« 高速リップトリル | Main | 管楽器とマウスピース矯正(1) »

September 29, 2014

矯正治療後の歯の形態調整

管楽器を吹いている方が当院で矯正をする場合の特徴というかメリットの一つとして、治療中あるいは治療後に歯の形態修正により演奏に適応させられることがあります。
例えば、前歯に叢生がある人は、その歯並びに合わせて歯がすり減っているので、歯を並べていくと歯の切縁部分が不揃いになることがあります。その場合は、矯正治療中であっても、ある程度並んだ時点で、すり減った歯の修復をします。特にシングルリード楽器をやっている人の下顎前歯の切縁の形を整えることは、演奏にとても有効です。

先日、トランペット奏者の方の上顎前突の治療後に歯の長さを調整しました。
元々上顎前歯の傾斜が強い上顎前突でしたので、治療前はリムが上の前歯の唇側面に乗らずに吹いている状況でしたが、矯正治療により前歯の傾斜が改善し、今までにない吹き方をする必要が出てしまったため、適応するのに苦労されたと思います。
矯正治療が終わっても思うように吹けないということで、練習を本格的に再開してある程度アンブシュアが安定してきたら歯の調整をしましょうということにしていました。
矯正器具を外して4か月、演奏時のレントゲンを撮って、歯の長さおよび形態の調整をし、かなり楽に吹けるようになりました。

1409291 → 1409292

治療前の演奏時レントゲン          治療後(歯の調整前)
(コルネットで中音域でロングトーン)     

レントゲンを見るとわかるように、治療前は上下の前歯の隙間は水平的にあります。上顎前突の人でもうまく吹けている人というのは、私の経験では、こんな感じで上下の前歯をそろえることなく、前後的なギャップで隙間を作って吹いているようです。
治療後はリムを上の前歯の唇側面に当てられるようになりましたが、上下の前歯の隙間が狭くなっていることがわかります。だから、特に高音域で息が入らないためにうまく音が出ないという状態になってしまいました。
じゃあ、上下の歯をもっと開いて吹けばよいのに・・・と普通なら考えると思いますが、上下の歯を開くためには下顎を前下方に出す必要があります。単に開こうとすると下顎は後方に回転するからです。この方のようなガッシリしたアゴの形態の方は、下顎が前に出にくいのです。
じゃあどうするかですが、上下前歯を削りました。もちろんほんのちょっとです。切縁をまっすぐ整えた程度です。それに加えて削合面は少々傾斜させ、上の中切歯間の先の三角を付けました。三角を大きくすると歯を短くするのと同じ効果が得られます。これでずいぶん高音域が楽に出るようになったのが聞いても明らかでした。

それからもう一つアドヴァイスとして、ほんのちょっとでいいので顔を下向きにして吹くことを勧めました。レントゲンを見てもわかるくらい少々顔が上を向いています(いつもの顔の向きにして吹いてもらっています)。上顎前突で前歯の隙間を水平的にして吹いている人は顔に対して楽器(マウスピース)の向きが下向きになるため、体に対して顔が上向きになりがちなのです。
最近のブログにも書いたように、顔の向きが少々下向きの方が舌骨上筋群の緊張がなくなり、下顎が楽に前に出るのです。試してもらいましたが、それだけで楽な響きの良い音質になりました。

|

« 高速リップトリル | Main | 管楽器とマウスピース矯正(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/60393989

Listed below are links to weblogs that reference 矯正治療後の歯の形態調整:

« 高速リップトリル | Main | 管楽器とマウスピース矯正(1) »