« 管楽器演奏は口呼吸を誘発するのか(1) | Main | やっぱり歯の開きは左右対称がよい »

October 29, 2014

管楽器演奏は口呼吸を誘発するのか(2)

過去の複数の論文によれば、管楽器演奏は矯正装置としての役割する。つまり、口唇閉鎖を助ける筋肉の訓練となることで、結果歯列・咬合が改善すると考えられている。つまり鼻呼吸の助けとなるはずである。
また、吹奏楽を始めて歯列不正が現れたとしたら、管楽器自体による歯列への圧力が原因と考えた方がよいのではないかとも思った。
どういうことなのだろうと、この講師の先生にいろいろお話を伺いました。

管楽器演奏や歌唱では、息を吸うよりも吐く方が優位になり二酸化炭素が放出されるので、血中の二酸化炭素濃度が減少するのだそうです。すると体は急いで摂取しようとして口から息を吸う。するとますます二酸化炭素濃度が減少するということらしいです。過換気症候群と同じ理屈だそうです。それで口呼吸が再発するということ。
楽器を吹いていて、息はまだあるのに酸素が足りなくなった感じがするのは、血中二酸化炭素濃度が下がることで酸素の運搬能率が悪くなり、それで脳への酸素が行かなくなってボーっとするらしいです。
後戻りに関しては、おそらく初心者で吹き方が悪くて下唇によって余計な力がかかったためではないかということです。

実際私たちはブレスを鼻と口の両方でしているのではないでしょうか?短時間で大量に息を吸う必要があるときは鼻だけでは賄いきれないように私は感じます。楽器演奏時のブレスは、鼻だけで吸うべきか、口と鼻から吸うのか、教科書的にはどうなのでしょうか?
鼻からゆっくり吸って腹式呼吸をすることで、セロトニンが増加して、脈拍も安定して精神的に落ち着くので、演奏中も過度に口呼吸にならぬよう意識した方が、アガらずよいパフォーマンスを発揮できるのかもしれません。

つい先日夜中にひたすらホルンを練習していて(ご迷惑にならぬよう、防音室の中でサイレントブラスを付けて)その後すぐ寝てしまったのだけど、翌日喉が痛いし鼻は詰まるし、あ~風邪引いちゃったかなと思ったのです、普段そんなことないのに。楽器演奏直後は、ほんとに二酸化炭素血中濃度が減ったために、口開けて寝てしまったのかと思い、納得してしまいました。
それで翌日は口呼吸防止のために、口にサージカルテープ貼って寝たのですが、これがとてもいい感じなのです。鼻の下から顎の先まで縦に1本真ん中に貼ります。翌日は鼻の通りもすっきり。
数日前から、口呼吸していそうな患者さんにサージカルテープ渡して貼って寝てね!と勧めています。口呼吸防止用テープというのも売っていますが、普通のサージカルテープで十分です。朝起きると鼻が詰まっているとか喉が痛いという奏者の皆さんにお勧めです。鼻で呼吸を心がけましょう~~

ということで、今のところは「あり」かもと思っていますが、もう少し勉強してみようと思います。
いつの日か(3)に続く・・・

|

« 管楽器演奏は口呼吸を誘発するのか(1) | Main | やっぱり歯の開きは左右対称がよい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/60563499

Listed below are links to weblogs that reference 管楽器演奏は口呼吸を誘発するのか(2):

« 管楽器演奏は口呼吸を誘発するのか(1) | Main | やっぱり歯の開きは左右対称がよい »