« January 2007 | Main | June 2007 »

March 2007

March 30, 2007

顎関節症で管楽器を吹くために(2)

もう一つ自分で出来ることとしては、楽器の角度を変化させることである。割と知られていることとしては、下顎を前に出しすぎると顎関節の負担がかかるので、あまり前に出さないで吹くために楽器を下向きにするということではないかと思う。
しかしながら、それをすると音が変わるという点でプレーヤーの立場からはあまり望ましいことではない。多くの奏者は、練習と演奏を繰り返し自分にとって良い音のするアンブシュアにたどり着いてその角度で吹いているのだから。金管であれば下顎を前に出さないで吹くと、口唇の被り具合が大きくなり、通常は音質が暗くこもった音となる。シングルリードも当然音色が変化するが、マウスピースと上の前歯の角度やリードをくわえる位置が変わるためではないかと思う(クラリネットは下向きにした方がそれらしい音になるることが多いように思うが)。フルートであればトーンホールの位置を変えることで下顎の位置を調整できると思うが、口唇の被りが大きくなることで息の角度が下向きになり、通常は音質が軽くなる。
顎の負担が小さくなる方向への顎位の変化により起こる音質の変化が、よい方向であればそれはやるべきであるが、そうとは限らないのである。しかし、顎関節症の症状が深刻であればそうも言っていられないわけで、どっちをとるかはケースバイケースということだろう。大したことなければ、演奏を優先して顎関節症と上手に付き合っていくことを考えればいいわけだし。

ということで私のところでは、アダプターを使ったり歯科矯正治療をすることで、前歯や口唇の条件が良いまま下顎の位置を楽にして吹けるようにしようということをしているわけである。場合によっては前歯をほんの少々削って整えるだけで顎の位置を変えることが出来る場合もある。

下顎を前に出しすぎる人の多くは、上顎前突:上下の前歯の位置が前後的に離れていたり、上下の前歯の被さりが上下的に大きい人であるが、逆に下顎が後ろに押し込められた状態で吹いているために問題になる人もいる。下顎の関節は構造上前方には出るが後ろにはほとんどいかないのであるが、下顎を後ろに押し込めた状態で吹くと顎関節周囲の血行が悪くなったり神経が圧迫されるのではないかと思う。下顎を後ろに押し込めて吹く人は、当然下顎前突気味の人に多いが、下顎下縁平面角の小さい(専門用語ですみません:つまりアゴのラインが水平に近い)人も顆路角が急なので下顎が前に行きにくいのが影響してその傾向があるように思う。

少し前に顎関節症に悩むトロンボーンの音大生が来た。骨格的にやや下顎前突気味だが前歯の噛み合わせはほぼ正常、楽器を吹いているところを見ると顔を少々上向きにして楽器を下向きにして吹いている。演奏時のレントゲンを見ると上下の前歯の位置関係は少々被り気味。おそらく顔を上向きにした方が下顎が後ろに行きやすいのでそうなっていると思われる。顔を上向きにするとどういうことが起きるかというと、下顎や首の後部の筋肉が緊張してしまう。それに加えて顎関節が関節窩に押し込められるので、顎関節とその周囲に負担がかかっているということである。ということで、意識的にアゴを引き顔の向きをまっすぐにして、楽器もまっすぐ前に構えることをアドバイスし、顔に対して楽器の向きを変えることで下顎が自由になることを期待して様子を見ることとした。
割と顔を下向きにして吹いている奏者は多く少々であればむしろいいのではと思うが、上向きだと首や関節に負担がかかるので気をつけた方がよい。自分の正しい顔の向きがわかならい場合は「耳の穴と目の周りの骨の凹みの下」(専門用語でフランクフルト平面=外耳孔上縁と眼窩下縁を結んだライン)が立った時に水平になるようにするとよいかと思う。

楽器の角度というのは顔の向きと顔に対する楽器の向きの2つの要素で決まるので、単純に楽器の角度の問題ではないのです。顎関節症のときに楽器演奏時の構えでチェックすることとして
・下顎を前に出しすぎていないか
・下顎を後ろに押し込めすぎていないか
・下顎の位置が左右のどっちかにずれていないか
・顔の向きが上を向いていないか
ということで、参考にしてみてください。確認したいときは演奏時のレントゲンを撮るとよいでしょう。撮るといろんな情報がわかるので、興味があればご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

March 26, 2007

顎関節症で管楽器を吹くために

顎関節症の場合にどうするかであるが、まず自分でできることとして、金管であればマウスピースの選択、木管(シングルリード)であればリードの選択である程度対処できると思う。

金管のマウスピースの場合、ボア径の大きさと歯の開き(顎の開き)は相関がある(05.11.30のたわごと)。もちろん他の要素を一定にした場合である。つまりボアが大きいと顎を開く必要があるため、演奏時の顎関節とその周囲への負担が大きくなるので、ボアを小さいものにすると良いかもしれない。また、リムを大きくすると低音域で顎を大きく開かなくとも口唇のテンションを下げることができるためか、これまた顎を開かなくとも低音域を出すことが出来るので、低音域をコンスタントに吹かなければいけないようなときには有効かもしれない。
かといって顎関節症の時は特殊なマウスピースを選びなさいと言っているのでなく、マウスピース選びのヒントになればということ。演奏後に顎が痛いような場合にはマウスピースを見直すのも一つの方法だと私は思う。
実際私自身、今シーズン4番(それも結構コンスタントに低ーい音)を吹くにあたり、今までのマウスピースでは演奏後にどうにも顎やその周囲が痛くなって悩んでいたのですが、マウスピースを一つはカップとリムがほとんど同じでボアが少々細いものと、もう一つはカップやボアがほとんど同じでリムが大きいものの2つを用意して使ってみております。どちらも顎関節とその周囲への負担を減らすという点で効果ありでした。

で、木管はリードの厚さを薄くして抵抗感を少なくすることで負担を減らすことができる。もちろんマウスピースやリガチャの仕方でも対処できると思う。どうも特に中高生のブラスの世界では厚いリードを吹きこなすことが美徳とされているような気がするが、必要以上に厚いリードを吹いているのであれば薄くするべきと思う。

最近サックスを吹いている高校生が来て、急に抵抗感を感じるようになったので、歯並びが原因でないかという相談であった。急に歯並びが変わるものではないという話をするが、見ると確かに楽器に抵抗があって息が入らない感じで吹く。おそらくマウスピースを変えたのがきっかけで調子を崩したと想像されるが、まずはアダプターを使って負担を減らしてみましょうということにした。聞くとヴァンドレンの3を使っているということで、そんな抵抗を感じて息が入らないというのならなぜリードを薄くしないのかと尋ねると、3が一番薄いんです!!ということ。高校のブラスの世界では2とか2半は許されないリードなんですかね。
で、後日電話がかかって来て、よその病院で原因がアゴ(?)とわかったのでキャンセルしますということ。当院でも演奏時の顎の位置を確認するためにレントゲンを撮ったけど結果を待てなかったのか、リードが厚いと言ったのがよくなかったのか。あんなにすぐにでも吹けるようになりたいと切望していたから私はじゃあどうするかという提案をしたんですけどネ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 08, 2007

混合診療禁止

外科的矯正治療という治療法は、歯並びだけでなく顎を手術して大きさなり位置を変えて噛み合わせを直すというもので、通常は矯正治療をして準備(=術前矯正)をしてから手術をする。
手術入院自体は昔から保険適応なのだけど、術前矯正も10何年前から特定の施設であれば保険で行うことができるようになった。でも、治療に用いる装置等に制約があるので、私は自費で行っていて、その代わりかなり安めの値段設定にし、保険では認められないリンガルや透明なブラケットでも行っていたのである。
ところが、保険で手術をする場合の術前矯正は保険でしか行えなくなるらしい。混合診療(一つの治療に保険と自費が混在)は認められないということ。それだけでなく保険で術前矯正を行うためには高額な機器(=下顎運動測定装置、筋電計)を持っていることが必要になるらしく、結果個人の矯正歯科医院では外科的矯正治療を扱いにくくなりそうである。
ウ〜〜ン、迷うところである。外科の必要な患者さんは大学病院に回せということなのだろうけど、管楽器をやっている患者さんで外科的矯正治療が必要な場合、かなり配慮しないと治療中には全く吹けなくなるケースが多いはずだ。実際、去年このブログで報告した当院の外科矯正の患者さん、手術後1ヶ月で楽器を再開し、特に問題なく吹けていてハイトーンもちゃんと出るとのこと。治療開始から10ヶ月程で装置を外せると思う。仮にこの人が一般的な方法で治療をしたとすれば、それはできなかっただろう。
その500万円もする高額な機器というのを実は私は持っているので、多分申請すれば何とかなるんだろうけど、面倒だなあ〜〜保険の手続き。どうしようか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 07, 2007

取り扱い中止中

本体のHPの方に書いたように、矯正治療の器具で楽器を吹きにくいことを解消するために、当院ではブラケットに太めのリングをかけるようにしている。ブラケットと歯面の段差が問題なのでリングをかけてなだらかにすることで、随分吹きやすくなる。少々ゴロっとするし見た目も悪くなるので試してみて希望する方にかけているが、トランペットは上の中切歯2本、ホルンはその隣もかけて4本、トロンボーンは犬歯までで6本かけることが多い。クラリネット、フルートには下の前歯4本に太めのリングをかけている。
私の使用していたリングは、ユニテク社の「Sモジュールルーズタイプ」で下の前歯用にはサイズS1(3.6mm)、上の前歯用にはサイズS2(4.4mm)である。このサイズで透明な物はここのだけだと思う。
ところが、少し前に在庫が少なくなったので注文しようとしたら、現在取り扱い中止とのこと。どうやらお役所の認可が降りなくなった様子。似たような物を探せばいいやと思っていたが、どのメーカーのこの手の物が軒並み取り扱い中止中で、管楽器用の代替品が見つかりそうにない。
困った!!何か別な方法を考えないと。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 02, 2007

マウスピースケース作ってみました

Pa0_0000マウスピース探し&いじりをするとドツボにはまるので、極力気にしない&変えないことにしているのだが、今いろいろ探していて(事情は長くなるので割愛)、昔買ったMPを出してみるが、私はMPをちゃんと整理して保存している訳でなく、自分で削ってしまった物はどうでもいいとしても、黒く変色したり先っちょが変形したり、中にはあったはずなのにどこに行ったかわからない物もあって、反省してる。
一方、普段使っているマウスピースは、皆さんどうしてます?ホルンの亀ケースはマウスピースをさす穴がないので、私は小物入れ部分にクロスをしいてそのまま突っ込んだり、オイル入れにそのまま入れたりしてるんですが。
マウスピースケースが市販されているけど、あれってマジックテープでビリッという音がするのがいやで、何かマウスピースに合う小物入れがないかと100均に行ってみたけど意外とないので、毛糸を買って来て作ってみました。いろいろ試作して2パターンに落着きました。105円の毛糸1玉で5つできたので、1つ21円也です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | June 2007 »