« 木管用アダプター(2) | Main | 木管用アダプター(3) »

October 05, 2005

災難

最近ウチで矯正治療を終えた患者さん、上の前歯の歯と歯の間(専門用語で隣接面)に虫歯の治療がしてあってその詰め物が変色して黄ばんでいたので、矯正治療が終わったので詰め直してもらってはと話していたところ、行った先の歯医者さんでラミネートベニア(歯の表側の面全体を削ってセラミックの板を貼付ける;自費治療)を勧められてしまい、せっかくきれいに並んでいるのにそれはもったいない、じゃあ私が今度の来院日に直しましょう(簡単なレジン充填くらいはやっているのです)と言っていたのだが、気になると気になるもので、待てずに違う歯科医院で治療をしたんだそうです。確かに詰め物自体は白くなったが、歯の形が変わってしまった!とSOS。それで今日来てもらったのであります。
確かに切縁が斜めに削られて短くなっていて裏側の形も変わっていて、模型を取って確認してみると明らかにタービンの削り跡がある。虫歯の詰め物とは違うところが削られちゃってるんですね。ところが治療の直後にそれに気がついた患者さん、それを歯科医院で訴えるも、いや詰め物の材料がちょっとついただけなのでとれば戻るとか、絶対削っていないから噛み合せですり減ったんだとか、挙句の果てに楽器が当たってすり減ったとか言われ(フルートが歯に当たるというのか?)、埒があかなかったのだそうです。私のところでは削られる前の写真も模型も残してあるので、今日はレジンで綺麗に元に戻しました。
元々の虫歯の治療跡があまり大きくなかったのにラミネートを勧める歯医者もどうかと思ったけど、おそらく手が滑って削っちゃったんだろうけど、それを削った本人が本当に気がついていないとしたらどうかと思うし、もし気がついていてやっていないと言い張ったとしたら、それもどうかと思う。
その歯医者がよほど目が悪いか不器用なのか・・・と言いたいところだけど、削られた切縁の長さは0.数ミリ程度だし、裏側なんて患者は見えないし、普通なら気がつかないか気にならない程度の変化であって、普通の歯医者レベルでは問題ない範囲なんでしょうかね。本人はフルートを吹いているので矯正中から自分の歯を詳細に観察していた訳だけど、歯科医院にとっては神経質なクレーマーくらいに思っていたことでしょう。おそらく演奏にも多少の影響があったと思うのだけど、それよりも見た目が変わったことがショックでそれどころではなかった様子。ほんと災難でかわいそう。
世の中には、こんなことはたまには起こりうるのであって、気をつけた方がいいですって、気をつけようがないですね。少なくとも日頃から自分の歯を良く見ておいた方がいいかもしれません、知らないうちに歯の形が変わってしまうかも。

|

« 木管用アダプター(2) | Main | 木管用アダプター(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 災難:

« 木管用アダプター(2) | Main | 木管用アダプター(3) »