« 高音域の出にくい前歯の形 | Main | 長くしたのだ »

November 11, 2005

短いほどイイわけではない

今日は実験をした。

以前から私が高音域で上唇が上に上がるのは前歯が短いのが原因だから、前歯を下に下げたいと常々思っていた。前回書いたように金管楽器にとって上の前歯が短すぎることはよくないと私は思う。ちょうどいい長さ(というか高さ)がありおそらく犬歯から臼歯部にかけての歯の高さにを基準にするとよいのではないかと考えている(8/4のブログ)。しかし、元々短くても歯と筋肉にあったリムの位置にすればカバーできるのではないかと思い直し(8/29のブログ)息の圧力を上げるよう心がけて練習をしていた。
私は、口に意識が行かないよう普段は鏡を見ないで練習しているのだが、割とイイ感じの状態になっているつもりだったので今日鏡を見てアンブシュアのチェックをしたのである。口角をほぼ動かさずに吹けているつもりだったが、上のFくらいで微妙に口角が上がるというか口角の上の筋肉がわずかにひゅっと引かれるのである。今日たまたまかもしれないけど、不安定だということには違いない。

このページをお読みになっている人は、私が口唇の上の筋肉をあまり使わないで吹くことにこだわっていることはご存知だと思う。奏法本では「口唇の左右上方と下方の3方向のバランスをとる」「放射状に均等に力をかける」といった表現もあり口唇の上方への力は必要と思っている人も多いだろうし、プロ奏者の中にも明らかに上方への力が勝っている人もいる。もちろん、良い音がして正確にコントロールができればどんなバランスであってもそれは良いアンブシュアであると思う。しかし良い音質のためには口唇上方を楽にし口唇下部の筋肉をしっかり使うことが重要で、優秀な奏者は皆そうなっている、口唇上方に力が入るほどミスにつながると言われ、妙に納得したのであった。

さて、今日は自分の上の前歯を試しに長くしてみた。バズイングも出来るようになったし手は尽くしたのに、こうなれば歯を試そうと思ったのである。実は大昔も試したことがあって、その時はユニファスト(技工用即時重合レジン)で作ったのだが、その時の印象だと全然吹けない感じだった(あまりよいアンブシュアではなかったし)。今日は充填用光重合レジンの流れのよいタイプでやったので削らなくてもそれっぽい形に出来上がる。
長くして吹いてみると(1.2〜1.3mm程度)中音域は何の違和感もなく吹ける。高音域でも口角が上に行かないしhighC〜highF辺りの楽さ加減は驚異的であった。ああやっぱり歯の長さは関係大と実感したのであった。歯面に何の処理もしてないから日常生活に耐えられないのですぐに外したけど、マジに長くしようかと思う。

しかし、自分で歯を短くした人に長くしても上手くいかないあるいは長くした方がいいと説明しても納得してもらえないということもある。最近でも何人かそういう例があったが、皆アンブシュアがなんというか個性的であったので、アンブシュアや練習方法を見直さない限りは良い結果は得られないのだろう。特に短くしたために極端に横に引くアンブシュアになった(おそらく削る前はそうでもなかっただろうに)場合はちょっと悲惨かも。短くした直後は確かに吹きやすいんでしょう、もっともっと短くしようとするんだよね。

|

« 高音域の出にくい前歯の形 | Main | 長くしたのだ »

Comments

こんにちわ、仙台の佐藤です。
私は切縁を少し伸ばす(1,0ミリくらい)で吹きやすくなったと言うことは治療であります。
実際考えるのは歯が長いというよりも上唇がアンブシュアを作ったときに相対的にどの程度覆っているかなということです、骨格性や歯性での突感は色々あるけれども巻き込むような形になっている場合は吹きにくいし高音は出にくいのではと考えますが、どうでしょうか??

Posted by: ミネリン | November 14, 2005 at 03:54 PM

佐藤さん、こんにちは。
なるほど歯が短いがために上唇を巻き込むというケースもあるのかもしれませんね。でも、今回は巻き込む巻き込まないというレベルとは違う次元で話をしています。もちろん前歯の絶対的な長さは無関係であり、あくまでもアンブシュアとの兼ね合いだと思います。
おそらく妥当なアンブシュア(口唇周囲の筋肉のバランス)のためには、私の経験では犬歯から臼歯の高さを基準にすると上手くいくようです。ただ、上の前歯の高さが標準的でないと普通は上唇の位置を調整して吹くから、色々個性的なアンブシュアの人がいるわけです。
歯が短いからといって上唇を巻き込むわけではないです。上唇を上げるか息の圧力を上げることで対応できるが前者は望ましくない。
楽に出るようになったという感覚は圧力を必要以上に上げずに済むからでしょう。おそらく切縁からアパチュアまでの距離の問題だと思います。

Posted by: kyu-ko | November 14, 2005 at 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/7038074

Listed below are links to weblogs that reference 短いほどイイわけではない:

« 高音域の出にくい前歯の形 | Main | 長くしたのだ »