« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

August 30, 2006

アダプターの材料

この前患者さんから自主制作のCDをいただき、診療室でさっそく流してます。フルート4重奏で一人はその矯正をした方でもう一人当院でアダプターを入れた方がおられます。
もちろん演奏のためのアダプターですが、入れた時に「これ写真撮影の時に使いたい」というので、せっかくだから違う材料で見栄えよく作り直しました。それがこのCDのジャケットの撮影だったようです。小さな写真でも、上顎側切歯の舌側転位があると陰になって歯がないように写るので、効果があるようです。

ということで、今日は当院で用いているアダプターの材料についてまとめてみます(歯科医向けですね)。

私は3種類のレジンを使い分けています。
・充填用光重合コンポジットレジン:クラレ/クリアフィルAP-X
・即時重合レジン:GC/ユニファストII
・即時重合軟性レジン:亀水化学/マルチガード

<木管(リード楽器)用アダプター>
下顎前歯に入れる比較的大きい物;
マルチガードで作るとアンダーカットを埋めなくても模型も壊れず歯に圧迫感がなくフィットするしとてもいいのですが、研磨ができないのでつるっとしない、割と短期間で変色して茶色っぽくなってしまうのが難点。ユニファストで作ると比較的きれいなのですが、叢生があるとアンダーカットをかなり埋めないといけないしフィットしない。
そこで最近作り方はどうしているかというと、印象をとったら一つは保存用に硬石膏を注いで固まったらすぐ外しもう一度普通石膏を注ぐ。普通石膏を作業模型にして、叢生が大きければパラフィンワックスでアンダーカットを埋め、シリコンパッドかユーティリティワックスで隔壁を作りユニファストを盛り作製する。
口腔内で試適して適合に問題があれば内面を削ってマルチガードを混和して盛り、直接口腔内で硬化させる。
つまり、叢生が少なければユニファストのみで、そうでない時は外面ユニファストで内面マルチガードにするといいようです。

<金管フルート用アダプター>
凹んでいる部分を埋める物;
多くは上顎側切歯の舌側転位のようにアンダーカットに入れないと安定しないので、マルチガードで作るとフィットしてよいので、マルチガードで作ることが多い。ただ、前述のように金管のリム等の力がかからないのであれば、光重合レジンを形にしてから歯面に置きアンダーカットに入り込まないようにして硬化させても大丈夫で、見た目も良くなる。
歯を厚くする物;
薄くアンダーカット等がなく、歯の高さを変えない=切縁を被わないために保持を求められないことが多い。そのため光重合レジンを直接歯に盛って形作る。歯面とレジンの間の水分の張力でレジンが安定するので、薄くても使える物ができます。ただしパッリと割れやすいので取り扱い注意、場合によっては咬合調整して破損しないようにする。
光重合レジンは前臼歯用の方がそこそこフィラーが入っていて強度があり扱いやすくていいです。

その他、吸引形成器(当院ではバイオスター)を用い目的に応じたシートで作製することもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

芥川作曲賞

日曜日にサントリーホールの「芥川作曲賞選考演奏会」に行ってきました。面白かったです。

最初に2年前の受賞者の委嘱作品が演奏され、その後候補曲が3曲演奏されました。普通作曲コンクールだと新曲のスコアが審査されるのだと思うのですが、ノミネートは1年間で実際に初演された作品、つまり音源の有る物でそれなりの実績がある作曲家の作品の中から選ばれ再演されます。演奏後、審査員がステージ上で討論をして選考されるのですが、その話が結構面白く観客の多くは審査も聞いていくようです。
作曲についてド素人の私が演奏を聴いてなんとなく感じたことが、その審査員の話でなるほどそれでそう感じたのかなど納得したりして、あながち私の感覚もおかしくはないなと思ったり。予想は当たりました。
この内容で2千円は安すぎなのに、残念なことにお客が少ない。昔聴きに行ったことはあったのですが、新響の室内楽演奏会とぶつかって長いこと行けなかったのですが、今年は出演の予定がなかったので。新響も邦人作品にこだわって活動を続けて行くならそんなぶつけることなどせず、特にこの何年かは小松先生と演奏会をやっているのだから皆で聞きに行くべきです。それから、新日フィルの演奏は素晴らしかった。こういった現代曲にありがちなお仕事的な演奏でなく気持ちの入ったイイ演奏でした。いや新響はプロより時間をかけて愛情を持って演奏するからよいのだなどと言ってはいられないと思う。

この演奏会は「サントリー音楽財団サマーフェスティバル」の一つでしたが、フェスティバルは明日まで続きます。今日と明日の演奏会では、飲み仲間のオーボエの柴山先生がソロで出演されます。何でもむちゃくちゃ難しいそうで今までで一番さらっている曲だとのこと(これは明日の曲みたい)、聴きに行く予定であります。招待券用意すると言われたのですが、やはりこういうのは自分でお金を払って行かないと日本の文化は育ちません(大げさ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

夏休みモード終了

この1ヶ月は気分は夏休みモードであった、診療室の休診は1週間だけど。
新響のサントリーでの定期が終わって翌週は練習休みなので、つい2週間は自主的オフシーズンでホルンの練習もせず、ホームページ作りにハマり、長岡に帰って船で花火を見たり、大学オケのホルン合宿(OB&現役)に行き若い人といっしょに吹いて日頃の練習不足を解消し、実家に帰って墓参りして親戚集まっての宴会ではいとこの旦那の外人の格闘家に会い、ゴルフして馬刺を食べに行って、この日曜には国立成育医療センターでの病院コンサートに参加して夏休みモード完全終了となりました。今週からは真面目に働きダイエット(!)もせねばと思っております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »