« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

August 29, 2005

上の前歯とリムの位置関係

上の前歯が短いということで悩んでいる人はそう多くはないだろう。当院で歯を長く調整した例が最近でも3人ほどあるが(いずれもトランペット)、いずれも削ったとか差し歯がはがれたとかで短くなってしまったという場合である。短くなってしまうと起こることとしては、高音域で上唇に力が入るというのが共通した症状であった。
私も短いという話を以前にも書いたのだが、実際に歯自体が短い(本当に短根だし)だけでなく前方に傾斜しているんのでなおさら上下的な位置が上の方にある。数年前からアンブシュアの見直しをしていて正直恥ずかしい話であるが良くなったり悪くなったりで、少し前には割と好調でアンブシュア改造も終了かなどと書いたのだが、最近しばらく練習不足だった影響かどうにも上唇が上がってしまいまた悩んでしまっていたわけです。上の前歯が上の方にあるのだからどうしてもリムが上に行く、それに伴い上唇と鼻が上がると私は思ったわけです。そんなのは関係ないよ、人間の構造はそうは違わないんだし・・・とも言われたけど、でもやっぱり多少は関係あると私は思う。レントゲン見てもらえばわかるけど人間の顎の形態にはヴァリエーションがあるのである。確かにそれだけが原因ではないけど、そうなりやすい要素の一つではあるんじゃないかと。
上記歯を長くして良い結果を得たというのは、歯が短くなった分特に高音域で上唇の振動面積が広くなってしまい今までより余計に息の圧力が必要になるためで、長く戻すことで楽に吹けるという理屈である。私も場合も特に高音域で上唇が上に上がってしまうのは、上唇の振動面積が広い割に息の圧力が足りないから振動面積を小さくしてしまうためであろう。そう言う意味では歯の位置なんて関係ないのかもしれないが、私だっていろいろやってみたのよね、意識的に下唇の下の筋肉を鍛えるような練習もしてるし。だって歯が上の方にあるんだから上唇を緩めるとリムに歯がかからないんだよ・・・・あれ、歯にリムがかからなくても吹けるゾ。しかもとっても良い感じ。上の前歯の切縁にリムがあたってる感覚。

050829

(スキャナーの性能が悪くて申し訳ない。右のは私の昔の物だけど、多分今はもうちょっと違うはず)

金管楽器の演奏においてマウスピースと前歯の関係は、通常上下前歯とも口唇を介して唇側面にリムが乗っている。写真左のプロ奏者の例をみてもらえばわかる(4/14のブログの物を再掲載)。上下の歯の関係がちょうど並ぶのではなく少々上の前歯が前に来ることは置いておいても、少なくとも前歯の唇側面に対してほぼ垂直にリムが乗るというのは、教科書的にも当たり前のこととして考えていた。
しかし、上の歯面にリムを当てずに吹くと良いことに気がついて、昔撮ったレントゲンを思い出した。そういえば昔はそうやって吹いていたんだわ。こうすると上唇の力が抜けて息の圧力もかけられるから良い音になるだけでなく、おまけに楽に吹ける。下顎をあまり前に出さずにしかも音域によってマウスパイプの角度を変えずに吹けるのである。
写真右は、私の演奏時のレントゲンで、実は9年前に撮った物で私にしては絶好調の頃。レントゲンは2次元的でわかりにくいのだが、今あらためて考察すると、上の前歯の唇側面には全くリムが乗っていないで、側切歯(2番目の歯)の切縁にリムが乗っているのだと思う。レントゲン上で上下の前歯の位置にずいぶんずれがあるが、これは上の側切歯と下の前歯の位置がそろっているためである。
通常は上の中切歯の唇側面にリムが乗るため、アパチュアというか上唇の振動部分の位置は上の中切歯の位置で決まるのだが、リムが側切歯の切縁に乗るときは側切歯の位置で決まるんだと思う。試しに上唇を楽にして上唇の上から指で中切歯の唇側面を押さえた時と側切歯切縁を押さえた時の上唇中央部の位置を比較すると、後者の方が内側に入り込むことがわかる。
だから、下顎をあまり前に出さずマウスパイプを少々下向きにして吹けるので、頚や顎の周囲に負担をかけずしかも腕の短い私が楽器を楽に持ってベルを腿に置いてちょうどいい。マウスパイプの角度については、私はもともと上下の前歯が前方に傾斜しているため、上下の前歯に均等に圧力がかかるようにするには、歯の開きが変わるとリムの当たりの変化に伴い角度を変えないといけなかったし、歯並びに影響されて左右への傾きも変化してたのが、上の前歯に影響されなくなるので、ほぼ同じ当て方で上から下まで吹けるというわけである。

で、何が言いたいかというと、歯とリムの関係は実は重要ではなく、口唇とその周囲の筋肉が良いバランスの所にリムが来て、たまたま歯がある場所がリムに対しての歯の位置なのである。

良い子は真似をしないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2005

焼きとんは火力

050828前日は先週に引き続き千駄木のソロリティ鷹羽での練習(金管分奏)であった。管楽器が練習するには響きすぎて、先週のように調子の悪いときはむしろいいのだが、いつもあそこで吹いていたらきっとわけわからなくなるヨ。千駄木は音羽からバス1本20分で行けるので便利であるが、帰りは飲んでいるとバスが無くなる。
練習後の飲み会は先週に引き続き、西日暮里の喜多八という焼きとん屋である。先週は狭い個室に押し込められ(写真は先週のもの)エアコンは効かないはトイレの近くで芳香剤臭いはで、こりゃどうなるのか!と初め思ったのだが、出てきた焼きトンはすばらしく美味しく、鼻は慣れるものらしく臭いのも気にならなくなり、酔っぱらえば多少暑くても平気になるもののようだ。皆で気に入り今週もここで飲むことになったわけである。最後にオジサンが焼酎ボトル(ホッピーの中用)をサービスしてくれて無理矢理飲んだので、また少々飲み過ぎるはめになったが。やはり焼きトンは火力が重要なのであろう、ここの焼き物は焼きとん以外もグッド。先週ホルンの皆さんをお連れした私の行きつけの焼きとん屋はいい店なのであるが、炭の火力が弱いので焼き物が今一なのが難点である。

で、問題は翌朝であった。いつもの飲過ぎた日のように4時半に目が覚め腹痛で鎮痛剤を飲んだら、次に目覚めたのが10時すぎ!!大急ぎで診療室に向かう。これ以上書くと差障りがあるのでやめるがこんな寝坊は開業以来初めてである、大ショック。鎮痛剤は眠り薬であることを再認識、実は大昔同じように寝る前に鎮痛剤飲んで寝坊して飛行機乗れなかったことがあるのだ。
午後は新響の室内楽で、ホルンアンサンブルの練習。4人で4重奏の方は何とかなるが、全員でやる方は大丈夫かいな?って感じで結構すごい出来だったが、夜の本番は意外と好評でやはり教会でいいように響くのと音量でごまかせたためであろうか。新響の室内楽は年に2回やっていて最近は割とレベルも高くコンサートとしても良い出来のことが多いが、今回はダフクロ疲れかエントリー団体も少なくどうなるかと思ったが、なかなか楽しめた。
で、打上げはウチの診療室の隣の中華料理屋で行った。ここのランチをたまに食べに行くと以前は当たり外れが大きくてちょっと心配していたのだが、この日の料理はなかなかおいしく結構いいみたい。お酒は何と580円で飲み放題(紹興酒もあり)で安く上がり、皆さんに喜んでいただけました。フウ。

後日追加)で、9/10の練習も同じ場所だったので、また喜多八で飲んだのであるが、コンロが炭でなく、おそらく電気であった。電熱線の太いのがくねくねしているタイプであった。電気でもしっかりしたコンロだと美味しく焼けるんだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

台風11号

今週は夏モードの最終週、私の中ではホルンを徹底的に楽しむ週と位置づけていて、新響の練習に加えて、パルシファル一発オケ、ホルンアンサンブル、山にこもってホルンさらうという3本立ての予定だった。
パルシファル一発オケというのは、某プロオケが毎年やっているワグナーのシリーズを今年は日生劇場でやるそうで(いつもは東京文化だったと思う)事前に音響チェックをしておきたいという飯守先生の希望で、平日ということで新響だけではメンツもそろわず、同じく飯守先生が振りに行ったことのあるシンフォニカとアカデミッシュカペレとの合同で、本番なしの一発オケとなった。
ところが!!台風で中止となってしまった。日生劇場の写真撮ってブログに載せようと思ってたのに書くことなくなっちゃった。ということで、寿司屋で飲んだくれたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

花の金曜日なのだ

050821新響の人とは委員会を除いては平日に集まるなんてことは滅多にないのだが、今日はドイツで仕事をしている元団員のH君を囲んで飲み会ということで金曜日だというのに飲み会を決行。なんとホルンメンバー全員集合、ゲストのH君が翌日から◯響のビータに同行するそうで◯響のホルンの方もいっしょ。さすが花の金曜日である、明日仕事がないとなると皆よく飲む(あっても飲む)。この店私が普段週に1〜2回飲みに行くところで料理が200〜300円台ばかりというとっても安い店なのに、一人当たり4千円以上かかった、飲み過ぎだって。
で、朝、私は4時半に目が覚め、飲み過ぎを痛感する。何とか9時には酒も抜け(焼酎しか飲まなかったのがよかった)仕事はちゃんとやったけど、いやあ新響の人はよく飲むよなあ〜〜もう同じペースで飲むのはやめようと思った。でも今日練習行ったら、皆飲み過ぎを反省しているようで・・・。

H君といっしょに、新響の室内楽演奏会でホルンアンサンブルやります。
8月28日(日)午後6時から目白台(最寄り駅は護国寺)の同仁キリスト教会にて。詳細は新響HP見てください。終わったら宴会もあるので暇な人は遊びに来てください。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 17, 2005

長岡の夏の味

050817皆さん、夏休みはいかが過ごされましたか?私は、ちらっと実家に帰って、ちょいとリゾートゴルフに行って、後は少々ホルンを吹くというのが、ここ何年かの定番になっている。
ウチは昔からお墓参りの13日に家族&親類が集まることになっているが、今年は久々に13日に帰ったのでありました。ウチの母は料理好きというか人をもてなすのが好きでタンと料理がそろえてあったのだが、中には実家に帰らないとナカナカ食べられない料理が用意してあった。

鯨汁:写真。鯨の脂身(塩鯨)の入ったお汁。全国的に食べられているんだろうけど、この辺の鯨汁は必ず茄子が入る。後は豆腐とネギ(この日のはごぼうが入っていた)。ウチは基本的に醤油味(この日のは味噌も入っていた)。昔は夏には頻繁に食べていたが、最近は鯨がかなり高価であり十分な御馳走だろう。残った鯨汁を温めて2回食べて発見したのだが、鯨ってくにゃっとした物とコリコリした物とあるけど、昔は鯨の部位によるのかと思ってたし、いや鯨の種類が違うんだと言う説もあったが、どうやら時間が経つと油が抜けてコリコリしてくるのが正解のようだ。そういえば子供の頃、鯨のコリコリしたところが好きで余り物の鯨汁から拾って食べたものだが、食べ過ぎると必ず下痢をした。腹の調子が悪くなっても食べたい一品である。

ズイキ:里芋の茎を酢の物にして食べる。乾燥した芋の茎を食べる地方もあると思うが、生の物を茹でて酢に付けるときれいな赤色になる。子供の頃はまずいと思ったがたまに食べると美味しいもんである、年取っただけかもだが。

蒸かし茄子:関東で茄子というと長めの卵形茄子(千両なす)が定番であるが、この辺の茄子は丸いのが定番である。丸なすと呼んでいたが、おそらく正確には巾着なすと呼ばれるものらしい。千両なすとちがって身のしまった茄子である。それを蒸かして冷やして真ん中で半分にしてから1cmくらいの厚さに切りショウガ醤油で食べる。ウチのは皮を剥いてあるが、剥かない家もあるそうで両方用意してあったが、皮付きもイケル。父の好物でしょっちゅう食べさせられたためか子供の頃はうんざりしていたが、今では焼き茄子よりも美味いと思う。

茄子の漬け物:これもこっちで食べる茄子の漬け物とちょっと違う。漬け物用には小さい丸茄子を使い塩漬けにする。昔はもっと塩っぱかったと思うが、この頃のは薄味で茄子自体の風味が楽しめて良い。少量漬けても美味しくないから買ってきたそうだが、そういえばどの八百屋も自家製の茄子漬けを置いていたなあ。

イゴ:正確にはエゴだろうが、この辺はイとエの発音の区別がつかない。中学の時の担任の先生が井口先生だったが、私はしばらく江口先生(だって自分でそう言うんだもの)だと思っていた。「越後」と「苺」が同じ発音なのである。どこのスーパーでも既製のエゴ(エゴ草という海藻を煮溶かして固めたもの。黒っぽくて板こんにゃくくらいの大きさ。)が売っていて、1cmくらいの厚さに切って酢みそ(ウチはショウガ醤油)で食べる。福岡の「おきゅうと」と基本的にはいっしょなんだと思う、おきゅうとは薄く固めるようだが。母は10年くらい前から自分で作るようになったが、以前は白っぽくてボソボソと今一だったが、今年のはかなりいい出来である。いわく、良いエゴ草が手に入るようになったのだそうだ。翌日も山のようなエゴ草1万円分を買っていた。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

August 07, 2005

エスニックタウン

大久保といえばアジアというかエスニック料理である。最近新響は大久保のスペース100で練習することがたまにあるし、昔は運営委員会といえば大久保だったのであるが、昨日の練習後の飲み会は大久保では初めてのエスニック系宴会であった。屋台村(だけど屋台じゃない)といってインド、タイ、パキスタン、メキシコ、中華といった料理が食べられる。ごっちゃになって今何料理かわからないまま食べてしまうのがたまにきずだが、なかなか美味しいしグッドであった。
しかし、飲み過ぎてしまった(またか!)本気で酒をやめようかと思う。夏の濃い酒は危険とこの前学習したので気をつけていたのであるが、しまいには原液に近い眞路を飲んでいたような気がする。しかもちゃんと覚えているのでたちが悪い、記憶がない時の方が幸せかも。いい加減おじさんたちの下ネタに付き合うのはやめよう、話を100倍にして話すのはやめよう。最初からタクシーで帰るつもりだったのも飲み過ぎの一因だな。ただいま反省中。

それよりも食べ過ぎて(食べ過ぎたのは昨日だけでないが)体重が増えてた方が大変だ。痩せてやる〜〜。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 04, 2005

上の前歯の長さの基準

トランペットの方の治療で最近多いのは、何と言っても上の前歯の長さの調整である。ご本人はもっと別のこと(上の中切歯間の三角の大きさが問題だと思い込んでいる人が多い)が原因と思っているのだが、そうではなくて前歯の長さを調整して解決することが多い。
ではその上の前歯の長さは何を基準に設定するかである。最近は臼歯部の高さを基準に本来あるべき咬合平面を想定して長さを決めるようにしている。以前は2001年のたわごとで書いたように上唇の長さとのバランスかと思っていたが、臼歯部とのバランスを考えて長さを設定した方が正解のことが多いようである。
で、なんで臼歯部の高さが関係があるのか考えてみた。おそらく口角の上下的な位置が絡んでくるのではないかと思う。つまり、ご存知のように金管楽器を吹くときは軽く顎を開けているわけで、上下の歯列の間には隙間が出来るが、標準的なアンブシュアではその隙間の辺りに口角が来るのではないかと。(口角の筋肉の集まっている部分が下の歯列に密接して口角を支えるためだろう。)当然口唇は口角を結んだ線上にあるのだから臼歯部の上下的な位置とは関連があるというわけである。
歯科関係者以外にはわかりにくいと思うので、ケースリポートのケース1の中川さんの写真を見ていただくと、口の中の横から見た写真で治療前は奥歯に比べて上の前歯の切縁が上にあるが、治療後は奥歯とほぼ同じ高さであることから理解してもらえるだろうか。先月も奥歯の高さに比べて上の前歯が長い人がいて、その人はもっと違う点を調整しに来たのだけど、演奏時のレントゲンを見ると上の前歯の切縁と下唇が接触していて、上の前歯を削ることを勧めたのだが、ほんのわずかであるが削ってみるとかなり吹きやすくなり音も抜けた。
私が矯正したい理由の一つがこれで、前にも書いたが私は上の前歯が短く奥歯からの咬合平面より上方にあるのである。金管楽器を吹くには上の前歯が短いほど良いと思い込んでいる人も多いと思うのだが、「丁度いい長さ」が良いのである。以前はその歯なりのアンブシュアだったのだろうが、アンブシュアを整理して色々な面で良くはなったけど、きっとそれは歯並び(歯の位置)の条件がいい人のためのアンブシュアなのだろう。特に高音域では歯が短い分口角を上に上げると吹きやすいのであるが、そうすると中音域からつながらなくなる。口角の位置を変えずに吹けないこともないが、少々無理を感じるのである。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 02, 2005

矯正したい

今、矯正したい病である。今までも時々自分の歯を矯正して前歯を後ろに下げたい!!という衝動にかられることがあった。ホルン吹くのに邪魔なのである。最近では一昨年の暮れあたりで、その時は結構本気で模型とってレントゲン撮って作戦を練っていたのであるが、その頃配られた次シーズンの楽譜にハイA(ハイFも多数)が出てきて断念した。
私は特に歯並びが悪いわけでもすごい出っ歯というわけでもない。皆さんには「矯正したんですか?きれいな歯並びですね」とか「金管楽器吹くのに良さそうな歯並びですね」と言われるくらいである。実は上下前歯の前方傾斜度が少々大きいが、口唇閉鎖は楽に出来るし(口唇が余っている)いわゆるエステティックラインよりも口唇は内側にあり、別に抜歯してまで前歯下げることないじゃん・・・という程度だと思う。

で、問題になるのが矯正の方法である。ここまで長いこと矯正に携わっていると他人に任せるのはやだし、やるなら自分で治療する。普通ならリンガルブラケットといきたいところだが、さすがに自分で出来ないよなあ〜〜。唇側なら出来そうであるが、どの装置を使うかである。あと、考えたのがダイナミックポジショナーをこまめに作り替えて前歯を下げる・・・これだといつ終わるかわかんないしな〜〜。唇側面にブラケットのベースだけ接着してマグネットで着脱できるブラケットがあればいいんだけど、非現実的だし〜〜。で、面白い治療方法を考えたので、上手く行ったら患者さんにも紹介しよう。
大昔、普通のブラケット(しかも最近の物より全然大きい)を付けて試しにホルンを吹いたことがあって、唇側にブラケット付けてもまあ吹けなくもなかろうという前提なのだけど、私はあくまで「演奏活動をしながら矯正治療をする」というテーマで診療をしているので、どうせだからいかに演奏に支障のないよう治療するかを模索しよう。

まずはデータとって現在のアンブシュアの記録を取って、いろいろ予定もあるから矯正始めるとしたら今月末だけど、それまでに「矯正したい病」が直ってしまってやめちゃう可能性大だけどネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

金管楽器の息漏れの法則

先週あたり狭い防音室で練習してるとやたら息漏れがする。昔から時々少々同じ場所から息漏れがするんで調子のバロメータ代わりにしておりあまり気にしないようにしているが、少し前の練習不足に加えて先シーズン吹いてたパートが音が低くってアンブシュアが多少くずれたのであろう。今は大体直った。

息漏れがするんですという相談は割と多く(そういえば最近はないかも)、いろいろ試しているうちに一つの法則を発見した。金管楽器の息漏れというとマウスピースの脇から息が漏れるのだけど、もちろん歯並びのせいだけではなく奏法自体も絡んでくるわけで、歯並びが非対称だったりすると漏れるように思うが、逆に息漏れをしないようにするがためにアンブシュアに無理が出るというケースもある。
私の発見した息漏れの法則とは、「息漏れを直すには、息が漏れる方の側の上の奥歯をアダプターで膨らます、もしくは、息が漏れる方の反対側の下の犬歯の辺りをアダプターで膨らます」というものである。つまり、息漏れをする方の側は何らかの原因で頬が歯列(奥歯)に密着する力が弱いか、反対側の口角の下の支えが弱いかなんではないか・・・ということである。どっちに手をつけるかは歯並びを見て判定する。
歯の治療や歯周病の影響で奥歯の歯列が凹んでしまった場合には、そこにアダプターを足すと効果があることもある。奥歯のアダプターは確かに吹きやすくなることが多いが、ともすると横に引き気味のアンブシュアになってしまい音質が悪くなるので注意が必要である。
片側の口角の下の支えが弱いと、その反対側に下顎がずれてしまい緩んでしまうのではないかと思う。だから、一見きれいな歯並びでも下の犬歯の前後的な位置が違うと、犬歯が後ろにある側の口角の支えが弱くなるようで音が不安定になったりもする。アダプターで膨らみを調整するとアンブシュアのバランスがとれて安定し息漏れも解消するという理屈である。歯列の形態からして凹んでいる部分にアダプターを足すのは有効だと思うが、必要以上に盛り足すと確かに楽に吹けるけど口角の下の筋肉が弱るので気を付けないといけない。
(リムの当たる前歯の状態が原因で下顎がずれるときはそちらをアプローチするが。)

息漏れがするんですという相談には、まずこの法則に当てはめて考えてみるんだけど、もちろん法則とは反対側から息漏れをする場合もあるようである。口を横に引いていると息漏れがしやすくなるが、そういえばこの前法則が当てはまらなかった人は横に引き気味のアンブシュアだったような。いずれにしても100%の精度の法則ではないので鵜呑みにしないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »