« 60の手習い | Main | 望ましいアンブシュアの意識 »

August 25, 2014

左手のポジションと音質

お盆休みにとあるホルンキャンプに参加して、楽しい3日間を過ごしたのだけれど、その中でアレクサンダー・テクニークのバジル先生のグループレッスンがありました。各人が演奏上の悩みを相談して体の使い方の視点から解決するというものでした。実はこれを楽しみに関西まで行ったのでした。

私の悩みとしては色々あって、バリッとしたフォルテの低音が出したいとか、リップトリルを確実にやりたいとか、何を相談するか迷いましたが、他の参加者が音を出すアンブシュア周囲に関わる相談ばかりだったので、左手について相談することにしました。昔簡単だったことが今上手く出来ないと、特に細かいパッセージで感じるのは、左手に起因する部分が大きいと思っていて、今使っている楽器の持った感じがしっくりこなくて、近々指かけは取替えようとは思っているけど、腕の使い方(向きや手首の角度など)も問題ではないかと考えていたのでした。

バジル先生の指導は、楽器を持ったら、首をひねって顔を左に向け、マウスピースを口唇に当てる。視線を戻すために体を右に向けるというものでした。あら不思議、楽に指が動くし楽に吹けて音も変わったような・・・。でも、しばらくそれで吹いていたら首の後ろが痛くなったので、再度聞いてみました。首だけをひねれば(首を軸に回転)痛くなることはない、腰からひねっているか頭に無理な力がかかっているかではないかという回答で、非対称な姿勢の例として、フルートの演奏時の姿勢や、ホルンの名奏者の例を出されました。

しかしですね、フルートの場合、確かに必ず頭に対して体が右を向きますが、大抵の人は顔が左に傾きます(アゴの先が右にいく)。首をひねる分、もしかしたら顔を傾けることでバランスをとっているのではないかなと。
ホルンに関しては、以前レッスンで左肩を前に出した姿勢を指導されたことがあります。立奏ですが、ファイティングポーズのような姿勢がよいと。左肩が前、右肩が後ろにくるので、同様に頭に対して体が右を向きますが、足先は正面を向き、その代り左足を前にして重心をかける。もしかしたらそれでバランスをとっているのかもと思うのです。

キャンプから帰ってオケの練習で、指導されたように意識的に首だけ回転させて吹き、椅子に対して斜に座るようにしたのですが、吹いているときはとても調子が良かったのだけれど、翌日は後頭部から首にかけてとても痛かったのであります。特に右側が痛い。薬を飲んでもまだ痛いくらい。もちろん、ホルン吹いているときの姿勢だけが原因ではないかもしれませんが。おそらく、首をひねることで右側の後頭部から肩にかけての筋肉が引伸ばされ、伸びた状態で演奏をすることで「伸張性収縮」しているわけですが、この伸張性収縮は調べてみましたら、一般的なトレーニングでは筋肥大のために行うようですが、筋繊維の微細裂傷を起こし筋肉痛の原因となるということでした。

と書くとクレーマーみたいになってしまいますが、腕を動かす筋肉の緊張が指の動きのみならず、音質にも影響を与えることがわかり、私にとっては目から鱗で、とても良い体験をさせてもらいました。
目的は首をひねることではなく、左腕に無理な動きをさせずに吹くことであります。口にまっすぐマウスパイプを当てるために左手を中央に持ってこようとして、鎖骨を中心とした筋肉が緊張し、口唇にも影響を与えていたんだと思います、つながってますから。腕を楽にして吹く手段はきっといろいろあると思うので自分なりに探してみることにします。

当院では、特にクラリネットやトランペットで「まっすぐ構えたい」という主訴の方が多く、アダプターや歯の調整でまっすぐにできると、単に見た目やフィンガリングだけではなく、明らかに音質自体が良くなる経験をしています。もしかしたら、腕や手が楽になることが口唇に影響を与えているのかもしれないなと思いました。

アレクサンダー・テクニークについては、もう少し勉強したいと思います。


追記(8/26)
いろいろ考えたのですが、首の筋肉(胸鎖乳突筋など)だけを使って首を回そう(顔を左を向く)としても、どうしても構造上頚椎にひねりが加わるわけで、深層筋にも影響があるんだと思うんです。
左肩を前にしようとすると、頚椎自体はひねらずにすみ、それだけでは力が入るので、鎖骨を意識してちょっと重心の移動するかしてバランスをとるとよいように思います。いろいろ動画を見てみましたが、ホルンの名奏者で顔を傾けている人は多いようです。
フルートに関しては、前々から顎が曲がっている(たぶん右にずれている)人が多いと思っていて、どうして曲がるのかわかったような気がします。それについては、また後日。

|

« 60の手習い | Main | 望ましいアンブシュアの意識 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 左手のポジションと音質:

« 60の手習い | Main | 望ましいアンブシュアの意識 »