« 顎関節症で管楽器を吹くために(2) | Main | 管楽器奏者にインプラント »

June 05, 2007

歯の相談室

「歯の相談室」を受付けているのですが、昨日今日でまとめて返事を書きました。どうもすぐにお返事できなくて2ヶ月くらい貯めて書いている感じです。お待たせしている皆さん、すみません。1〜2ヶ月経って返事が来てもありがたみがないですよね。同じ時間をかけて考え返事をするんだからなるべく早く・・・するようにします(反省!)。
今日書いたものは最近多いものの代表例って感じです。「親知らずの抜歯」「サックスで顎が安定しない」「楽器の先生に矯正治療を反対された」「矯正歯科の先生に管楽器を反対された」。ここ5年くらいHPの「歯の相談室」を更新してなかったのですが、ブログにしましたので少しずつ載せていきたいと思います。
2年前に症例検討会なんていうのを始めましたが、あまり盛り上がらなかったので尻切れになってしまい参加表明された先生方には申し訳ないです。ココログはブログ3つの契約なので、こちらを歯の相談室に回してしまいました。

2002〜2004年の記録がHD壊れて残っていないのですが、その後のメールは残してあるので、ブログの方に掲載したいと思っているのですが、当時のものを読み返してみると「見てみないとわかりませんが」「メールでは何ともわかりませんが」と必ず書いていて、確かにそうだしそれは断わっておかなきゃいけないことだけど、なんだか相手の読む気をなくすような回答をしてますね、だいぶつっけんどんに書いてるものもあるし。反省です。たぶんその頃、メールで考えた回答と実際の口が随分違っていた経験をしたり、多分少々失礼な相談が来て嫌々書いていた時期があったりしたんだと思います。恥ずかし・・・

|

« 顎関節症で管楽器を吹くために(2) | Main | 管楽器奏者にインプラント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯の相談室:

« 顎関節症で管楽器を吹くために(2) | Main | 管楽器奏者にインプラント »