« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

January 31, 2006

上の側切歯の舌側転位

この前来たトランペットの患者さん、音大受験生なのだが以前は普通に上手だったのに吹けなくなってしまった(特に高音が出なくなった)というのだが、どうもそのタイミングが前歯の治療の後のようなので見て欲しいということであった。おそらく元は右の側切歯(2番目の歯)が周りの歯並びに比べて内側にはえていたのだと思う。その歯が虫歯になって神経を抜く治療をして、前に出した形に変えてしまったようだった。治療をした歯医者さんはよかれと思ってなのだろうが。この変化がきっかけで上手く吹けなくなったと想像されるが、何せ3年も経っているので、単純に元のように歯の形を戻すことで状況が良くなるとは考えられないと思った。

この側切歯が内側にある(専門用語で舌側転位)というのは、歯並びの種類としてはよく起こることである。一般的には金管楽器を吹くのに前歯はつるっときれいに並んでいた方が良いと思われているんじゃないかと思うが、実はこの2番目の側切歯が内側にあることを利用して音を出している人も多いように思う。多分、私もそうである。
特に上顎前突で上の前歯が前方に傾斜していると、中切歯と側切歯に段差が出来ることが多いが、アパチュアが左右どちらかにずれて凹んだ側切歯をポイントにする(ポイントにするなどと曖昧な表現で逃げて申し訳ない、いずれ現象としてちゃんと考察したい)ことで高音域をコントロールするのだと思う。かなりの上顎前突でも上手に吹ける人には凹んだ側切歯と下の前歯でポジションを作っている人が多いんじゃないかな。
だから、上顎前突の金管楽器の人は、矯正治療をする過程で通常はまず凸凹を直した上で歯の前後左右の移動をするのだけど、一時的に高音域が出なくなることがあるのだが、凸凹を直す時に中切歯は後ろに下がるが側切歯は一度前に出てしまうので、これも原因ではないかと思っている。こういった人は側切歯で下顎の位置を決めているためリムが左右どちらかに極端にずれていることが多いが、矯正治療をするときはこの辺を踏まえて行った方がいい。

で、例の受験生はどうしたかというと、歯の治療前の上手に吹けていた時はもしかしたら右にずれていたかもしれないが、レントゲンで確認するとリムは左右ほぼ中央に位置していて、それほど側切歯が関与していないと思われるアンブシュアであったので、側切歯を元に戻すことはやめ、思い切って上の前歯4本の長さをまとめて少々長くし整えた。奥歯〜犬歯の高さと比較すると少々短かったのと、レントゲンで見るとかなり前歯を開いて吹いていたからである。短いのは元々かもしれないが虫歯の治療の過程で短くなった可能性もある。前歯を長くした結果、それまで出来なかった中音域のリップスラーが出来るようになった。突然上手くなるわけではないと思うが、少しなじんだ所で側切歯の調整すれば高音域も出しやすくなるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

腹に力が入らない・・・

いかん、またしばらくブログ書きをさぼってしまった。

先週は演奏会直前であることとダイエット(ウソ)で頭がいっぱいでブログどころではかった。調子もいいし咳も出なくなったのでいっぱい練習しよう!!と思っていたのに、ちょっと上唇の感覚がいつもと違う感じで。バズィングで感覚を戻すことにしたら何とか切り抜けられた、早く気がついて良かった、あのまま無理に練習したら口を壊すことろだった。思うにダイエットの影響で腹に力が入らずアンブシュアに影響が出たのではないかと思う(ホントか?)。腹とアンブシュアの関係については、先週から書き始めた文章があるのでいずれアップします。
で、演奏会前後はダイエットは中止して打上げで暴飲暴食したため、昨日は2日酔いで午前は死んでまして午後もボーッとしておりました。

ということで、無事演奏会が終わりました。
お客が少なかったのは残念だけど、全体として本番「は」良い演奏だった。そういう意味では新響はさすがだと思うけど、仕上がりが遅くあと2週間欲しかった。
三善の交響三章(これは1番を吹いた)は1週間前に本来のテンポで通した時ぐちゃぐちゃで、指揮者も諦めて遅くしてくれるんじゃないかと思ったら、やっぱり前日のリハも速くてゲーッって感じで。本番前に「これは私の能力を超えた曲だ」と弱気になった時点でだめだったのかもしれないが、2カ所悔やまれることをしてしまい本番中なのに悔しくて涙出た。直近の練習ではいつも大丈夫だったところなのに。調子はまあ良かったとはいえ、今シーズンの半分は咳との戦いでろくに練習出来ずせっかくの機会だったのに残念でならない。ショスタコーヴィチ(こっちは3番)、練習で弦がひどいなああと思っていた1楽章がそれは見事な出来で驚いたりして。4楽章のホルンソロ、ブラボーでした。自分としては今回の全曲乗りは脳味噌爆発でした。
気を取り直して次回アルペンがんばります。

体重?そう簡単には減りません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2006

唇の粘膜がぁ

早いものでマイクロダイエットのモニターを始めて1週間になる。昼だけにしている(それ以外は1食400〜500カロリーで普通の食事・・ということになっている)。昼だけだと実施しやすい。午後は仕事なので夕食まで我慢出来るし、仕事終わってマイクロダイエットではストレスを解放できないし。問題は飲み会の付き合いである。土曜の新響の後は何と!飲まずに帰ることができたのだが、結局この1週間で2回外食&しっかり酒を飲んだ。バツとして翌朝は朝食抜きにしているが、当然その分体重は減らない。禁欲的なダイエットは時間と心に余裕がないとできないと思う、これくらいの息抜きは許して〜〜。
昼にマイクロダイエット飲んで夕方には腹が減って仕事に支障が出そうになるため、空腹しのぎにインスタントお吸い物あるいは梅昆布茶を飲んでいたのだが、熱と塩分のせいか唇がビロビロになる。土曜の夕方にお吸い物を飲んだら粘膜がもろ白くなって、どうも吹きにくかったし。練習不足だった影響もあるんだろうけど。やっぱり間食は甘い物に限るねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 13, 2006

1/22演奏会のご案内

192新交響楽団第192回演奏会<創立50周年シリーズ・1>

2006年1月22日(日)14時開演
曲目 三善 晃/交響三章
   ショスタコーヴィチ/交響曲第8番
指揮 小松一彦
東京芸術劇場大ホール

http://www.shinkyo.com/

というわけで聴きにきて下さい!!
私信もらえればチケット差し上げますので・・・と書いても連絡もらったことはないが。当日券もあるので、買ってもらえると一番いいんだけどネ。

次回の新響はアルプス交響曲。相変わらずホルンは団員募集中です。興味のある方は是非!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 09, 2006

もうすぐ本番

この土日の新響の練習は面白かった。
ここにはとても書けなかったが昨年末の状態は正直よくなかった。単に仕上がりが悪いだけでなく何だかやる気がない演奏で、何でこんな暗くて訳わかんない曲にしちゃったんだろうねという雰囲気さえあった。
しかし、オケは生き物である。特にショスタコーヴィッチは2楽章から始めたのが良かったかもしれないが、何だかワクワクな感じで年末とは別のオケになっていた。気合いのなさは伝染るものであるが、気合いのある音もまた伝染するのである。最初から指揮者が120%で相手をしてくれたのもあるが、表情付けと意味付けをされて曲が生き生きしてくる。単なるンパンパでも、これはこういう背景で・・・と説明があっただけで曲がガラッと変化する。ショスタコーヴィチの8番ってイイ曲だなあ、と皆であらためて口にする。もちろん、まだまだな箇所も多数あるが、これなら本番も何とか期待出来そうである。

とはいえ2曲とも難曲であることは間違いない、本番まで2週間出来ることはしておこう。私はというと、この咳のせいで1ヶ月半程ろくに練習していない(小心者なので少しはしているが)。しかし、何だか調子がいいのである。もちろんいわゆる練習不足の兆候は大いにあるが、何と言うか私的にはアンブシュアの調子がいいというか、自然な感じで吹けるのが嬉しい。1ヶ月半の間、練習不足でキツい曲を吹いている割には全くばてないし。歯を長くしてアンブシュアのいいイメージが出来たのが持続しているのではないかな。

というわけで、演奏会のご案内を次回に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

モニター

お陰様で数日前から咳はほぼ出なくなり、いつまでも薬を飲んでいるのも嫌なので薬を止めている。多少の咳は周りの状況によって出ることもあるが困らない程度である。薬をやめた影響かと思うのだが、顔や首筋が痒い。もしやアトピー性皮膚炎の前兆か・・・と薬を再開しようかとも思ったのだが、しばらく飲まずに様子をみることにする。
丸一ヶ月、抗ヒスタミン剤とステロイド吸入(最初はステロイド内服もあった)を使用したが、実はこの間に2キロ強も体重が増えてしまったのである。ステロイド剤の副作用にムーンフェイス(太ってまん丸顔になる)があるくらいのことは知っているのだが、吸入では口内炎くらいで副作用の心配はない、抗ヒスタミン剤でも太ることはないと医者は言うのだけど、どうも薬と体重増加は関係があるような気がするのだ。
年末に診療室宛にマイクロダイエットのモニター募集の郵便物が来た。あの有名なダイエット食品のマイクロダイエットである。医療用ということで医療機関対象にしているようだ。実は私は昔購入して試みたことがあるのだが、味が駄目なのと根性なしなので挫折してしまったのだが、今回申し込んだのである(なんと無料で2箱)。さっそく今日モノが届いた。複数申し込むことが可能なので、私だけでなくもう一人のスタッフとともにダイエットをすることになった。途中経過と結果を報告しないといけないし、仲間もいるし、今回は頑張れそうである。
その注意書きに、効果が出にくい場合として「ホルモン剤服用中」「抗アレルギー剤服用中」とあり、それって・・・。調べると抗ヒスタミン剤は食欲亢進させて体重が増えるという副作用があるようだし、吸入は全身性副作用はほとんどないと言ってもゼロではないだろうし。そりゃ、医者にとって患者が数キロ体重が増えたって問題ない範囲だろうけど、こっちは大問題!!
そういうこともあって、顔は痒いが薬は止めることにし、マイクロダイエットは新年会続きの連休終了後に開始予定。

新年会と言えば、昨日は椿山荘で歯科医師会の新年会。樽酒を飲みお囃子を聴き獅子舞におひねりをあげて、新年気分を味わいました。抽選会で椿山荘のお食事券が当たっちゃった!!うれし〜〜〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2006

ブログの題名

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

このブログの題名に(仮称)と付いているのは、いずれ何かいいハンドルネームを付けいい題名に変えたいと思っているからである。しかし、思いつかない。私があえて本名でブログを書いているのは、HPの本体である「管楽器奏者の歯のためのページ」を実名で公開しているからである。そのおかげでいろいろな体験をさせていただき今の私がある(大げさ!)のだから。
このブログはHPのコンテンツである「たわごと」のブログ版として始めた。「たわごと」は基本的に歯と管楽器の話題についてブツブツと書いているものである。しかしこのブログでは、日常の出来事や考えたことを何でも書いていた。
一つには、私は子供の頃から日記をつけようとしても長続きをしたことがなく、公開することで継続出来るというのは私にとってちょっと嬉しかったりした。また、他人の日記を覗くというのはなかなか楽しいもので、今のブログブームはその辺から来ているのだと思うが、アクセスの増加もあるかなと。それなら全く本人の特定ができないような匿名で行うべきだな。メールやネット上で内容に関しての話題をされるのはかまわないが、直接顔を合わせて「読んでるよ」と言われるのは正直恥ずかしいし。
あとは、私がアマチュアオーケストラ活動を通じて思ったこと考えたことを書いていた。しかし、これは周りやオケ自体に迷惑もかかるからそう何でも書けるものではないが、新響がどんなオケか皆さんに知ってもらいたいという気持ちもある。
あとは、日頃の診療室での出来事とか書きたいところだが、医院が特定されていれば患者さんだっていい気がしないこともあるだろう。しかし、こうして管楽器奏者の皆さんの治療をし考えたことを、自分のために記録に残しておきたいし、悩んでいる奏者や歯科医の方々にも伝えたい。
芸能人や著名人ではないのだから、何でも実名で書き綴るというのは難しい。実際にこれが元で辛い思いをしたこともあるし、こんなこと書いちゃってと反省することもある。世の中の例えばホルン関係のサイトでも、閉鎖したり休眠状態のサイトが出てくるのも納得出来る。HPとかブログといった文化は始まったばかりである。それに、私にはやりたいことがたくさんあるのにやらずじまいである。結構ブログ書きというのは私の場合時間使うのであるし。目的と内容を考慮して、私のサイトも整理して行きたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »