« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 30, 2005

録画生活

恥ずかしい話であるが、ビデオ録画の出来ない生活を10年以上してきた。東京に越してきたときにビデオデッキを自分でつなげたが、チャンネルの設定が変わるらしく録画ができなくてそのままにしており、それはそれで別に困らず再生専用で使っていた。そのビデオデッキも去年引っ越した時に処分をし、再生すらできない生活をしていた。最近DVDとビデオが両方使える物を購入。それに伴い昨日ケーブルテレビもデジタルにしてDVDにつなげてもらい、ようやく「録画」の出来る環境になった。しかし、ケーブルテレビもDVDも使い方複雑で、かなり久々の私は今一よくなじめない。結局昨日はテレビをいじって1日が過ぎてしまった。ケーブルテレビからBSハイビジョンの夜中の予約録画を試みるがさっそく失敗した。今日の昼間のドラマの予約録画は地上波だからさすがに大丈夫だと思うけど・・・。渡る世間は鬼ばかりの再放送にはまっているのであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2005

木管用アダプター(2)

最近の木管用アダプター3例はいずれも左右の高さを調整して水平になるように意識して作った。一見傾きがないほぼ左右対称の噛み合せでも、口を開けて下顎の歯列だけ見ると微妙に左右に傾いていることがあり、そういう人はそれに伴い楽器もどっちかに曲がるのだが、アダプターの上縁を水平にすることで楽器自体を真っ直ぐにすることができるのである。
楽器が曲がっていてもそれほど筋肉の非対称感はなかったり、あっても主に縦方向の筋肉の非対称感であって、楽器がまっすぐになると筋肉のバランスもほぼ対称的になるのであるが、この前入れたクラリネットの音大生はアダプターを入れても非対称感が直らなかった。一つは元々ひょっとこのように口を曲げたアンブシュアであるので、おそらく横の筋肉の引き方自体が非対称なので、アダプターでくわえ方が変わった位では変わらないのだと思う。もう一つは以前に金管楽器について書いたことがあるが(04.11.28のたわごと)木管でも同様で、アダプターで歯の方が変わっても自分のアンブシュアが変わらない人もいるんだと思った。それでも、アダプターを入れた方が吹きやすいというので、使ってみることになったが、ひょっとこのように口を曲げているアンブシュアも上手く行けばしばらく吹いているうちに変わってくるんじゃないかと期待している。筋肉のバランスが落ち着いたところで上の前歯の調整をするともっと良いと思うのだが、来てくれるかな〜〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2005

メールは難しい

今日は肩の凝る日であった。
元はと言えば、私が出したメールに対し私に返信すれば良いものを、違う人宛にしかもそれを操作ミスでメーリングリストに出したのである。
当然私としてはムっとしたわけだけど、後で読み返しても至極真っ当な言葉でしかも建設的な内容のコメントをML(MLに出されたものにはMLで返すのが原則だと私は思う)に出したところ、いや批判はするなとか、注意は私信でしろとか、大人げないだとか、反響(?)があって対応や収拾にパソコンに向かっていたので、肩が凝ってしまったわけである。
私は、極々個人的なメールは別として、メ−ルは簡潔にキッパリとをモットーにしている。読みようによっては冷たく高圧的に感じるんでしょう。だから、今までも普通に読めばなんてことない内容のメールなのに相手に逆切れされること数回。今回数件来たご批判メールも、本質的な議論をふっかけているようで、実は私の文章の言い回しというか言葉尻をとらえた揚げ足取りでしかないんじゃないか。最初のメールが私がムッとするような内容だから、私が怒ってメールをしているという先入観があって感情的ととられたかも。多分、実際の私のキャラクターとメールのタッチが違いすぎるのが問題なんだろうけど、今後もメールはキッパリと書きたいと密かに思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

お酒のバイキング

やってしまった、首が痛い〜〜。
昨晩飲み過ぎてしまったからである。酒量としてはビール1杯と焼酎ロック3杯なので大したことないはずだが、昨日の新宿のお店の飲み放題は変わっていて、ファミレスのドリンクのように自分で取りに行くスタイルで、グラスがばかでかく(頻繁に取りに行かなくて済む)飲むほどにいい気になってドバドバとたっぷりついでしまい、結果・・・。マッサージチェアでは首の後ろは揉めても脇と前は揉めなくて、ウ〜〜、こうして自分で揉んでいる。よほど最終手段である鍼灸院に行こうかと思ったが、結局行かなかった。
明日から新響の合宿で、予定としては買い物とホルンの練習をする予定だったが、首の痛さに何もせずに夜になってしまい、9時を過ぎて明日の買い出しに出かける。合宿のホルンの宴会は、ホントはやってはいけない部屋で鍋とか毎回していて、最近はそれがエスカレートして本格的な調理になり、私は実はあきれていたのであるが、今回は煮炊きをせずに皆で持ち寄ろうという話になっているので、昨日新宿で食べた煮卵が美味かったので煮卵と、少し前に行ったイタリアンの前菜が美味かったのでカポナータを作って持って行くことにした。あと、冬から冷凍庫に眠っている蛸はさすがに刺身で食えないのでこれを機会に煮物にしよう。食料の在庫処分である。
合宿を前に飲過ぎたのは、かえって合宿では反省心が残っていて飲過ぎずにすむのではないか、良かった・・・あくまでもプラス思考である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

マウスピース購入後

マウスピース選びはあっけなく4日間で終わった。
マウスピースを買った2日前からJKのマウスピースで練習していたのだが、買った日はほとんど練習できず翌日のオケの練習の直前の音出しの時に吹いてみると、だめというかなじめなくて止めたのである。狭い所で練習していたときは違和感なかったし、むしろJKの長所である柔軟性の良さがあってスムーズに吹けたのであるが、広い所で吹くと違うのもである。何か振動が止まる感じ。怖いので、その前まで使っていたマウスピースに戻して合奏では吹いた。急に変えてちゃんと吹けるわけがなく、それでも何とかなると思ったのだが・・・。マウスピースを変えてコンディションが悪いのは私のせいではあるが、吹いた気がしなかった。
具体的にはフォルテで息を吹き込むとアパチュアが大きくなりすぎる感じ。下唇の筋肉にこのところ感じたことのない疲労感もあるし。たぶん、JKで練習している間に下唇の支えのバランスが変わっちゃったのだと思う。これ以上ダメージが大きくなる前に、この2年間メインで使っていたマウスピースに戻すことにした。結局、リムだけでなくカップも含めると今回のマウスピース探しの旅は3週間であった。金メッキのマウスピースが無駄でなくなるのでよしとしよう。
理屈だけでマウスピースは選べないってことか。それと、やっぱり広い所で練習しなきゃだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

マウスピースを買う

久々にマウスピースを買いに行く。
正確に言うと数ヶ月前に新しいマウスピースを買ったのであるが、2年間メインで使うマウスピースをずっと変えていなくって(マックウイリアムスの2番)、もうこれで一生行くだろうと思い、同じ品番のマウスピースの金メッキの物をネットで購入したのだ。金メッキにしたからってそう音が変わるわけではないのだろうけど(金メッキにして音が良くなるくらいなら、全員金メッキにしてるはず)、スロートの内側がさびか何かわからないけど細かい凸がついてブラシで洗っても落ちないので、金メッキならそういうこともないだろうということで。
ところが!!一度も本番で使うことなく、マウスピースを変えてしまった。というのは、少し前に思う所あってアンブシュアをというかマウスピースの角度とか当て方を変えたのに伴い、少しボアの細い物にしたのであるが(同じシリーズの3番)、その時はとても良かったけど、しばらくしてどうも引っかかる感じがして(単なる練習不足もあるが)、JKにしてみることにした。たまたま借り物の2DMがあったのだけど、これだと今まで使っていたのとスペックが似ているので、それよりボアの細い2EMを試したくって、昼休みに新大久保まで行って買ってきたのであった。
2EMは実は持っているのだが、ボアを削って拡げてあるのだ。当時ドールは2EMを4.2mmに拡げて使っているらしいという情報があったので、ミーハーな私はその通りにしてみたのだ(今は2DMを使っているらしいというのが定説である)。それでしばらく使ってたんだけどバテやすくて諦めた(リムが細くて食い込むのである)。多分今なら大丈夫だろうと再挑戦である。
1時間あれば行って帰って来れるが、それでも本当は通販で買いたかったのであるが(行くの面倒だから)、なかなかJKはなくってヤフーオークションで扱ってる人がいたけど12800円って、ダクで買うより1.5倍もするもんで、その差額には勝てずに買いに行ったのである。

問題は、ダクに行く手前で何を考えたのか、餃子の王将で餃子定食を食べてしまったことである。餃子1人前200円で定食だと2人前12個もあった。さすがにカロリー取り過ぎで、仕事終わってもしばらくお腹空かなかったくらい。反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

マッサージチェアその後

今日でマッサージチェアが来て1週間である。
で、いくらのマッサージチェアを買ったのかと読者の方から質問があったのだが、買ったのはコレのベージュ。
ここに書いてある値段よりは多少安く買いました。想像はしていたが、やはり大きいのが難点であるし、キャスターがついていて移動ができるというがとても動かす気にはならなし。新響の合宿に持って行くという計画が浮上していたが、こりゃ駄目だと思うほど大きい。

とりあえず毎日使ってます。
マッサージチェアが来た日は、いつもなら鍼を打ちに行く一歩手前で状態は良くなかったけど、何とか1週間普通に過ごせています。絶好調!!って感じではないが、首がよく動くし痛みも気にならない程度。でも多少腫れてる感じはあり、マッサージチェアに乗り過ぎて揉み返しか??
まず「自動」にして1コース15分のを2回(全身と首肩)、あとは「機能」にして場所と揉み方を固定にするのだけど、お気に入りは「背筋のばし」である。テレビをチェアに向けて見ながらしています。今日も揉みながら寝てしまい、見ようと思っていたドラマの最終回見るの忘れてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2005

医院名の由来

私は開業するに際し、本当は「音羽矯正歯科」という医院名にする予定だった。実現するかどうかはわからないけれど音楽に関わった診療をしたいと思っていたので、「音」という文字が入っていることは私にとって大切であり、だからこそ(たまたま住んではいたけど)ここで開業しようと思った面もあったのだった。
開業する少し前に地元の歯科医師会に入会するために挨拶をしにいき入会手続きをした。少しして当時勤務していた医院の院長宛に歯科医師会関係者から「医院の名前を変えるよう言ってくれ」という話が来た。音羽歯科医院というのが存在しておりそこからクレームがついたのだ。
医院の名前というのは実は制約があり、開設者の氏名に関するもの、あるいは地名または建物名に関するものである必要があるようである。となると「ミューズ」なんていうのはNGのはずであるが、そういったことを問題にするのは社会保険事務所であるので、保険診療をする予定がないので関係なかったが。
地名は特定の人物に所有権があるわけでもなく、おそらく裁判で争えば認められるんじゃないかと思うし、直接文句を言ってくれば解決策もあっただろうにいろんな人を介してくるのは卑怯だと思った。しかし、開業前から揉め事を起こすわけにもいかず、泣く泣く違う名前を考えたのである。後でその音羽歯科医院の先生が言うには、自分の医院の分院と思われると困るからだそうだ。音羽通りには、音羽皮膚科もあるし音羽整骨院もあるんだし、歩いて10分以上離れている所に「音羽矯正歯科」があったってロゴやマーク同じならともかく普通は同じ経営だなんて思わないと思うんだけどな。
音羽歯科医院は、私が開業してしばらくして先生が事故で障害をおわれて廃業され、今は存在しない。

と、私より若い矯正歯科医が地名を付けて開業しているのを見てうらやましく思い出したのでした。今さら変えられないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

ハンサムウーマン

今回の選挙は久々に投票に行った。だって、今回は面白いもん、テレビも選挙関連のものばっかり見てたし。
大体にして今回民主党は情けなかった、大敗して当然。私は民主党に勝たせたくなくて投票に行ったようなものだ。最初あれだけはっきり郵政民営化自体に反対であると主張していたのに、いつの間にか郵政民営化には賛成だが内容がとか言い出すし・・・(きりがないので略)。武部さんは以前農林大臣の時余計なことばっかり言ってなんだこりゃと思ったが、今回は余計なことも言わずすっかりやり手の幹事長であった。

刺客とかくのいちとか言われてたけど、今回ただ者ではないと思ったのはやはり片山さつき。立候補表明した頃テレビに映ったお辞儀の仕方を見てすごい覚悟と思ったけどそれより髪型が古くてそっちのインパクトの方が強かったが、すごく男前な人間である、かっこいい。女性初の首相には彼女になってほしい。それに比べて野田聖子はなんだろう、選挙前は「自分の意志を曲げるわけにはいかない」と涙流して訴えていたのに、当選したらニコニコしながら「反対して怒られちゃいました、支持者と相談して(郵政民営化に賛成するか)どうするか決めま〜す」って、かっこ悪すぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

マッサージチェアと枕

昨日は特に予定がなかったので、ビックカメラに出かけた。

以前からリビング用に椅子が欲しく、ソファかリクライニングチェアを買う予定でいて、できればヤコブセンのスワンチェア(とっても高額で手が出ないが)がいいなどと思っていたのだが、たまたまマッサージチェアなのにとってもおしゃれなのを見て、よしこれだと行ったのでした。
私は首と肩こりがひどいもんで、でも今年になって自分に合う鍼灸院を見つけ、ひどくなってもそこに行けばなんとかなるという安心感もあるし確かにとても良くなるんだけど2週間もたなくて、これからずっと2週間おきに8千円(高めなのが難点)と昼間の2時間(行帰りの時間を入れて)を捻出するのもちょっと大変なので、なんかいい方法はないかと思っていて、そうかマッサージチェアでまめに疲れを取ればいいのだと思ったわけです。
買うつもりだったチェアを試すと、座り心地が今一ではあるがそれなりに気持ちよかったが、いろいろ試すうち、店員のおばちゃんに勧められるがままに一番高いやつを買ってしまったァァ。やっぱり安い物はそれなりだし高い物はそれだけいいのを実感したわけであるが、さすがおばちゃんである。
帰宅してネットでいろいろ調べると、大して機能が違わずに型落ちしたものなら十数万円安く、もうちょっと古い型であれば十万円を切る値段で手に入ることを発見し、少々凹む。ぐすん。それにウチのどこに置くか検討したけど、結構大きくて寝室に入りそうになく、結局リビングにどかっと鎮座することになりそうである。機能のイイものはメカというかなんか高性能車いすみたいでねえ・・・。そのうち診療室に置くかなあ。
これで鍼に行く回数が減ればいい買い物なんですがね。マッサージチェアを試した後にあまりにすっきりしたので買った訳なんだけど、今日になってやっぱり鍼が必要と打ちに行ったのでした、近くの安い所だけど。

マッサージチェアの売り場の前に枕売り場があって、マッサージしている間に「枕の高さ測ります」が気になってしまい、マッサージチェアを買って気が大きくなっている私は、またまた勧められるがままに低反発の枕まで買ってしまったのでした。これもこれで首が良くなれば安い物なのだが、枕って慣れるのに時間かかるのよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »