« 音域により下唇の状態が変わる | Main | 下の前歯も歯の形 »

September 29, 2011

音域による下顎骨、舌の変化:フルートの場合

この前は、下顎骨、口唇、舌、舌骨の音域による変化をホルンの例でお見せしました。基本的には金管楽器は同じような動きをすると思われます。木管もそうかというと、そうじゃないんです。私は口腔内の広さのコントロールは同じようなことをするかとばかり思っていたのですが、フルートのレントゲンを撮らせてもらったらこのようになりました。

110929

フルート演奏時のレントゲンは、通常金属に隠れて歯や口唇の状況がわからなかったり、レントゲンの機械に楽器がぶつかるので頭部管だけで吹いてもらったりしていたのですが、木製の楽器(モダン)を用意してもらい、通常と逆向きにして撮ったので、口唇と歯の関係がはっきりとわかりました。このモデルは当団首席奏者で書物を大量に読む人なので、理屈通りの吹き方であろうと思われます。
今回の講演の準備として、フルートの発音方法、音の調整の仕方については随分勉強しました。簡単に言うと、音域によって歌口の内壁のどこに息を当てると良く鳴るかが違うので、音によって当てるポイントの位置を調整する。息の角度を下顎の前後運動と楽器の内外への回転の組み合わせで調整をするが、人によってその割合は違うということです。角度については楽器によっても違い、その楽器により良く鳴る角度が違うらしいです(フランス奏法・ドイツ奏法のことですね)。
高音域ほど下顎は前方に移動し、低音域では後方にくる。これは低音ほど鳴るポイントが下にあるので、息を下向きにする必要があり低音に行くほど下顎を後方に、さらに下唇も緊張させています。それで、上下前歯の隙間はほとんど変わりません。
わからないのが舌の形なのですが、舌後方の上下的な変化が金管とは逆なのです。これは、音色のコントロールのためかもしれません。高音域で音が薄くならぬように舌で調整をしているのか・・・もうちょっと勉強してみます。


|

« 音域により下唇の状態が変わる | Main | 下の前歯も歯の形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 音域による下顎骨、舌の変化:フルートの場合:

« 音域により下唇の状態が変わる | Main | 下の前歯も歯の形 »