« カスタムメイドのリッププロテクター | Main | II級2類不正咬合 »

November 18, 2008

リムは上唇3分の2

今日は私のアンブシュア改造の話を少々・・・といっても大げな変化ではないです。今年の5月くらいにリムをほんの少々上にずらしたのであります。高音域が圧倒的に楽になり(特に中顔面に無理な力が入らなくなった)リップトリルが楽にできるようになった。けど最初、低音域がスカな音になり、普通に吹けていたことが吹けなくなった。そこで7〜8月に左右の犬歯の高さの調整をし、9月くらいには落ち着いてきました。
では、どうしてそういうことが起きたのか解説します、想像ですけど(最初はわからなかったですが辻褄があうようになってきました)。
私は標準よりも少々上下前歯が前に傾斜しています。以前はリムは下顎前歯に乗っており上顎前歯の唇側面には乗らず中切歯の遠心で位置が決まっていたのだと思います。それでマウスピースは少々下向きだった。それがリムを上にずらすことで上の唇側面に乗るようになった。そうすると下顎を前に出す必要が出てきた。
上唇をリムで押さえるので、高音域で上唇が上がらなくなった。以前は上唇にリムは触るだけだったので高音域で筋肉に妙な力が入ってしまうのが悩みだったのが解決し、上唇に無理な力が入ってないのでリップトリルも楽になったということだと想像してます。その分低音域では下顎をかなり前に出す必要が出てきたけどしなかったので低音がスカになったということでしょう。
図が汚くてごめんなさい、レントゲンを撮った訳でないのでイメージであります。赤い部分はリムの圧力を受ける部分です。
081117

私は下顎の歯列が左に少々ずれていまして少々咬合平面が右上がりに傾いているのです。そのために犬歯の削れ方が左右で違う。そこで右は上をレジンで長くし下を削り、左は下をレジンで長くし、上下の歯の隙間が左右でバランスがとれるようにしました。
たぶんなのですが、以前のアンブシュアでは息の流れが少々下向きで上下の歯の隙間は下から見てバランスが取れていたのでよかったのが、息の流れが変わって真っ直ぐに近くなると正面から見ての上下の歯の隙間のバランスは悪いので音域によるアンブシュアがつながらなくなった(左右にずれる)。だから昔出来たことが出来なくなったのでしょう。今はそういった問題がなくなり、右の口角が上がるのも解消しました。
ただし、顎を前に出す必要が出てきたので、低音域を吹き過ぎると顎関節周囲が痛くなる度合いがひどくなったのが困りものです。

昔はトランペットは上1/3・下2/3、ホルンは上2/3・下1/3と言われていて、求める音質の違いかと勝手に思ってましたが、今時トランペットで上1/3で吹いている人は少ないですよね。一般的には上唇1/2〜2/3と言われているようですが、基本的には機能的な問題でリムの位置が決まるのかもしれません。

|

« カスタムメイドのリッププロテクター | Main | II級2類不正咬合 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/43144623

Listed below are links to weblogs that reference リムは上唇3分の2:

« カスタムメイドのリッププロテクター | Main | II級2類不正咬合 »