« 台風11号 | Main | 上の前歯とリムの位置関係 »

August 28, 2005

焼きとんは火力

050828前日は先週に引き続き千駄木のソロリティ鷹羽での練習(金管分奏)であった。管楽器が練習するには響きすぎて、先週のように調子の悪いときはむしろいいのだが、いつもあそこで吹いていたらきっとわけわからなくなるヨ。千駄木は音羽からバス1本20分で行けるので便利であるが、帰りは飲んでいるとバスが無くなる。
練習後の飲み会は先週に引き続き、西日暮里の喜多八という焼きとん屋である。先週は狭い個室に押し込められ(写真は先週のもの)エアコンは効かないはトイレの近くで芳香剤臭いはで、こりゃどうなるのか!と初め思ったのだが、出てきた焼きトンはすばらしく美味しく、鼻は慣れるものらしく臭いのも気にならなくなり、酔っぱらえば多少暑くても平気になるもののようだ。皆で気に入り今週もここで飲むことになったわけである。最後にオジサンが焼酎ボトル(ホッピーの中用)をサービスしてくれて無理矢理飲んだので、また少々飲み過ぎるはめになったが。やはり焼きトンは火力が重要なのであろう、ここの焼き物は焼きとん以外もグッド。先週ホルンの皆さんをお連れした私の行きつけの焼きとん屋はいい店なのであるが、炭の火力が弱いので焼き物が今一なのが難点である。

で、問題は翌朝であった。いつもの飲過ぎた日のように4時半に目が覚め腹痛で鎮痛剤を飲んだら、次に目覚めたのが10時すぎ!!大急ぎで診療室に向かう。これ以上書くと差障りがあるのでやめるがこんな寝坊は開業以来初めてである、大ショック。鎮痛剤は眠り薬であることを再認識、実は大昔同じように寝る前に鎮痛剤飲んで寝坊して飛行機乗れなかったことがあるのだ。
午後は新響の室内楽で、ホルンアンサンブルの練習。4人で4重奏の方は何とかなるが、全員でやる方は大丈夫かいな?って感じで結構すごい出来だったが、夜の本番は意外と好評でやはり教会でいいように響くのと音量でごまかせたためであろうか。新響の室内楽は年に2回やっていて最近は割とレベルも高くコンサートとしても良い出来のことが多いが、今回はダフクロ疲れかエントリー団体も少なくどうなるかと思ったが、なかなか楽しめた。
で、打上げはウチの診療室の隣の中華料理屋で行った。ここのランチをたまに食べに行くと以前は当たり外れが大きくてちょっと心配していたのだが、この日の料理はなかなかおいしく結構いいみたい。お酒は何と580円で飲み放題(紹興酒もあり)で安く上がり、皆さんに喜んでいただけました。フウ。

後日追加)で、9/10の練習も同じ場所だったので、また喜多八で飲んだのであるが、コンロが炭でなく、おそらく電気であった。電熱線の太いのがくねくねしているタイプであった。電気でもしっかりしたコンロだと美味しく焼けるんだなあ。

|

« 台風11号 | Main | 上の前歯とリムの位置関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/5858383

Listed below are links to weblogs that reference 焼きとんは火力:

« 台風11号 | Main | 上の前歯とリムの位置関係 »