« February 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 24, 2006

耳鳴りとクラリネット

この前相談に見えた患者さんはクラリネットの勉強中であるが、1ヶ月前くらいから耳鳴りがするようになったそうである。耳鼻科に何軒かかかって検査を受けたが聴力に異常はなく原因がわからなかったそうである。それとは関係なく虫歯の治療にかかりつけの歯科医院に行った所、耳鳴りが楽器演奏と歯との関係に原因があるかもしれないから、管楽器専門の歯科で診てもらってはどうかと勧められたそうである。
耳鳴りの原因については私は専門外ではあるが、顎関節と耳鳴りは関連がある可能性があることは想像出来る。そこで咬合時と演奏時の側方セファロ写真(頭部の規格レントゲン)を撮影した。
通常、クラリネットのようなシングルリード楽器を演奏するときは、当然前歯が開いた状態となる。人間は前歯を開けようとすると下顎骨が移動するわけだけど、頭蓋骨の凹みに収まっている下顎骨の関節頭を軸にして単純な蝶番運動するのではなく、関節は前に移動しながら口は開くのである。だから、クラリネット演奏時のレントゲンでは通常関節等は関節窩よりも前方にある。試しに耳の穴の1cmくらい前方に手を触れながら口を開けてみてください。関節が動いているのが感じられると思う。これを関節が動かないように口を開こうとする(意識としては関節が前に出ないようにする)と、耳の辺りが窮屈な感じがするはずである。
さて、この彼のレントゲンはどうだったかであるが、予想通り演奏時の関節頭は関節窩に収まったままであった。中音域とハイトーンの2種類を撮ったのであるが、どちらも下顎の位置つまり関節頭の位置には変わりがなかった。この状態で演奏すれば、下顎前歯に力がかかることで関節に何らかの圧力が加わるだろうし、特にハイトーンでは周囲の筋肉にも何らかの負担があることが想像される。
しかしこれは想像に過ぎないわけで、証明は難しいが、アダプター等で演奏時の顎位を変えてそれで耳鳴りが解消すれば、原因はこれだとはっきりする。聞くと数ヶ月前にアンブシュアを変えたということなので可能性は高いと思うが、まずは顎の楽な位置で吹くように心がけてもらうこととなった。今思うとレーザーで圧迫されていた顎関節周囲の血行を回復してあげればよかったかなと思う。

後日談:どうも顎位だけの問題ではなさそうであった。演奏時の顔の向きが上を向いているので、おそらく頸椎に負担がかかって何らかの影響があったかもしれない。顔が上を向くと自然と下顎は後ろに行きやすく、逆に下を向くと容易に下顎を前に出すことが出来る。外人の先生に喉をフリーにするように言われ顎を上げて吹くようにしているということ。首が短いのは日本人だからであって、別に喉が詰まっているからではないんだろうにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

脅威の回復力?

先月の話だが、実は自分の頬(奥の方)を思いっきりガブっと咬んでしまった。しかも本番の5日前である。ちょっと粘膜が傷ついたという感じでなく、もっと深くまで行った感じで舌でさわるとえぐれている感じ、ぼこっと血豆が飛び出ている感じであった。
少し前から飲む機会が続いていたので頬がむくんでいたので咬んだのだろうが、ということは練習不足だったわけで、その日は本当は猛練習をしようと思っていてその矢先の出来事であった。楽器を吹くと痛く、もちろん耐えられる程度ではあるが、無意識にアンブシュアがそれを避けるようで不安定となり練習どころではない。吹くと結構痛いところをみると頬筋は歯列にかなりの力で密接していることがわかる。
翌日、自分で鏡を見てレーザーを照射し表面を焼いてみた。直後はやはり吹くと痛かったのでその日も練習せずおとなしくしていたが、翌日には普通に吹け翌々日には跡形もない。普通、粘膜の傷は治るのに1週間かかるが、脅威の回復力である。私はもともと口内炎しらずなので強い方だと思うが、レーザーはいいかも。
つまり、照射直後はかえって腫れるし痛いが1〜2日で直る。直後にリハや本番がなく数日の猶予があれば、管楽器奏者のもしもの時にレーザーは役に立ちます。(実はその本番の前日の晩遅くにまた同じ所を咬んでしまい、これはどうすることもできなかった!!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2006

アンブシュアメモ

このところ、リムの位置がわずかであるが上に移動したように思う。つまり上唇が下がってリムにクチビルが多く入るようになった感覚なのである。リムというかカップに入る上唇の量が増えて何が変わったかというと、特に跳躍系のエチュードみたいなのが簡単になった。昔は苦手でどっちかというとパスしていたのだが、口の周りにいろんなことをさせないと吹けなかったのが何もしなくても出来る感じ。この上唇が多く入る感じはお気に入りなのだが、その割には、リップスラー系が上手くいかないというか上の方で引っかかるので、どうしてかな〜〜と考えて思い出した。
以下は、3ヶ月前に書いた記事。

最近まったくの練習不足状態が続いていたことは確かなのであるが、その割に自分的には(自己満足)調子がいい気分なのは、下唇を寄せる感じが安定してきたためだと思う。具体的には主に左右のオトガイ筋が内側に寄るのだと想像する。
口唇周囲の筋肉の走行を考えると、そこだけを寄せることはできない。人間の生物としての機能には必要のない動きだからね。だからきっと脳がそこを寄せるように指令を出すと全身の正面中央部が内側に寄るのだと思う。そのため喉や腹の状態も連動するのだろう。
下唇を寄せるというのは口唇自体に厚みが出る。どこを意識するべきかどうかは別として、なんだかんだ言っても音を出しているのはアパチュア周囲の一部の口唇である。

と、ここまで書いて公開せずにそのままになっていた。
つまり、下唇を寄せて厚み(いわゆるクチビルが厚い状態でなく、前後的に厚いこと)を出すことで音が良くなる良く反応する、それは金管楽器に限らず木管(リード楽器)でも同じで、だから腹に力を入れろとか喉を開けろとか言われるのであって、それは単に呼吸や息の流れの問題でなくクチビルと連動しているのだ・・・ということを書こうと思っていたのである。もちろん口唇自体だけでなくて口角の支えとか筋肉のバランスにも関係あるのだろう。
ということで、下唇を寄せ腹を意識することで、困っていたこともアラカタ解決した(つもり)。しかし、練習不足っていう感覚は3ヶ月前も今も変わらないわけで。真面目に奏法の勉強をしたいと思っているのだが、まずは練習する習慣をつけないとなあ。

私のようなシロウトでもあーだこーだと考えながら練習しているわけで、でも昔に考えたことってすぐ忘れるから、こうしてメモに残しておくものいいなあと。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | May 2006 »