歯を削った)、その時、隙間を埋めるだけでなく、削って短くなった歯の長さを戻すことを私が提案し、少し長くして(私にしてみれば標準的に)形も普通にしたのですが、それからしばらくしてまた来院しました。

見ると、私が長くした歯はスパッと削られていて、短くなっていたのですが、今回は下の前歯に隙間ができたから埋めてほしいのと、下の前歯を長くしたいというご相談でした。
下の前歯には元々隙間はなかったのですが、自分で上の前歯の長さを削って前歯が咬まなくなっており、そのために少々の舌癖でおされて隙間が開いたと考えられます。

私は、基本的に「歯は歯らしい形が望ましい」という信条でいます。いわゆるその楽器らしい音を出すためには必要と考えているからです。

しかし、ジャズの場合は何でもありだと思うんです。もちろんジャズの奏者でも歯らしい歯の形で、クラシックでも通用する音色で演奏している人は多いでしょう。でも彼の場合、人と違う個性的な音を出してナンボ、人よりも突き抜けてナンボなんでしょうね~。上の歯の長さについても納得をし、下の隙間も閉じて前歯で咬合するようにほんのちょっと長くし、さらになるリクエストで上の前歯の隅角(正中部分)をピチッと直角にして閉じ丸みを排除しました。

思いっきり重たい音になりました!!

1411191 1411192

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2014

やっぱり歯の開きは左右対称がよい

8月11日の記事で、歯を元に戻したトランペット奏者の話を載せたのですが、その彼が先日来院しました。
吹き方が問題と気づきアンブシュアの見直しに取り組んでくれたようです。それでも自分が思うようなアンブシュアにならない、歯列が左右非対称だからではないかと、アダプターを希望していました。
吹いているところを見ると、以前のように横に引いて口角の幅でコントロールすることはなくなったのですが、まだ若干引き気味になり高音域で雑音が入ります。

確かに左右非対称ではありますが、唇側面の問題ではなく、上下の前歯の間隔の左右差が問題と思い、歯を長くすることを提案して、試してみました。
試すときは歯に接着させないで右下の2番3番をつなげて長くしてみたところ、とても良くなってアンブシュアも安定するし、本人も納得。
実際に歯を長くするとき、右下2番を少し3番側に張り出すような形で長くしました。それでは、やはりだめなんですね。歯らしい形に修正したところ少しは良くはなったけど、試しに盛った時のようにはならない。そこで、右下3番の近心を少し膨らませました。これで解決!アンブシュアは完璧、高音域もばっちりです。歯の形を変えるとすぐにアンブシュアと音が反応して、とても面白かったので、ビデオに収めておけばよかったな~と思いました。

処置前 処置後(ともに前歯をそろえた時)

右下2番(写真では左側)のレジンは約0.5mmほど。唇側面には盛ってないです。まだ少々隙間があるように見えますが、近隣の歯と移行的にし、しかも咬合に問題がないようにするには、これ以上は長くできませんでした。

金管楽器では、アンブシュアを作った時の歯の開きが左右対称になることがとても重要だということが、如実に表れたと思います。練習を見直して奏法を改善させてあったからこその効果です。
一見歯並びがよさそうでも、上下前歯の正中がずれているときは、このような問題が出ることがあります。

実は私も上下前歯の正中がずれているので歯の高さが左右非対称なのですが、顎をずらして吹くことで、歯の開きがほぼ左右対称になるようにしているようなんです(息漏れとか首などの痛みが出るのは、これが主原因ではある)。でも、少し前にアンブシュア改造をして、左右の口唇の被り具合と左右の筋肉のバランスを整えたところ、ある意味とても吹きやすくなったのですね。顎の正中を合わせて吹くようになったんだと思うんです。しかし、今度は(特に高音域で)音が悪くなった。開いたような音になってしまったのです。おそらく、歯の開きが左右非対称で、口を閉じていったときに、これ以上閉じれないところに来ても片側の歯の開きが大きいために息を絞れずアパチュアが大きくなってしまうのだと考えています。
それで、一時期は自分の歯並びを直そうかと真剣に考えたのですが、とりあえずはあまりアンブシュアを意識せず、息が漏れても気にしないようにして吹いております。どうしよっかな~~。直すとしたらインビザラインの予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | February 2015 »