« 歯科用レーザー | Main | お団子型前歯 »

October 26, 2005

バズィング

私はこのところ、たまにであるがバズィングの練習をしている。
バズィング(今回の話はマウスピースもリムもなしでやる唇のバズィングね)については上手くできない人も多いだろうし、必要ないあるいはやるべきではないという考えの人も多いのではないかと思う。私は出来ないことはないけど出る音域は狭いし、特に考えもなくバズィング練習をやろうと思ったことはなかった。しかし、この夏に山にこもってホルンの修行をしてきたときに「バズィングが足りない!!」と指摘を受け、やり方を教わってきたのである。上記のような疑問をぶつけたところ「それはバズィングのやり方を知らないだけだ」とのお答えであった。
バズィングは実際に楽器を吹いているときのアンブシュアとは基本的に違う。リムがないのである。そのリムの仕事の代わりを筋肉にさせるのがバズィング練習ではないかと思う。
さて、その「バズィングが足りない!!」と言われた私の状態はどんなだったかというと、唇の上の筋肉が使い過ぎというのほぼ完治はしていたつもりだったけど、特に高音域になると口唇が上に上がるのである。調子がいいときはそれほどでもないんだけど、ちょうどその頃どうしても上がっちゃって、自分は上の歯が短いからしかたないか・・・と悩んでいたのであります。
では、口唇が上に上がっちゃうということはどういうことかというと、以前あたびしさんがコメントで紹介くださったサイトのマウスピースの中で口唇が前後にバタバタ動いているスロー映像を思い出すとイメージしやすいと思うが、そのバタバタする上唇の量を少なくしているのではないかと思う。つまり、本来息の圧力を上げることでバタバタする速度を上げて高音域を出すべきところを圧力が足りないから口唇を上げることで量(というか面積)を減らすことで速度を上げているんですね、きっと。金管楽器で息の圧力を上げるということは単に呼吸器の問題ではなく、それに耐えるだけのアンブシュア(特に下唇の下あたりや舌)とそれを支える周囲の筋肉(特に喉周り)が必要だということらしいのです。
その感覚を養うのがバズィング練習だということなんでしょう。
それでどうなったかというと、割とすぐに高音域で口唇が上に上がる症状は治り、以前と違うのは、カップの中に入る上唇の量が多くなったような気がする。まだ、自分が良いと思うアンブシュアではコンスタントで吹けないしhighF辺りにくるとちょいと情けない音になるが、高音域の音質が格段に良くなるような気がする。それと若いときから苦手だった高音域のリップトリルが楽に出来るようになったことが大きな違いかも。

|

« 歯科用レーザー | Main | お団子型前歯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バズィング:

« 歯科用レーザー | Main | お団子型前歯 »