« 管楽器とジグリング | Main | 8ヶ月間の辛抱 »

June 28, 2006

連携

今週の日曜月曜、とある矯正歯科関係の学会に行って来た(私は非会員)。テーマは「連携医療」。歯科の中にもいろいろな分野の専門医があるわけで、矯正歯科医としてどのように他と連携し専門医としてやって行くかということである。
講演の中には究極の歯科治療のような見事な出来のものもあった。いろいろなニーズがあり、また保険制度の縛りの中で、また患者さんの負担とのバランスの中で、何を大切に治療をするかというのは状況によって違うとは思うが、そういった治療結果を生むための手段と学術的な根拠に関する知識を、歯科医として持たなければいけないとは思う。もちろん私は矯正専門開業をしている以上、周囲の歯科医師やその患者さんのかかりつけ医と連携しながらの治療となり、現実として専門医とだけ連携するわけにはいかない。

で、話を聞きつつ自分に当てはめ、いろいろなことを考えた。

私は一応矯正歯科専門開業をしているという点で矯正歯科専門医である。が、同時に管楽器奏者の歯科治療に関してそれなりの専門的な立場にある。いろいろな経験をさせていただいた上でわかったこと、自分が奏法について考えていることなどを活かしてやっていることは、社会に還元しなければいけないと思う。また、矯正歯科医ならではの治療のアイディアを管楽器奏者に応用することもしている。とはいえ、未だにわからないことも試行錯誤中のこともたくさんある。
少し前に、やはり自分で歯冠修復(いわゆる差し歯、被せ物)までやらないと、管楽器奏者の役に立ちにくいのではないかと思い、ある程度の道具や材料を揃え技工所をあたってみたとこがある。しかし、管楽器奏者の歯を考えるという専門家であるためには、すべて自分でやろうとするのではなく連携を考えないといけないと考え直した。アダプターをいれたり数回ですむ歯の形態修正や、通院は月に1回の矯正治療なら、少々の遠方からでも通院可能だが、通常の歯科診療はある程度の通院回数が必要で普通の社会人なら通いやすさが重要である。そういったかかりつけ歯科医とどういった連携をしていくかということだろう。
また、歯のことよりも奏法の問題、つまりプロによるレッスンを受けることの方が必要と思うことも多い。しかし残念ながらレッスンでアンブシュアについて全く言わない人もいるようだし、歯なんて関係ないよと理解のないプロ奏者も多い。私のところには各楽器に(多くは音大の先生も兼ねている)自分の弟子を送ってくる人が1人位ずついるのだが、そういった方々の協力を得ていくことも必要だろう。中には、自分では歯が原因と思ってるけど、アンブシュアと練習方法と何より練習しなさすぎの方が問題の愛好家も多く、上手くなろうという気持ちのない人には無駄かもしれないけど。
そして、他科との連携。これに関しては整形外科の先生が耳鼻科と歯科とグループを組んで芸団協と連携をすることを企画しているが、2年前に演奏家医学シンポジウムを開いてからは進展していない様子。私としては特に精神科や心療内科との連携が必要と感じることもあり、今後いろいろな情報を得て行きたいと思っている。

学会のパネルディシュカッションで、「自分と同じような価値観の人間と連携するとよい」というコメントがあったが、そういう仲間作りをしないといけないということなんだろう。

|

« 管楽器とジグリング | Main | 8ヶ月間の辛抱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 連携:

« 管楽器とジグリング | Main | 8ヶ月間の辛抱 »