« 金管楽器の差し歯 | Main | カスタムメイドのリッププロテクター »

October 27, 2008

上の前歯とクラリネットの角度

大学オケでバスクラリネットを吹いている学生さんが来院しました。悩みはマウスピースにパッチを貼るが片側だけ穴が開くので、パッチを張り替えると調子が悪くなるんだそうです。上の中切歯の長さは2本ともほぼ同じなんだけど、前後に段差があり内側にある方の中切歯でマウスピースを支えているのです。これは当然で歯並びに対して水平にマウスピースをくわえていれば問題ないのだけど、少々下向きになるので、同じ長さの歯であっても内側の方がマウスピースに付いてしまうわけです。彼女の場合は上顎前突気味なのでそうなりやすいしバスクラだと楽器の構えに自由度が少ないのであります。
そこで、内側にある中切歯の切縁を削ることと下の前歯にアダプターを試してくわえ方を変えることを提案しました。
オケでバスクラを担当するのは、普段普通のクラリネットを吹いている人が持ち替えをするものなので、彼女にはB管を持ってきてもらいました。ところがですね、アダプターを入れると全然駄目だし、前歯をホンの少々削っただけで音が出なくなるし・・・B管自体長年吹いていないらしく、普段からバスクラだけを頑張っているのですね。
萌出したままほとんど磨り減っていない歯だし少々削った位は全く問題ないので、まずは練習してもらうことにしました。バスクラでは左右の中切歯で均等に咬めるようになったということで、今度はアダプターも試したいということでした。慣れたバスクラではアダプターありの方が音質がまとまって良くなったので使うことになりました。

これまた最近アマチュアのクラ吹きが相談にきました。片方の側切歯が内側に転位していて、そこにマウスピースの先が当ってしまい深くくわえられないので音量が出ないのが悩みということ。楽器は下向きで、自分でも意識して下向きにして口をすぼめたアンブシュアにしているのだそう。内側の側切歯の高さがほぼ中切歯と同じくらいなので、楽器が下向きだと側切歯にぶつかってしまうとのです。
そこでまず楽器の向きを上げてみることを勧めました。前歯の咬み合わせ自体は浅めなので、その方が楽なはず。で、悩みはそれで解決。側切歯と反対側の中切歯の2点でマウスピースを支え、無理に口をすぼめずなくてもよくなり、しっかりとした音質に変わりました。上の前歯に対してのマウスピースの角度が垂直に近づいたことで無理な力がいらなくなったのでしょう。少々歯の切縁を削って調整すれば左右中切歯で支えることも可能でしょう。
後で聞いたら、本人は「もうこれは矯正治療をやるしかない!」と決意していたそうで・・・う〜〜ん、良かったのか悪かったのか。結局歯には何にもしませんでした。

クラリネットは2本の前歯で均等に支えることが出来た方が良いです。そのためには、楽器の角度に応じて前歯をほんの少々削るとよいこともあるし、楽器の角度を変えることで解決することもある、というお話でした。


#といっても、上の側切歯が内側にあるのがクラリネットのマウスピースに当るからと矯正治療をする人もいます。最近前歯がほぼ並んだ人がいますが、やはりかなり吹きやすくなったということでした。内側にあっても楽器の角度を変えることで解決しますが、逆に言えば内側に歯がなければ楽器の角度に自由度ができるということです。

|

« 金管楽器の差し歯 | Main | カスタムメイドのリッププロテクター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上の前歯とクラリネットの角度:

« 金管楽器の差し歯 | Main | カスタムメイドのリッププロテクター »