« 予告編 | Main | アダプタで演奏時の下顎位置を変える »

June 22, 2011

オーボエと前歯の長さ

今日は少し前に来院されたオーボエの方の歯のお話をしたいと思います。

アマオケでオーボエを吹いている20代後半の男性、吹いていると唇が痛くなるのが主訴でアダプターを試したいと来院。小学生の時に上の前歯(1|1)を折って短いままになっている。オーボエには一生懸命取り組んでいる感じだけど、残念ながら音質が悪く、よくある口を横に引き過ぎの潰れたミーって感じの音がしていました。

演奏時のレントゲンを撮ってみると、歯が短いところにリードが入っていて、リードをホールドするために通常よりも咬み込む必要があるので、真ん中だけ短いからその脇の部分(側切歯、犬歯)で唇が圧迫されるわけです。
そこで、アダプターを試す前に歯を長くしてみることをお勧めしました。歯を長くするともっと痛くなるのではないかと思っていたとのこと、そんなことないですよ~~。

で前歯をレジンで歯らしく形を整えたところ(2mmくらい長くした)普通のオーボエらしい音が出るようになりました。アンブシュアも激変、横に引いていたのが普通になりました。さらに約2週間後アダプターを試したいということで使ってもらいました。さらに音がよくなったです。元々ちゃんと習ってきちんと練習している人のようなので、さらに上達すると思います。

さて、口唇が痛くないようにするのだったら、上の前歯の高さのバランスを良くすればよかったのだけど、まずは中切歯を歯らしい形にしました。長い間歯が短いまま放置されて挺出しているので、結果として、側切歯との差が大きく上下前歯の被蓋も正常範囲ではあるが大きめになりました。もしかしたらもうちょっと短くした方が結果が良かった可能性もあるし、これだけ長くしたからこそアンブシュアのバランスが良くなったのかもしれない。
アダプタを入れてさらに良くなったのは、見かけ上のジェットが減って下顎を前に出さずに済むので、下唇の力が抜けたのか、それとも歯の高さが増して演奏時の顎の開きが増して筋肉のバランスが変わったのか・・・どっちなのでしょうねえ~。顔の向きも変わってますね。
いずれにしても、どの管楽器も、普通の歯の形をしていてオーバージェット・バイトが1~2mmと小さめが良いという仮説が、オーボエでも当てはまったようです。

治療前 前歯を長くした直後 アダプタを入れた直後
1106221 1106222 1106223
1106224 1106225 1106226

6/25:写真をアップして、文章を一部修正しました。

|

« 予告編 | Main | アダプタで演奏時の下顎位置を変える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーボエと前歯の長さ:

« 予告編 | Main | アダプタで演奏時の下顎位置を変える »