« スロート径と上下前歯の開き | Main | デトックス »

December 05, 2005

加湿器

日本海側で30年暮らしてきた私にとって、東京の乾燥した冬はとてもつらい。毎年風邪をひいては咳が2ヶ月くらい続くというのを数回、でも春になると何となく直るということを繰り返している。
でも、今年は風邪もひいてないのに気管支炎になってしまった。のどが痛いなあと思っていたら、だんだん炎症が下に下がってきて悪化の一途をたどっている。いろいろ手は尽くしたのに、である。
まず、ちょっとヤバいなと思った時点で医者に行った。医者で出された薬の他にも市販の咳止めや漢方薬を試したり、不味いうがい薬でうがいしたり。それに加湿器と吸入器を買いに行った。加湿器を買いに行ったのは2週間前であるが、平日のビックカメラの白物家電のフロアは普段はすいているのに、加湿器のあるコーナーにはぎっしりお客が詰まっていて大にぎわいであった。私は利用はしたことないが「通販生活」の愛読者なので、その雑誌で紹介しているボネコの気化式加湿器を買うつもりでいたのだが、意外と大きかったし、値段と性能のバランスのよさそうなハイブリッド式という最新の物を買うことにした。すぐにでも使いたかったので寝室用に小さめの物をお持ち帰りした。寝る前に十分に湿度の高い暖かい状態にしておくおかげで、ベットに入ってひとしきり咳をすれば朝までぐっすり寝ることが出来る。
加湿器のある暖かい所でじっとしている分には元気なのであるが、外を歩けない、話ができない、何をとは書かないけど吐いたり漏れたりと、既に人間らしい生活が出来ないところまで悪化してしまった。
極力負担がかからぬようにと普段のホルンの練習もおだやかな内容で数十分で止めるようにしていたが、土曜のオケの練習の後は死にそうで、さすがの私も飲まずに帰った(その分コージーコーナーのケーキを2個買ってその晩のうちに食べてしまったが)。やはり一番悪いのは大音量でホルンを吹くことである。ゲホゲホと周りに迷惑をかけつつ練習に参加していたわけだけど、それでもアマチュアだから何とかなっているけど、これがプロ奏者で同じ病気だったら、廃業か休職して療養生活なんじゃないだろうかと思う。
今まで近所の医者は一通り行ったのであるが、どこでも風邪の延長として扱われ抗生剤や鎮咳薬の種類は違えど似たような処方をし結局軽減はしたかもしれないけど咳が止まるということはなかった。去年は市販の総合感冒薬がむしろ効いたのでずっと飲み続けていたくらいである。でもさすがに今回このまま春まで直らなかったら・・・という不安から専門医を受診することにした。
この辺で呼吸器内科の専門医を捜すも多くは大きい病院であり、紹介状がないと受診出来ない。予約を入れればOKの都立病院があったので、朝から電話をしたのだが混んでいて通じない。いつもの医者でとりあえずの薬を出してもらい紹介状を書いてもらおうかと思ったら、何かの営業が来ているらしくいつまでたっても呼ばれる気配がなかったのでやめ、もうこうなったら文京区周辺に限らず探そうとネット検索したところ比較的近場で個人医院の専門医を見つける。インターネットはホントありがたい。
おそらくアトピー性の咳か咳喘息であろうということで、抗ヒスタミン剤とステロイド剤を処方された。直る希望が見えてきてとっても嬉しいと同時に今まで何年も苦しんできたのは何だったんだろうかととも思う。
でも私、ホルン吹いていて吹くと症状が悪くなるなんて、とても言えなかった。

|

« スロート径と上下前歯の開き | Main | デトックス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/7479482

Listed below are links to weblogs that reference 加湿器:

» 風邪と漢方 Part4(症状にあわせた処方) [ポケット漢方]
  この戦略が功を奏して体温を上げることに 成功してウイルス... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 at 01:34 PM

» 【謎の加湿器】±0 Humidifier [ぱふぅ家のサイバー小物]
加湿器という、いわゆる白物家電にまったく新しい形を提案する製品。加湿と共に、部屋の空気も和む。2005年のグッドデザイン賞ベスト15に選ばれた。色は、ホワイト、ブルーグレー、ライトブルー、オレンジ、グリーンの5色から選べる。 [Read More]

Tracked on December 19, 2005 at 07:56 PM

« スロート径と上下前歯の開き | Main | デトックス »