« イマドキの若者の顔 | Main | すぼめない »

October 15, 2008

今年の夏は

ご無沙汰しております。もう半年も更新していないので、もう誰も見に来てくれないかしら・・・。
3月に頸椎ヘルニアで首が動かなくなって以来、PCはなるべくいじらない&ホルンの練習もする気しない時期が続きました。夏になって首が動くようになり痛みもだいぶ良くなったので、思い切ってドールのマスタークラスを受けてきました。別に何の野望もないのですが、基本はレジャーとリハビリ、草津の温泉は首に効きそうですし。もちろん奏法の最新傾向を知ることと他の受講生の歯並びと演奏の関係を観察をするのも目的です(本当はただのミーハー、だってドール好きだし)。草津音楽祭は基本2週間なので普通に働いている私にとってかなり思い切りのいることでしたが、行ってよかった!!
私に限らず皆言われていたのは「息」「右手」「姿勢」。単純で初歩的ですけど、これが一番大事なんですね。どの受講生も音が激変していました。
レッスンは当然立って吹かなくちゃいけないのですが、数年前に買った楽器は小指掛けのみ可動にしたけど指が届かないままだし、ただでさえホルンの練習不足でスゴいヒドい状態だったのに、まずは立って吹くこと自体が大変でした。毎日朝8時半から練習して、疲れ溜まるし、アンブシュア変えてわけわかんなくなるし・・・でも東京に帰った時には別人のような音が出るようになってました。
今年は毎コンと重なってしまったので後半は参加者が少なかったのですが、ドールと4重奏も出来たし、最後はおばさん(=私)と高校生でステージのドールに花束も渡したし、ケースにもサインしてもらったし・・・楽しかったです!
立って&大きい音で練習をする、まずはそのための体力をつけるところから始めないといけないです。かえってさっそくゴムバンド(ドールがいつも楽器ケースにいれていて、レッスンで使ってました=腹の支えを保つ感覚を覚えさせる)を買ったのでした。
ということで、ためているネタを少しずつアップして行く予定です。

|

« イマドキの若者の顔 | Main | すぼめない »

Comments

いつもアップデートを楽しみにしております。
ドール氏のお話、皆興味津々なのでは?

やっぱり立っても座っても同じ様に吹けるようでないと何かがオカしいんですね。

ゴムバンド、早速興味津々です。

Posted by: fp | October 15, 2008 at 09:53 PM

fpさん、はじめまして!

ゴムバンドはたぶん腰痛対策の筋トレ用に持っているのだと思うのですが、商品名セラバンドとかBBバンドといったものです。レッスンの小道具としては端を持たせて引っ張り、それを支えるときの筋肉の緊張感を1フレーズ保ちなさいというものでした。

ドール先生に限らず、ゲルマン人の管楽器奏者(今回はアンサンブル・ウィーン=ベルリンの面々)はみな顔の筋肉も背筋もモリモリしていました。

Posted by: kyu-ko | October 16, 2008 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/42796864

Listed below are links to weblogs that reference 今年の夏は:

« イマドキの若者の顔 | Main | すぼめない »