« 下の前歯の並びのカーブ | Main | オーケストラのフルート »

October 31, 2006

金管の臼歯部アダプターの効果

アダプターネタが続いてすみません。

私の話で恐縮なのですが、最近結構ホルンの調子がよいのに息がすごい漏れるようになった。合奏ではその息漏れを無意識に止めるらしく、高音域のフォルテで妙に力んでしまい散々であります。それに気がついてさっそく色々試してみた。
061031_12005.8.1のブログで書いたのだが、金管楽器の息漏れの法則というのがあって「息漏れ側の上顎臼歯あるいは反対側の下顎犬歯にアダプターを入れると改善する」というもの。私の場合左から漏れるのですが、左側の臼歯部はむしろ下の方が内側に入っているし、右側の下顎犬歯が引っ込んでいるわけではないのであります。普通に考えれば左側の下の臼歯部にアダプターを入れるのが妥当なので、まずそれから試した。下顎を左にずらして吹いているので下の臼歯にアダプターを入れる事で下顎を真ん中にして吹く事を期待したのだけど。多少効果があるような気もするが、口角が横に引き気味になるし吹いた感じが変わり慣れるのに時間がかかりそう。それで法則通り上に入れてみましたよ。完全ではないけどだいぶ息漏れ収まるし、アンブシュアへの影響が少ない。
考えてみればわかることで、下顎を左にずらして吹いているので(これは前歯とアパチュアの関係から現状ではマストなのだと思う)左頬の上の方が緩む。緩むから息が漏れる。密着させようとするとあまり使いたくない筋肉に余計な力が入るということなんだと思う。下の方は主に口角下制筋あたりが働いて元々密着しているから、アダプターを入れるとむしろ広がって音が悪くなったり筋肉のバランスに影響があったりするのではないかな。頭を右に傾けると少々息漏れが収まるのだが、それは左頬が伸ばされ歯列に寄るからだと思う。元々頬の上部は力を抜くようにしているから(=抜くことができるようになったから)、アダプターが入ってもアンブシュアのバランスを変化させずに息漏れが収まるのだろう。
ただし、さすがに全く同じに吹けるわけでなく、このアダプターを入れると少々中音域の音質が悪くなるような気がする。低音に行く程私の下顎は右にずれていくからのようである。私の場合、アダプターを入れてもお金も通院の手間暇もかかっていないので、何かあるとすぐやめちゃうのが難点なのだけど、使い続けて音作りからやってみようかと思う。

|

« 下の前歯の並びのカーブ | Main | オーケストラのフルート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金管の臼歯部アダプターの効果:

« 下の前歯の並びのカーブ | Main | オーケストラのフルート »