« 前歯の裏側の斜面 | Main | 下の前歯の並びのカーブ »

October 04, 2006

MI臨床の応用

最近歯科の世界で言われるようになった概念としてMI臨床というのがある。=Minimal Intervention Dentistry、つまり最小限の侵襲(できるだけ歯を削らない、できるだけ神経を残す)で治療を行うというもの。

歯の形を変えたいと思ったことのある管楽器奏者は多いのではないだろうか。一昔前なら歯を削って(必要によっては神経を抜いて)いわゆる差し歯を入れないと歯の形態を変えることは難しかったが、接着性レジンの性能の向上により、歯を削ることなく(あるいは削る量を最小限で)歯の形を自在に変えることができる。もちろん限界はあるけど、MTM(部分的な矯正治療)を応用すれば可能性は広がる。

ではこんなこともできるという例として、レジンで歯の長さの調整をした写真を。これで普通に食事ができて意外と丈夫で取れたりしないみたいです。

061004写真の歯の主はトランペッター。最初の来院は上顎の中切歯を0.5mmほど削って短くした。写真1は削った後。元々咬耗してない歯だったのでこれくらい落としても本来の歯の長さ。楽に吹けるようになり音質向上する。
私がそれ以上削るのを拒否したためか、その後他の歯科医院で驚く程歯を削ってくる、おそらく2mmくらい。その後当院で矯正治療をし前歯を後ろに下げ立てた。写真2は矯正治療終了時、矯正治療中は歯の長さを変えていない。歯が短すぎの印象、臼歯部の高さとのバランスも上過ぎ。
矯正治療終了後3ヶ月、高音域の音質が細くなるので中切歯間の切縁に三角の隙間を作りたいと希望される。見ると高音域で口角が上がる傾向があり、それは歯が短すぎることが原因と予想されるので歯を長くすることを勧めた。写真3はこの時歯を長くしたところ。臼歯部とのバランスもいいし私はこのくらいでいいと思ったんだけど。
歯を長くすることで高音域で口角が上がらなくなり、楽にコントロールできるようになる。その後、それに味をしめたのかちょっとずつではあるがどんどん長くしに来院。私は音質が悪くなるのであまり賛成ではなかったが、本人の鼻の下もそれに伴い長くなるので、まあいいかと応じる。さすがに約1年後には写真4くらい長くなってしまい、音質が明らかに薄くなる、本人は吹きやすいと満足していたが。この写真では側切歯も長くした後。中切歯だけ長いときはまるでロナウジーニョのようだった。
現在が写真5。中切歯を少々短くした(ホントは私は側切歯ももうちょっと短くしたいのだが本人が希望しないので)。犬歯と側切歯の隙間を埋めてくれと言われどうしようかと思ったが、もともと尖った形の犬歯なので、本来の自然に咬耗した普通の犬歯を想定して歯の形を膨らませた(長さは変えていない)。確かに口角の支えが変わるのか音質は良くなった(圧力が上がった感じ)。多少深めの咬合なので、どうしても音域により楽器の角度を変える必要があるのが難点だし、私はもうちょっと短くてもいいと思うけど、本人の意思を尊重します・・・。
こういうことをして思うのだが、トランペット仕様の特別な歯の形というのがあるわけではなく、普通の歯の形&本来あるべき歯の形がよいのだ。

歯の長さの音質の関係については次回まとめます。

注)歯と歯の間が茶色くなってるのは虫歯ではなく、昔の治療で詰めたものが変色している(二次カリエスではない)だけです。

|

« 前歯の裏側の斜面 | Main | 下の前歯の並びのカーブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MI臨床の応用:

« 前歯の裏側の斜面 | Main | 下の前歯の並びのカーブ »